ヘルシンキ市内観光・旅行:お得なチケット購入方法「モバイルアプリ」のご紹介

公開日:2018年6月21日  関連分類: 

どこに旅行にいくとしても、交通費は気になるところですよね。とくにフィンランドだと物価の高いイメージなので交通費も高いんじゃないかと心配になるかと思います。

 

下記の記事ではヘルシンキ市内の交通機関の運賃や様々なチケットの購入方法についてご紹介しました。

フィンランド 夜景
運賃はいくら?どう支払うの?と心配な方に向けて不安を解消するためにヘルシンキ都市圏の交通手段と乗り方をまとめてご紹介します!チケット購入方法によって値段も変わるので自…...続きを読む

 

ヘルシンキ首都圏エリア運賃概要

簡単に運賃(かっこ内は7から16歳のお子様料金)を比べると..

空港までの料金を含む「Regional」もしくは「2-zone」

  • バスの運転手さんや電車の車掌から買うと5.5ユーロ(2.8ユーロ)
  • 自動券売機から買うと5ユーロ(2.5ユーロ)
  • モバイルアプリから買うと4.2ユーロ(2.1ユーロ)
  • トラベルカードを使うと4.2ユーロ(2.1ユーロ)

 

ヘルシンキ市内(もしくは1エリア内)

  • バスの運転手さんから買うと3.2ユーロ(1.6ユーロ)
  • 自動券売機から買うと2.9ユーロ(1.5ユーロ)
  • モバイルアプリから買うと2.2ユーロ(1.1ユーロ)
  • トラベルカードを使うと2.2ユーロ(1.1ユーロ)

 

購入方法は多々ありますがモバイルアプリだとトラベルカードと同じ値段で買えるという利点をご説明しました。

 

なので今回は安くて簡単にチケットが買えるおすすめのモバイルアプリをご紹介したいと思います!

 

 

HSLヘルシンキ交通局モバイルチケットのアップりをダウンロード

アプリのダウンロードは無料です!

 

ヘルシンキ交通局ページからお使いのケータイに合わせてダウンロードできます。

もちろんアプリをダウンロードする機能から「HSL」を検索してもダウンロードできます。

 

Google Playの画面

 

 

App Soteの画面

 

 

基本的な個人情報の入力や支払い方法は先に設定できるので、旅行前にダウンロードしておいて設定しておけば到着後スムーズに使うこともできて安心ですね。

 

※写真はアプリ内のスクリーンショットを使用しています。

 

 

ヘルシンキ交通局モバイルチケットアプリの事前設定

 

言語設定

フィンランド語、スウェーデン語、英語の3つがあるので英語を選択しましょう。

 

初期設定

I’m over 15 years old (15歳以上である)を選択しContinue(次へ)

 

 

個人情報について

規則に同意するという意味でContinue(次へ)

 

 

 

現在住んでいる場所

I live abroad(海外在住)を選択しましょう。

 

 

位置情報の設定

Location Permission (位置情報の使用)

  • 許可する場合はGive Permission。
  • 許可しない場合はSkip。

ルート検索の際に位置情報を使用することができるので、インターネットに常にアクセスできる方は便利です。

スキップしても特に問題ありません。

 

 

メインページ

交通情報についてまとめられているページです。

よく使うバスやトラムの番号が書いてある場合は目を通してみてもいいですね。

 

 

 

 

 

アプリを使ってモバイルチケットを購入

チケット購入はHomeの右にある「Tickets」タブからできます。

 

  • Single ticket :基本的に80分(3エリアをまたぐチケットの場合は100分間)有効なチケットです
  • 1-7 Days ticket:1日から7日まで購入可能の使い放題チケットです
  • 30Says:ヘルシンキに在住(住所登録)している方のみ対象です

 

 

 

注意事項

万が一、ケータイの充電がなくなった場合は携帯番号でチケット有効か確認できます。

バスやトラムなどの交通機関に乗る前に有効なチケットを購入してください。

 

 

 

 

 

初回購入時の個人情報設定

個人情報の登録が必要でチケット購入前に出てきます。初回購入時以降は個人情報の入力はいりません。

 

※今回はSingle ticket (80分有効)のものを購入する手順で紹介していますが、デーチケット購入時と操作方法はほぼ同じです

 

  • First Name (名前)
  • Last Name (苗字)
  • Mobile ohone number (携帯番号):日本は+81です090から始まる場合は、初めの0を取った90から番号を入力します。
  • Email address(メールアドレス)
  • ヘルシンキ交通局からの情報を受け取るか否か

 

 

 

携帯番号が正しいか必ず確認しましょう

  • 正しい場合はYES
  • 間違っている場合はEdit the numberで編集できます

 

※ちなみに+358はフィンランドの国番号です。

 

 

Travel Zone:エリアの選択

  • ヘルシンキ市内のみの場合はHelsinki
  • 空港を含む場合、はRegional ticketを選択
  • その他目的地に合わせて選択

 

 

 

Customer Group:区分の選択

  • Adult:大人
  • Children:7歳から16

 

 

 

Validity Starts:有効開始時刻の設定

  • 交通機関に乗車する直前に購入であれば、NOW(今から)で特に問題はありません。
  • Laterを選択すると自分で有効な開始時刻を選択できます。

 

シングルチケットの場合は有効時間が80分(3エリアをまたぐチケットの場合は100分間)と決まっているので、乗車直前に購入すると時間を有効に使えそうですね。

 

 

 

支払い方法

Add Payment cardから支払いするカードを追加しましょう。

VisaMaster (デビット、クレジット)カードが使用可能です。

 

 

カードの情報を入力後、Continue(次へ)

 

 

 

チケットの支払い

 

選択した項目を再度確認して、Go to payment を押します

 

 

再度、チケット内容を確認してから Confirm paymentで支払いを実行

 

 

チケット画面

購入後このような画面で、Validが何時までこのチケットが有効か示しています

 

バスに乗る場合はこちらの画面をドライバーに見せましょう。チケット画面はインターネットなしでも有効です。

※ただし画面の一部(歯車)は動く形式になっているので、スクリーンショット(静止画)は使用できません

 

その他の交通機関では乗車時に特に見せる必要はありません。

 

 

 

 

まだバスなどに乗っているのに有効時間が切れてしまった!ということもあると思いますが、最後の乗り入れがチケットを買ってから有効時間以内であればOKです。

 

そんな時はこのような画面が表示されます。今乗っている交通機関から下車するまでは有効ですが乗り換えはできません。

 

 

 

 

 

Inspection:検査員のチケットチェック 

検査員がチケットの確認をする場合があります。

冬に一度私服の検査員がいたこともありましたが、基本的に制服を着てバーコードを読み取る機械をもっているのでわかりやすいです。

 

 

その場合はチケット画面のTicket Inspectionを押して、こちらの画面を見せてください。

 

※注意事項でもあるように携帯の充電が万が一切れた場合や、アプリに不具合が起こった場合は登録している携帯番号で有効なチケットを持っているか確認もできます。

 

検査員のチェックの際に有効なチケットを持っていない場合は80ユーロの罰金を支払うことになるので注意しましょう。

 

 

 

個人情報の変更

More→ Settings から個人情報の変更やカードの変更が可能です。

 

旅行前に設定をする場合は、こちらからでも可能です。

またカードの登録も Payment cards→ Add cardからできます。

 

 

 

 

レシートが必要な場合

More→ Settings→Purchase history から購入したチケットのレシートを確認できます

 

 

 

 

右上にあるボタンから、レシートのPDF化やメールなどに送信する共有機能もあります。

出張などの際にレシートが必要な方もこちらからダウンロードできるので便利ですね。

 

 

 

アプリを使ったモバイルチケットの利点と欠点

このアプリを使用してみて、個人的に発見した利点と欠点についてまとめてみました。

 

利点

  • 初回購入時は個人情報の入力などあるが、次回からはカード情報を保存しておけばパパッと購入が可能
  • シングルチケットの場合は一番安い(トラベルカードと同料金)
  • 自動販売機などで購入すると紙のチケットだが、ケータイのアプリだと安心感がある

 

欠点

  • デーチケットの場合はその他の購入方法と値段は変わらない
  • ケータイの電源が切れてしまうと、バス乗車時にチケットを見せることができない
  • 購入時はカードで支払いなのでどうしてもインターネットが必要

※チケットを見せる際はインターネットなしでも使用できるのでデーチケットを買う場合は滞在先で購入しておけば日中はネットなしでも1日使えます。

 

 

もちろんアプリなので良い点、悪い点はあると思います。またアプリが英語なので少し不安な方もいらっしゃると思いますが、初期設定を済ませておけば使い勝手は良いのでヘルシンキ旅行の際は是非この記事を参考にしていただければと思います!

 

※2018年6月現在のアプリの形式なので前置きなく変更される場合がございます。またアプリやアプリを通してのチケットの購入に関する不具合については責任は負いかねませんのでご了承ください。

 

 

最後に

実はヘルシンキ交通局は2019年からエリアと料金設定の改定をすることを発表しています。(2018年6月6日に発表されたヘルシンキ交通局のニュースページはこちらから)

 

現在はヘルシンキ・エスポー・ヴァンターと市によって区分されているエリアを、

ヘルシンキの中心市内をA、その周り(一部のエスポー市とヴァンター市を含む)をB、空港を含むC、一番ヘルシンキ市内から遠いDというAからDのゾーンに区別を変更します。

 

ヘルシンキ市内を含めたABゾーンの料金は2.80ユーロ、空港からヘルシンキ市内はABCゾーンの4.60ユーロに変更予定なので、現在の2.20ユーロと4.20ユーロからは実質上の値上がりということになります。

 

 

詳しい情報が発表され次第、交通情報についてアップデートしたいと思います。

 

 

ヘルシンキ市内の交通手段について

フィンランド 夜景
運賃はいくら?どう支払うの?と心配な方に向けて不安を解消するためにヘルシンキ都市圏の交通手段と乗り方をまとめてご紹介します!チケット購入方法によって値段も変わるので自…...続きを読む


5月から10月末まで利用可能なヘルシンキの最新公共交通手段、シティバイクのご紹介。事前登録すれば、基本料金のみで自転車を受け取ってから返却するまで毎回30分は乗り放題と便…...続きを読む


フィンランド、ヘルシンキ交通情報に続いて、旅行の際に安くてお得にチケットが買えるモバイルアプリのご紹介です。旅行前にダウンロードして使い方を知っておけばとても便利です…...続きを読む

 

 

ヘルシンキ中心街の観光地情報

ヘルシンキに来たら、やはり「ヘルシンキ大聖堂」は外せない場所ですよね。そんなヘルシンキ大聖堂の建物について歴史や建築様式などを紹介していますので訪問前に読んでいただきたい記事です。


ヘルシンキ大聖堂とセットで見る観光スポットと言っていいほど有名な場所はこちら「ウスペンスキー寺院」です。   西ヨーロッパ全体に最大な正教会(Orthodox Church)と言…...続きを読む


オールドマーケットホールは1888年に建設、89年にオープンされた歴史のある建造物であり、市民の生活の場です。ヘルシンキ大聖堂からも近いので是非立ち寄ってみてください。中に…...続きを読む


周辺にたくさん観光地のあるカウッパトリマーケット広場。早朝から店が立ち並ぶので早起きしてみるのも良し、観光途中で小腹が空いた時に立ち寄るにも便利ですね。


ヘルシンキの二大繁華街エリアであるヘルシンキ中央駅の駅前エリアとカンッピエリアの間にあるにもかかわらず、中はとても静かな礼拝堂。観光地巡りで疲れた時などに是非立ち寄っ…...続きを読む

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら