「ムーミンバレーパーク」が2019年3月16日にグランドオープン!

公開日:2018年8月14日  関連分類:   

ムーミンの世界を体験できる複合施設「メッツァ」については今まで何度かご紹介しました。

そのメッツァのエリアの1つである「ムーミンバリーパーク」が2019年に埼玉県の飯能市で開業するということはだいぶ前に発表されていましたが、今回開業日が発表されました。

 

開業の日にちは2019年3月16日土曜日と発表されました!

 

※出典:Metsaウェブサイトより引用

 

パーク全体は「Metsä」(メッツァ)と言い、フィンランド語では「森」の意味をしています。メッツァはこの二つのパークに通じて来訪者に6種類の体験をしてもらい、満足してもらいたいと考えているそうです。

 

6種類というのは「挑戦」、「探求」、「想像」、「創造」、「共有」、「解放」の体験です。

 

 

絵図上右手側のエリアである「Metsä Village(メッツァ ビレッジ)」は無料で入場可能で2018年11月9日金曜日にオープンします。メッツァ ビレッジについてはこちらの記事で既にご紹介しています。

 

フィンランドを除けば、世界初となるムーミンテーマパークは2019年に埼玉県の飯能にオープンされる予定です。   最新の2D/3Dムーミンアニメと同じ年で、なんかすごくド…...続きを読む

北欧好きのみなさま、日本にいながら北欧気分を味わえる観光施設が誕生しますよ!   その名は「metsä(メッツァ)」。 フィンランド語で森を意味します。     施…...続きを読む

 

 

フィンランドにあるムーミンワールドは夏と冬の限定期間のみの営業ですが、メッツァは通年営業となります。

 

タンペレにある「ムーミン谷ミュージアム」は2017年にリニューアルされ、日本からたくさんの方が訪問しているとニュースになっていました。

 

世界中にムーミンファンがたくさんいる中フィンランドの次のムーミンテーマパークが日本にできるなんてとても喜ばしいことですね!

 

 

 

 

ムーミンバリーパークについて

Metsä Village(メッツァ ビレッジ)」に隣接しており、絵図上左側のエリアが「ムーミンバリーパーク」です。

 

「ムーミンバリーパーク」は自然、北欧の雰囲気や生活スタイル、そしてムーミンの世界を味わえる場所になっています。

 

このムーミンバリーパークへは入場が有料になっていますが、まだ料金について発表されていません。発表され次第また情報を追加したいと思います。

 

 

パークにはムーミン屋敷、ムーミンでお馴染みの灯台をはじめとする原作の本を基にしたアトラクション、劇やキャラクター達との交流、また原作者であるトーベ・ヤンソンの思いについて学べる展示場が設けられます。

 

ムーミンバリーパークではムーミンファンが思う存分新しい経験や発見ができる場所となっています。

そしてギフトショップでは他には手に入れることができないオリジナルグッズが発売され、レストランでは地元の食品と北欧・ムーミンの世界が合わさった料理が提供されます。どんな料理が提供されるのかワクワクしますね。

 

ここからはどんなアトラクション・施設があるのか、発表された情報をみていきたいと思います。

 

ムーミン屋敷

地上3階と屋根裏部屋、地下室からなるムーミン屋敷です。

 

本家ムーミンワールドにも存在します。

 

※出典:ムーミンワールドウェブサイトより引用

 

海のオーケストラ号

ムーミンパパの思い出」で登場した「海のオーケストラ号」に乗って、ムーミンたちと一緒に冒険に出かけます。

 

※出典:Moomin.comより引用

 

エンマの劇場

ムーミン谷の夏祭り」の登場したエンマの劇場。ライブエンターテインメントが繰り広げられます。

エンマの劇場はフィンランドのナーンタリにあるムーミンワールドにも存在します!

 

※出典:Moomin.comより引用

 

 

 

展示施設:Kokemus(コケムス)

3階建ての展示施設はフィンランド語で「経験」という意味をもつ「Kokemus(コケムス)」と名付けられます。

 

1階にはムーミンたちの夜の不思議な森のパーティーをイメージしたメインレストラン、そして品揃えが世界最大級となるショップが入ります。ちなみにレストランの名前ははMuumilaakso Ruokala(ムーミン谷の食堂)です。

 

2階ではトーベ・ヤンソンの仕事、愛に対する熱い思い、ムーミンとともに過ごした生涯にについて学ぶことができます。

展示を楽しんだ後はカフェやセレクトショップ、そしてムーミンの小説から手作りでものを作れるワークショップのスペースが設けられます。思い出作りに良いですね。

 

3階では物語の魅力をさらに感じられるような体感型の展示があります。さらに8メートルを超えるムーミン谷のジオラマやヘルシンキアートミュージアムからの作品も展示される予定です。

 

※出典:Moomin.comより引用

 

アスレチックエリア:おさびし山

ムーミン谷の仲間たち』より「しずかなのが好きな ヘムレンさん」のストーリーをモチーフにしたアスレチックです。

 

このエリアにはツリーハウス、吊り橋、メリーゴーランドなどエピソードにちなんだ遊具が設置されます。

 

※出典:Moomin.comより引用

 

そしておさびし山の頂上には「飛行おにのジップライン」が設置されます。

宮沢湖を往復約400メートル滑空できるこのジップラインでは少しスリリングな体験ができるとともに、森などの景色も楽しめます。

 

たのしいムーミン一家」に登場する飛行おにのようにルビーの王様を求めて飛んでみましょう!

 

※出典:Moomin.comより引用

 

ムーミン谷エリア:Muikku foto(ムイックフォト)

ムーミン谷の中には写真館が設置され、プロのカメラマンに写真を撮っていただけます。ムーミンキャラクターと一緒に撮影して記念に残る一枚にしましょう。

 

 

 

2019年3月まで待ちきれない?!

どのアトラクション、施設もムーミンの物語に密接に関連していますね。ムーミンファンにとっては想像以上の夢の世界が広がっているのではないでしょうか?

 

オープンまでまだ半年以上あるので、早くオープンしてほしいと思うかもしれませんがまだムーミン小説を読んだことのない方はメッツァに行くまでに読むのはどうでしょうか?

 

物語を知ることでムーミンバレーパークの魅力を最大限に楽しむことができると思います。

 

時間がない方もダイジェスト版でまとめている記事があるので是非読んでみてください!

 

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミンのアニメはよく知られていますが、ムーミンの小説を読まれたことはありますか?ムーミンのことを知るなら小説を読むのがベストですが、全部読むとやはり時間がかかってし…...続きを読む


原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目で、『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトルミイの出番が増えてきたのが本作『ムー…...続きを読む


ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのですが静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。それはムーミンが目を覚まし、それっき…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む


ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む

 

 

埼玉県飯能市までのアクセス方法は?

現在の時点での東京都内から埼玉県の最寄駅までのアクセス方法を調べてみました。

 

電車を利用する場合

  • 西武池袋線・飯能駅 池袋駅から特急レッドアロー号で約40分(970円)
  • JR八高線・東飯能駅 東京からの時間は、乗換2回 約1時間10分(1200円)
  • イーグルバス 運賃(片道)200円(飯能駅北口~宮沢湖温泉) 約10分

飯能駅から宮沢湖までは徒歩40分もかかるので、バスかタクシーが無難ですね。駅からのシャトルバスが整備されると便利ですが、アクセス情報の詳細はまだ出ていないのでまたアップデートしたいと思います。

 

車を利用する場合

  • 圏央道の狭山日高インターチェンジ(東京都心から1時間強)で降り、そこから約6キロメートル(10~15分)

 

 

参考記事:Moomin.com, Moomin.com

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら