5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の夏祭り(6)

公開日:2018年2月9日  関連分類:  

長い間、スナフキンはものも言わないでボートを漕ぎ続けました。

ムーミンは、あの古い帽子の懐かしい形が、夜空の中にくっきり浮かんでいるのと、パイプの煙が静かな大気のうちにぷかぷかと立ち昇るのを見ていました。

 

ムーミン谷へ!!

ボートが木の下の間へ滑り込んだ時、スナフキンはムーミンに言いました。

 

「さあ、僕がこれからいうことをよく聞くんだよ。」

「きみは、他の人たちのところへ戻って、ムーミン谷に帰りたい人をみんな連れておいでよ。家具は持って来させないでくれ。ヘムルたちが劇場の見張りをしていないうちに急いでくれ。」

ムーミンは「うん」と答えて陸地から歩いていきました。

 

※絵は原作書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の夏まつり』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、下村隆一/訳、1990年発行

 

みんなが我が家へ向かって急ぎました。船を漕いだり、帆で走らせたりして、昼も夜も急ぎました。

ムーミンママは自分のいる場所がわかりました。お寂し山へ行く道に沿って進んでいるのでした。

 

「みんな、帰ってきたんだ。うちへ、うちへ、うちへ!」

とリトルミイはミムラ姉さんの膝の上で歌いました。

 

スナフキンは探るような眼差しを周りに投げてヘムルたちを警戒し続けていました。

「ねえ、きみ、もうとっくにヘムルたちを引き離したぞ」とムーミンパパが言いました。

 

ボートの真ん中に水泳用のガウンをかぶって小さなヘムルは「するべからず」を何回も何回も書き続けました。

 

ムーミンママとムーミンの話から分かりましたが、スナフキンが公園から救い出した24人の子供は劇場に残り、未来には役者になるかもしれませんし、そうではないものはフィリフヨンカの養子になるそうです。

スナフキンも今後毎年見に行くそうで、みんなの誕生日に手紙を書くそうです。

 

 

そして、ミーサは悲劇の役をやるのが幸せで、劇場に残り、役者を続けるそうです。ホムサは舞台監督になったそうです。

 

水が浅くなってきたことでみんなは水の中を歩くことにしました。

スナフキンは一番後ろを歩いていつもよりもっと無口で絶えず当たりを見回しました。

「あの人たちがここまで追っかけてきたら、私、その古帽子を食べて見せるわ!」とミムラ姉さんが言いました。

 

道が狭くなり、山の間に口が開き、そこにムーミン谷の懐かしい緑が待っていました。

もう川の曲がり角も、青く塗ってある橋も見えました。

みんなは、あたりにジャブジャブ水を跳ね返しながら急ぎました。そして、家へ帰ったらしようと思うことを、あれこれと元気よくしゃべりあいました。

 

※絵は原作書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の夏まつり』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、下村隆一/訳、1990年発行

 

とその時、けたたましい警笛が静かな空気を劈いたかと思うと、前にも後ろにもいたるところにヘムルが群がって現れました。

もうほとんど家へたどり着いたと同じなのに、そこで警官に捕まってしまうなんて、あまりにも恐ろしいことでした。

 

「さあ、どうだ」

とヘムルが言いました。

誰も何も言いません。

 

商品ページ:ムーミン マグ カップ : ナイトセーリング 2010年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

すると、あの小さなヘムルが一生懸命いとこの前に進み、ノートを差し出して言い出しました。

「スナフキンは後悔してお許しを願っています」

「そんなこと、僕は……」とスナフキンが言いかけたが、大きいなヘムルがぎょろりと睨んできたので黙りました。

 

大きいなヘムルはノートを確認し、5000回も書かれた「するべからず」を確認出来ました。

 

「しかし……」とスナフキンが言いだしました。

「どうか、何も言わないで」小さなヘムルが頼みました。「私、本当に楽しかったの。本当に、本当に!」

 

「だが、立て札を!」と大きいなヘムルが言いました。

「この人、代わりに、私のところの野菜畑にいくつか立て札を立てることはできません?例えば、『はい虫たちは、レタスを少し残しておくこと』といような」と今度はムーミンママが聞きました。

それでようやく大きいなヘムルは許してくれ、釈放としてくれました。

 

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : ストックマン150周年 2012年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

ようやく、みんな家に着きました。

散乱して家具もだいぶなくなったが、だれでもがっかりしていません。

ようやく帰ってきたものですから。

 

ムーミンはスナフキンのキャンプ地にお休みを言いに行きました。

スナフキンは、河原に腰を下ろし、パイプをくゆらせていました。

 

家に戻ったら、玄関の前に座っているムーミンママが言いました。

「これ、なんだか当ててごらん!」

「小さなボートだ!」

とムーミンはそう言って笑いました。

別におかしいことがあったからではありません。とてもとても幸せに感じたから、ただ笑ったのでした。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の夏まつり』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、下村隆一/訳、1990年発行

ムーミン谷に住み始めて約3年目でしょうね。 『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。   穏やかなムーミン谷 『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトル…...続きを読む


ムーミン屋敷の横に漂流してきた大きいな家にムーミンパパは声をかけたが、何の返事もありませんでした。 水がさらに増えてきたので、ムーミン一家たちは急いでこの家に引っ越す…...続きを読む


朝を迎えた時、流された家ではムーミンパパとムーミンママはムーミンのことを心配で心配でご飯も食べれませんでした。   離れ離れ…… ホムサは家が流されたこと…...続きを読む


浅瀬に乗って傾いている劇場の家のほうではムーミンパパは家具を固定するために釘を打っていました。   傾いた床で掃除がうまくいかないエンマにムーミンママが声をかけ、話…...続きを読む


スナフキンが子供たちを劇場に連れて行く途中に、子供たちから何とスナフキンにプレゼントがありました!   子供たちみんなが頑張って刺繍した煙草入れでした。(ちなみに、…...続きを読む


長い間、スナフキンはものも言わないでボートを漕ぎ続けました。 ムーミンは、あの古い帽子の懐かしい形が、夜空の中にくっきり浮かんでいるのと、パイプの煙が静かな大気のうち…...続きを読む


夏が終わったムーミン谷は新しい世界に変貌しました。 果たしてムーミンたちは新しい世界でどのような冒険を経験し、どのように人に出会うのでしょうか。   真っ冬のムーミ…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。








ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら