5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家(4)

公開日:2018年1月8日  関連分類:  

6月末のムーミン谷はだいぶ暑くなってきました……

 

ムーミンたち洞窟へ

天気が暑くなってやることがないので、ムーミンはムーミンママの提案を受け、数日間海辺の洞窟で過ごすことにしました。

 

ムーミン、スノーク兄妹、スナフキン、スニフ、ヘムレンさんは荷物をまとめて洞窟に行きました。

 

洞窟の中でスナフキンが怖い話を始めました。

それは飛行おにの話でした。飛行おにの家は聳え立つ山の山頂にあり、日々黒豹に乗ってルビーの王様を探しているとか。しかも、地球だけではなく、月や海王星までも探しにいっているそうです。

 

気が付いたら外は雨が降ってて、みんなが徐々に眠くなって眠ってゆきました。

 

商品ページ:ムーミン マグ カップ : スプリングウィンター 2017年 冬限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

釣りへの大航海

なぜかヘムレンさんの寝所に水が漏れ、彼が起き上がり、スノークも起こしてしまいました。

もう朝になるので、スノークは船に乗って釣りに行こうと言い出し、ヘムレンさんにみんなを起こしてくれと言いました。

 

スノークが釣竿、釣り針、釣り餌を用意したら、みんなが船に乗って出航しました。

何時間経っても全然釣れなかったので、マメルクという巨大魚を狙おうと、スノークのお嬢さんがアイディアを出しました。釣り線にもやいづな、釣り針にナイフ、釣り餌にパンケーキを使って試しに。

 

この素晴らしいアイディアによってスノークのお嬢さんはムーミンに「ダイアナ(ギリシャ神話の狩りの女神)」だと言われました。

 

間もない間、魚が引っかかりました。とても大きいな魚で船全体が揺れて引っ張られていきました。

 

暫く戦っているとムーミンたちは疲れたマメルクを釣り上げました!

※参考書籍:『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

ムーミン谷にジャングル!?

ムーミンたちが釣りをしている間、ムーミンママは家を片付けていました。

ラジオセットの中からヘムレンさんが押し葉にするピンク色のつる草が見つかり、丸めてシルクの帽子に捨て、昼寝しました。

寝ている間つる草がどんどん大きくなり、すごく早いスピードで伸びました。

ムーミンたちがマメルクを運んで帰ってきたごろに、ムーミン屋敷は既にジャングル状態になっていました。

 

つるが家中にあり、花が咲いたり、実ったり、果実が落ちていたりしていました。

つるに邪魔されているせいで部屋のドアも開けられず、ムーミンパパとムーミンママが部屋から出るだけでも一苦労しました。

ジャングルを通り抜けてムーミン屋敷に入る道はありませんが、スナフキン、ムーミンとスニフは無理やりジャングルにかかって入りました。

 

入れないヘムレンさんは外でマメルクの番をしていました。

 

ムーミンがようやくムーミン屋敷に入ることができ、ムーミンママに会ったら、ムーミンママから魔法の帽子によることだと説明しました。

 

その午後、みんなはジャングルを目いっぱい楽しんでいました。ムーミンはターザンになり、スノークのお嬢さんはジェーンになり、スノークはオレンジの皮で大きいな歯として自分につけて怪物になってジャングルの遊びをしました。

 

※参考書籍:『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

巨大マメルク焼き

夜が徐々に近づいてきました。枝が徐々に枯れ、花が萎れ、実が腐ってきました。

 

ジャングルの中で遊ぶムーミンたちにほったらかされたヘムレンさんはジャングルの外で暇でしょうがなかったです。

 

そうしたら枯れた枝を集め、薪小屋からマッチを取り出し、焚き火を始めて濡れた服を乾かしていました。

 

突然いいアイディアが思いつき、マメルクを引っ張って焚き火の上に投げ入れました。(なぜかこんな巨大な力を持つようになったね)

 

ムーミンたちがジャングルから出てきたらヘムレンさんは既に巨大マメルクの七分の一を平らげました。ヘムレンさんは焼魚が大好物ですもの。

ムーミンパパはジャングルを燃やそうと言い出しました。枯れた枝をみんなが集め、焚き火に入れ、ムーミン谷で今まで一番大きいな焚き火になりました。

 

マメルクも頭からしっぽまで完全に焼けました。

しかし、マメルクの大きさを測ることを忘れたので、いまだに誰もがそのマメルクの長さを正確に言えません。

 

続く。

 

※参考書籍:『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

ちなみに……

ちなみに、フィンランドでは、6月末にある夏至祭で一年中最も日が長い一日を祝い、大きいな焚き火をするイベントが開催されます。

クリスマスに次ぐフィンランド最も重要な節日である夏至祭(ユハンヌス)。人々の夏至祭の過ごし方や祝い方、また様々なイベントについて紹介しておりあます。また花を集める習慣も…...続きを読む

 

今回のムーミンの物語もその影響を受けているとはっきりわかりますね。

 

大きいな焚き火はまさにフィンランドの夏至のシンボルでもあるからです。

 

ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


たのしいムーミン一家、ダイジェストの第二弾。ある朝ジャコウネズミはいつものように本を持ってハンモックの上に寝転がっていました。しかし、ハンモックの紐が切れ、ジャコウネ…...続きを読む


ダイジェスト版、5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家の第3弾です。嵐が過ぎ去り、ようやく穏やかを取り戻し、眠りに付いたころ、大量のニョロニョロがあらわれたり、…...続きを読む


ダイジェスト版、5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家の第4弾です。6月末のムーミン谷はだいぶ熱くなってきました。天気が暑くなってやることがないので、ムーミンは…...続きを読む


早くもムーミン谷は晩夏の8月を迎えました!たのしいムーミン一家ダイジェスト版の第5弾です。ある朝早く、トフスランとビフスランの小さな夫婦が山越えして大きいなスーツケー…...続きを読む


たのしいムーミン一家ダイジェスト記事もこれで最後になります。ムーミン谷は夏の終わりを迎え、8月末になりました......トフスランとビフスランのスーツケースの中に何が入って…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら