『弱気で臆病な』ロッドユール:ムーミンキャラクター紹介

公開日:2018年1月24日  更新日: 2018年06月09日 関連分類: 

フレドリクソンやヨクサルと同じく『ムーミンパパの思い出』一作で大活躍した人物です。

 

ムーミンパパの友人、フレドリクソンのおい、スニフのお父さんです。

 

※ムーミンパパの右にいるのがロッドユールです。

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

絵の関連記事:5分で読むムーミン小説:ムーミンパパの思い出(2)

 

 

ロッドユールとは?

ロッドユールは、ガラクタ集めをする小さな動物です。

 

人間のように手足があるが、しっぽもついています。

 

頭にいつも鍋を被り、ボロボロの洋服を着ています。

 

 

元々、ロッドユールという言葉の意味は、人がひっくり返したり落としたりしたものを大した目的もなしにせっせと集める動物のことなのです。

 

ロッドユールは青いコーヒー缶に住んでいてボタンを集めていました。

 

しかし、ムーミンパパがフレドリクソンに出会ったことで、おじさんのフレドリクソンの船に乗り、一緒に冒険の旅に出ました。(詳細は5分で読むムーミン小説:ムーミンパパの思い出(2)
をご覧ください)

 

 

 

ロッドユールはどんな人?

ロッドユールは物集めが好きで、絵を描くのが上手です。

 

しかし、責任のあることができません。身の回り以上に対応することができません。結構間抜けで間違ったりするのでね。

 

ロッドユールが考えることは、缶から遠くない周りのことだけに限られていますから。

 

最初は、海のオーケストラ号に赤ペンキを塗るロッドユールは何かも間違いでいろんなところに赤ペンキがついてしまったことがありました。

 

また、フレドリクソンが船を止めようとするとき、ロッドユールに錨を海に投げ込めと指示したが、ロッドユールが海に投げ込んだのは鍋と鍋の中に入っている晩御飯でした。

 

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

絵の関連記事:5分で読むムーミン小説:ムーミンパパの思い出(3)

 

 

要点を掴む事が苦手

ロッドユールは物事の全体図を俯瞰して要点を掴めることが苦手なようです。

 

例えば、こんなシーンがあります。

 

ムーミンパパとフレドリクソン一行は岩だらけの海辺に着き、翌日どこに向かって進むかについて、投げ銭であることを決めようとするときに、フレドリクソンはおいのロッドユールにコレクションのボタンを一つ持ってきてもらおうと言いました。

 

「さあどうぞ。二つ穴ですか。四つ穴ですか、骨のですか、ビロードのですか。それとも、木かガラスか金属?それとも貝のですか。無地のもあるし、まだらのも、水玉のもありますよ。それとも、しまか、こうしの?どれがいいんです。まるいのか、へこんだのか、でっぱったのか、ひらべったいのか、八角か、それとも……」とロッドユールが聞き返しました。

 

「普通のズボンの、ボタンをくれよ」とフレドリクソンが返事しました。

 

みたいな感じでロッドユールはあまり物事の要点を掴めるのが得意ではなさそうですね。

 

 

商品ページ:ムーミンエコバッグ:ムーミン原画(ブラック) / Blue House / フィンランド 北欧

 

 

臆病なロッドユール

また、スニフにも遺伝したでしょうが、ロッドユールはとても臆病です。

 

フレドリクソンが新しい海のオーケストラ号を作り、空を飛ぼうとしたときにロッドユールは怖がって乗りませんでした。

 

また、フレドリクソンもヨクサルもミムラの娘も驚かなかったお化けにロッドユールだけはずっと怖がっていました。

 

商品ページ:幻の ムーミン シート: スニフ / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

 

 

ロッドユーロの結婚

ロッドユールが唯一自分で決めたことはソースユールとの結婚です。

 

このことだけは他人に頼らず自分で決めました。

 

ソースユールは息子のスニフにすごく似ていますよ!

 

その詳細はぜひ5分で読むムーミン小説:ムーミンパパの思い出(6)をご覧ください。

 

 

最後に

いかがでしょう。

 

内気で弱気で臆病なロッドユールですが、心の中では優しく、人への思いやりができる子です。

 

うまくやれることは決して多くないですが、できることを一生懸命やる姿は素敵ですね。

 

※本記事の参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

ムーミンキャラクター紹介記事

カンガルーのような姿をしているスニフ、彼の両親は誰かご存知ですか? 高価なものが大好きで特に宝石が大好物なスニフですが、臆病な一面もあるんです。ムーミン谷の仲間たちの…...続きを読む

フレドリクソンはロッドユールのおじさんで、スニフの大おじさんに当たる人物です。彼なしでは物語は始まらなかったかもしれない?というくらい「ムーミンパパの思い出」で大活躍…...続きを読む

スナフキンとは一体誰なの?どんな性格なの?といった疑問を解決してくれる記事になっています。またムーミンの第親友であるスナフキンが残した数々の名言や多くの人が憧れる理由…...続きを読む

パイプたばこと黒いシルク帽子を被っているムーミンパパ、とても好奇心旺盛で冒険家なんです。ムーミンパパが愛しているものは家族、海とたくさんありそれぞれエピソードと共に紹…...続きを読む

誰からも愛されるムーミン物語の中でよく登場する重要なキャラクターのムーミンママ。どこにいても必ずエプロンをつけており出かける際には必ずハンドバッグを持っています。そん…...続きを読む

 

ムーミンキャラクターの紹介★

他にもたくさんいるキャラクター達の紹介記事をまとめたページになっています。

 

アラビアムーミンマグカップ情報

ムーミンシリーズ製品は1990年代から始まったもので、これまで多くの製品が発売されており混乱しやすいため、ここでわかりやすく写真と名前を一覧形式にまとめてみました!ま…...続きを読む

2018年夏限定アラビアムーミンマグカップは夏休みに島へ行く準備をしているムーミン一家が描かれており、1955年に出版されたムーミンコーミックスの「Moomin’s Desert Island」か…...続きを読む

個別のムーミンキャラクターをテーマとするアラビアムーミンマグカップは1999年から発売されていますが今回新しいキャラクターが加わりました!マグカップとキャラクターだけでな…...続きを読む

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら