『発明家』フレドリクソン:ムーミンキャラクター紹介

公開日:2018年2月2日  更新日: 2018年06月09日 関連分類: 

フレドリクソンは『ムーミンパパの思い出』一作の中心人物で、ムーミンパパの大親友です。

 

ムーミンパパの初めての友人であり、若い時のムーミンパパと一緒にたくさんの冒険と旅をして世界を回っていました。

 

※一番左がフレドリクソンです。

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

絵の関連記事:5分で読むムーミン小説:ムーミンパパの思い出(2)

 

 

フレドリクソンとは?

フレドリクソンはムーミンパパより背が高く体格が大きく、ロッドユールのおじさんで顔は少しロッドユールに似ている人です。(スニフの大おじさんです)

 

ネズミのような髭が生え、大きいな耳を持っていて、興奮するときには耳をぴくぴくさせます。

 

機械が好きでものづくりが彼の趣味です。

 

また、フレドリクソンは考えることが好きで、責任感のある男です。

 

商品ページ:ムーミンエコバッグ:リトルミィ(レッド) / Blue House / フィンランド 北欧

 

 

ムーミンパパの思い出の中心にいるフレドリクソン

フレドリクソンはムーミンパパの初めての友達です。小川にある水車の横で出会い、二人は話を始めることから二人の冒険の旅が幕を開けました。

 

フレドリクソンが船を造れることと、船を作ったことで、冒険の航海を始めることができました。

 

また、ムーミンパパの思い出の終わりもフレドリクソンに深く関係します。

 

フレドリクソンが新・海のオーケストラ号を完成させ、ムーミンパパを招待したことで、ムーミンパパが最後の冒険に行くことができ、思い出を残すことができました。

 

ムーミンパパの思い出を「ムーミンパパとフレドリクソンの二人の思い出」と言っても過言ではないくらいです。

 

※どんな冒険でもフレドリクソンとムーミンパパは二人常に一緒にいます。

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

賢いフレドリクソン

フレドリクソンは素晴らしいエンジンニア以外にも、実に彼は融通が利きとても賢い人です。

 

旅が始まる前に、海のオーケストラ号が砂地にはまり、動けないときに彼はいいアイディアが思いつき、竜のエドワードの力を「借りる」に成功し、船が動き出させることに成功しました。(詳細は5分で読むムーミン小説:ムーミンパパの思い出(2)をご覧ください)

 

責任感のあるフレドリクソン

海のオーケストラ号の船長でもあるフレドリクソンは物事を責任を持って決めていました。

 

船の出航、周りの状況の確認と行動の判断から指示を出すことや、今後の方向を決めるまで彼は中心となってリーダーシップを取っていました。(ムーミンパパと共同で行ったこともたくさんありましたが)

 

機械を熟知し、物知りのフレドリクソンだからこそ、旅がよりスムーズに進めたでしょう。

 

商品ページ:木製ツボ押し(マッサージ器) :ムーミンパパ / ISOISÄN PUULELUT/ フィンランド 北欧

 

 

信念を貫くフレドリクソン

島の王様のためにものを発明してくれ!と頼まれたときに、冒険と旅の終止を決断し、島の王国に残ることにしました。

 

ムーミンパパヨクサルロッドユールと一緒に長い旅をしてきたフレドリクソンにとってもなかなか難しい決断だったでしょう。

 

ムーミンパパは冒険を続けることができなくなることにすごく残念な気持ちを見せながらもフレドリクソンは自分の気持ちを曲げず、自分の発明、自分のモノづくりに集中して続けていました。

 

しかし、ムーミンパパとの深い友情をフレドリクソンはいつでも忘れていません。

 

新・海のオーケストラ号が完成した瞬間、フレドリクソンは王様よりも他の誰よりも早くムーミンパパに伝えようとしていました。

 

※フレドリクソンがもうすぐ新・海のオーケストラ号を披露します!

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

最後に

ヨクサルもロッドユールもすごく特別な人で面白いですが、ムーミンパパにとってフレドリクソンなしでも旅も冒険もできなかったでしょうね。

 

『ムーミンパパの思い出』一作の最後に素晴らしいエンディングがありますので、ぜひ小説を読んで頂くか、下記のダイジェスト小説を読んでみてください!

 

※本記事の参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

ムーミンキャラクター紹介記事

フレドリクソンやヨクサルと同じく『ムーミンパパの思い出』一作で大活躍した人物です。物集めが好きなロッドルーユは普段は臆病なのですが、勇気を出したエピソードもあるんです。

スナフキンとは一体誰なの?どんな性格なの?といった疑問を解決してくれる記事になっています。またムーミンの第親友であるスナフキンが残した数々の名言や多くの人が憧れる理由…...続きを読む

パイプたばこと黒いシルク帽子を被っているムーミンパパ、とても好奇心旺盛で冒険家なんです。ムーミンパパが愛しているものは家族、海とたくさんありそれぞれエピソードと共に紹…...続きを読む

誰からも愛されるムーミン物語の中でよく登場する重要なキャラクターのムーミンママ。どこにいても必ずエプロンをつけており出かける際には必ずハンドバッグを持っています。そん…...続きを読む

 

ムーミンキャラクターの紹介★

他にもたくさんいるキャラクター達の紹介記事をまとめたページになっています。

 

 

アラビアムーミンマグカップ情報

ムーミンシリーズ製品は1990年代から始まったもので、これまで多くの製品が発売されており混乱しやすいため、ここでわかりやすく写真と名前を一覧形式にまとめてみました!ま…...続きを読む

2018年夏限定アラビアムーミンマグカップは夏休みに島へ行く準備をしているムーミン一家が描かれており、1955年に出版されたムーミンコーミックスの「Moomin’s Desert Island」か…...続きを読む

個別のムーミンキャラクターをテーマとするアラビアムーミンマグカップは1999年から発売されていますが今回新しいキャラクターが加わりました!マグカップとキャラクターだけでな…...続きを読む

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら