『まじめな科学者』スノーク ムーミンキャラクター紹介

公開日:2017年12月18日  更新日:2017年12月26日  関連分類: 

スノークはムーミンの物語の中で連続して登場している人物です。

ムーミン一家と同じくムーミン谷に住んでおり、ムーミン一家と様々なな体験やイベントを共有しています。

スノークとは?

スノークはムーミンの物語で登場したスノーク一族の一人です。

スノーク一族からよく登場するのは兄妹の二人のみで、兄を「スノーク」、妹を「スノークのお嬢さん」というふうに「スノーク」という名前を一族の名前としても彼の名前としても、原作者のトーベ・ヤンソンが使っています。

スノークは非常に几帳面でまじめな人です。

物事は感情的ではなく、理性的に考えています。

問題に直面した時にはロジック的に理屈を組み立てながら解決法を編み出します。

一般的に言うと、科学者タイプ、エンジンニアタイプ、職人タイプのような人です。

彼の日常には新事象の追及、新しいもののデザインや作りで埋まっています。

感性豊かで理論的に考えることが苦手な彼の妹「スノークのお嬢さん」とはほぼ正反対のタイプとも言えますね。

※絵はMoomin.comより引用しております。

スノークの見た目は?

スノークは全体的にムーミンやムーミン一族に近い外見や体形をしています。

ムーミン一族と最も大きい違いは前髪を生えていることです。

また、スノークのお嬢さんは金色の足輪を付けているに対し、スノークは四角形のメガネをしています。

体の色について、原作小説では感情によって体色が変化するようになっていますが、アニメでは体色が変色せず、薄い水色と設定されています。

スノークの登場シーンとエピソード

ムーミンの物語の中では科学と魔術が共存している世界です。

魔法を使うウィザードもいるに対し、スノークはその科学を表現する一役を担っています。

スノークが主軸となっている空を飛ぶ船を作るプロジェクトはムーミンの物語の中の一つ大きいな部分であり、人間の夢でもあったテーマで、スノークの新しいものを作り、わからないものを探求し、新しい経験を感じるという態度と行動が最も読者をわくわくさせるでしょう。

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : クリスマスマグ 2004~2005年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

また、スノークは問題解決に熱心です。

『ムーミン谷の彗星』一作の中で、彗星の来襲に対してどうすればいいという会議やどうすれば早くムーミン谷に辿り着けるかの会議などをよく開こうとし、問題を洗い出し、対策のアイディアを求め、役割分担を求めようとしていました。

マネジャーらしいですね。

ムーミンの原作小説の中でスノークの最初の登場は『ムーミン谷の彗星』でした。

ムーミンが彼の妹「スノークのお嬢さん」を食虫植物の攻撃から助けたら、スノークが出てきて登場しました。その後、ムーミンたちと一緒にムーミン谷に向かって旅し、彗星が来た際に一緒に洞窟で避難しました。

その後、ムーミン谷に住み着くようになりました。

「スノーク」の秘密

あまり知られていませんが、「スノーク」ってムーミンの形、外見の最初の原形だったのです。

当時ムーミン物語の原作者トーベ・ヤンソンは兄妹喧嘩で兄への見返しとしてコテージの外壁にムーミンのような形とした生き物を描き、下に「Snork」と書きました。

彼女によると、これは世界一番醜い生き物で、スノークはスウェーデン語で「指図や命令をし、いばったり、うぬぼれたりする人」という意味で、自分の兄に指していたということです。

まさかこの「世界一番醜い生き物」がムーミン物語の主人公になるとは。。ですね。

関連記事:ムーミン生まれの瞬間:原作者トーベ・ヤンソンが描いたムーミンの原形

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。














ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら