5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家(6)

公開日:2018年1月10日  関連分類:  

ムーミン谷は夏の終わりを迎え、8月末になりました……

 

スナフキンの旅立ち

その日、ムーミンが起きたらスナフキンが寝どころにいなかったが、口笛が聞こえました。

スナフキンからです。

 

ムーミンは急いで降りていき、二人は川の橋に腰を掛けました。

ムーミンがスナフキンがもうすぐ旅に出るだろうと話し、いつだろうと聞くと、スナフキンから「今すぐさ」と答えられました。スナフキンはそのまま荷物を片付けて出ていきました。

 

「来年春最初の日に戻ってきてまたムーミン屋敷の外で口笛を吹くよ」との言葉を残して。

 

スナフキンが初めてムーミンから離れることになりました。

 

商品ページ:ムーミン マグ カップ : スプリングウィンター 2017年 冬限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

 

トフスランとビフスランのスーツケースの中

大親友のスナフキンが離れたことに悲しむムーミンを励ますため、トフスランとビフスランは自分のスーツケースの中身を見せようとしました。

 

ムーミンは秘密の場所に連れていかれると、その秘密の場所にみんなのものがありました。スノークのお嬢さんのマットとか。トフスランとビフスランはそれらのものが他人のものを知りながら自分の隠れ場に持ってきました。(借りる?盗む?)

 

そして、ムーミンの前でスーツケースを開きました。

柔らかい赤い光が辺りをさっと照らしたと思うと、目の前に、豹の頭ほどもあるルビーが横たわっていました。沈んでいくお日様そっくりに、生きた火のように輝いて。

 

ムーミンは長い間、声も出さずにルビーをずっと見ていました。最後に「立派なルビーだね」と言って喜びました。

 

※参考書籍:『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

ムーミンママのハンドバッグが消えた!?

ムーミン谷に戻ってムーミンはスノークのお嬢さんにスナフキンが旅立った話をしていると、ムーミンママが困った顔で近付いてきて「ハンドバッグが見つからないの」と言いました。

 

これが大きいな問題で、スノークが新聞に広告を出し、ムーミン谷で捜索隊まで立ち上がりました。

ムーミンママはハンドバッグを見つけてくれた人のために盛大なパーティを開くとまで言いました。

困っている人々を見てトフスランとビフスランは自分の隠れ場所に戻り、ハンドバッグを取り出してムーミンママに返しました。

 

ハンドバッグはトフスランとビフスランによって「発見」されたということなので、お二人のために盛大なパーティを開くことになりました。

大きいなテーブルに山盛りのサンドイッチ、果物、パンケーキ、ジュースなど食べ物がいっぱいでした。ヘムレンさんからもきれいな花火が上げられました。

 

※参考書籍:『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

飛行おにが!?

自分にも祝杯され、人々は自分のためにパーティまで開くことにトフスランとビフスランは感謝し、みんなに自分のスーツケースの中身を見せようと決めました。

 

新しい花火が上げられたと思ってダンスしているみんなが足を止めたが、しかしそれはトフスランとビフスランがスーツケースを開いただけのことでした。

 

ルビーの王様は草の中に置かれ、いよいよ美しく燃え上がりました。

 

その同時に、ルビーの王様を300年も探し続け、月にいる飛行のおには地球からのルビーの王様の赤い光を見つけました。

 

 

みんなへのプレゼント?

ムーミン谷に着いた飛行おにはルビーの王様がほしくてトフスランとビフスランにダイヤモンドの山と谷いっぱいの宝石などを条件に取引しようとしましたが、トフスランとビフスランはどうしても首を縦に振りませんでした。

 

85年ぶりにパンケーキを食べ、座り込んで悩んでいた飛行おには最後にこう言いました。

「パーティを続けてくれ。それから一人ひとりの願いを叶えてあげるよ!」

 

ムーミンママはムーミンがもうスナフキンのことで悲しまないようにお願いすると、ムーミンの中にあるスナフキンが離れた悲しい気持ちがスナフキンが来年に戻ってくるウキウキする気持ちになりました。

 

ムーミンはテーブルの上にあるものとテーブルごとに今スナフキンのいるところに飛ばしてくれとお願いしました。

 

ムーミンパパは自分の本のきれいなカバー、スニフは宝石の付いている綺麗な船をお願いし、スノークのお嬢さんは船首飾りの女性と同じ目にしてくれと頼んだが、どうも変な感じになり、スノークの願いを使って元に戻してくれました。

 

トフスランとビフスランは「なんで飛行おには魔法で自分の願いを叶えないの?」と質問したら、飛行おにから「自分の姿を変えることと他人の願いをかなえることしかできない」と。

 

そうしたらトフスランとビフスランは飛行おにのために願いました。

「ルビーの王様と同じルビーを出して飛行おににあげる」

 

ルビーの王様と同じく大きくてきれいなルビーが出てきました。ルビーの女王でした。

飛行おには大喜びでムーミン谷のほかに人や動物にも願いを叶えてあげました。

 

深夜になり、みんなは家に帰りました。朝に飛行おには世界の果てに立って行きました。

こうしてムーミン谷に秋が訪ねます。そうしないと春が巡ってきませんね。

 

『たのしいムーミン一家』完。

 

※参考書籍:『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


たのしいムーミン一家、ダイジェストの第二弾。ある朝ジャコウネズミはいつものように本を持ってハンモックの上に寝転がっていました。しかし、ハンモックの紐が切れ、ジャコウネ…...続きを読む


ダイジェスト版、5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家の第3弾です。嵐が過ぎ去り、ようやく穏やかを取り戻し、眠りに付いたころ、大量のニョロニョロがあらわれたり、…...続きを読む


ダイジェスト版、5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家の第4弾です。6月末のムーミン谷はだいぶ熱くなってきました。天気が暑くなってやることがないので、ムーミンは…...続きを読む


早くもムーミン谷は晩夏の8月を迎えました!たのしいムーミン一家ダイジェスト版の第5弾です。ある朝早く、トフスランとビフスランの小さな夫婦が山越えして大きいなスーツケー…...続きを読む


たのしいムーミン一家ダイジェスト記事もこれで最後になります。ムーミン谷は夏の終わりを迎え、8月末になりました......トフスランとビフスランのスーツケースの中に何が入って…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら