『宝物が大好き』スニフ ムーミンキャラクター紹介

公開日:2017年11月17日  更新日:2017年12月14日  関連分類: 

ムーミンの物語で最初から登場し、物語全体に渡ってよく登場する主要キャラクターの一つである「スニフ」。

カンガルーのような姿をしているスニフはどのような人物でどのような特徴があるかをご紹介していきたいと思います。

スニフって何?

スニフは、フィンランド人の小説家トーベ・ヤンソンが書いたムーミンの物語に登場した重要な人物(キャラクター)です。

ムーミン小説の一作目『小さなトロールと大きいな洪水』の最初から森の中で登場し、「小さな動物」と呼ばれていました。

その森でムーミンとムーミンママに出会ってからずっと一緒に旅しています。

見た目はツチブタやカンガルーのような外見の生き物で、ムーミン谷に行ってからムーミン屋敷にムーミンたちと一緒に住んだりしています。

ムーミンパパの友達のロッドユールとソースユールの子どもです。

※写真はMoomin.comより引用

スニフってどんな人?

高価なものが大好きで特に宝石が大好物。

典型的なマテリアル主義者で。

所有することが幸せにつながるとかたく信じています。

彼が人助けをするのは、そうすることで自分自身も得をすると思っているときのみです。

高価なものを全て欲しがるムーミンとほとんどのものを持ちたくないスナフキンとは全く逆の価値観ですね。

参考記事:ムーミンキャラクター紹介「孤独好きの大人」スナフキン

参考記事:ムーミンキャラクター紹介:「好奇心旺盛で友好的な」ムーミントロール

その同時に彼はとても臆病で自分のことを中心に考える人です。

森に入ると「怖いよ!お家に帰る!」とよく言います。疲れたらすぐに「嫌だよ!この旅」と言い出します。

更に、スニフはよく自分を大きく見せようとしています。他の人が何かトラブルを解決したら、スニフはよく「私も一緒にやったんだ」と言います。

しかし、ムーミン一家にトラブルを持ち込んで来ることも多い彼ですが、

どこか憎めない、味のある素敵なキャラクターです。

※下記の幻いムーミンシートの模様は『小さなトロールと大きいな洪水』小説の最後にスニフがムーミン谷に到着し、ムーミン屋敷の屋上にかかっていた真珠のネックレスを見つけた一つのシーンです。真珠のネックレスを見つけて大喜びですね!

※写真中の製品:幻の ムーミン シート: スニフ / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

スニフの出てくる物語

ムーミン谷の仲間たち】という短編童話にスニフを主人公にした話があります。

ムーミンに、自分の大切なものを誰かにあげたら10倍にになって返ってくると言われた彼は、

一番大切にしていたぬいぐるみの子犬セドリックを人にあげてしまいます。

ムーミンとしては、博愛精神を説いたつもりだったのかもしれませんが、

スニフはそのまま、目に見える形で物が倍増して返ってくると思ったのでしょう。

変なところで純粋な彼は、馬鹿正直に本当に一番大切なものを他人にあげてしまい、

あげた瞬間からひどく後悔します。

何も食べず、眠りもせず、一言も話さないほどに。

そんなスニフにスナフキンは教訓として『物を人にあげる事で人生に楽しみが生まれ、豊かになった大富豪の大叔母さん』の話をします。

『モノより思い出』という内容の話なのですが、そのような価値観を持たないスニフには受け入れられません。

したい放題にスナフキンの話の邪魔をします。

物語の最後には、もらわれ先で粗末に扱われ捨てられたたセドリックを

スニフが拾って帰ります。

10倍の値打ちになって返ってくるどころか、元の価値以下になって返ってきたセドリックを

スニフは大事に可愛がった。という結末なのですが、

このお話からも感情をあらわにして自分の思いをぶつけたり、

泣きはらして赤くなった目でムーミンママに愚痴をこぼすスニフは

小さい子どものようでとても愛らしいですね。

わがままで自分勝手だけど、純粋でかわいいスニフ。

ついつい応援してあげたくなります。

秋も深まり、段々と寒くなってきたこの季節。

ご自宅でゆっくりコーヒーでも飲みながら、ムーミンの世界に浸ってみませんか?

※写真中の製品:ムーミン マグ カップ : ストックマン150周年 2012年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

筆者からの一言

ムーミン物語の原作者であるトーベ・ヤンソンがムーミンの物語に登場する様々な人物に対し、それぞれ独特な性格を与えています。

スニフはそれほど「ポジティブ」な人間性ではないですが、「本来の人間性」に最も近いかもしれないと筆者は思います。

言い換えますが、あまり好まれないキャラクター「スニフ」はもしかしたら我々の姿に最も近いかもしれませんね。

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。










ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら