5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(4)

公開日:2018年2月17日  関連分類:  

ムーミンは山に着きました。

ただ木の山は下から上まで燃え盛ってライオンのようなうなり声を上げました。

雪が解けて暖かい水がムーミンの足の上を流れました。

 

とんがりネズミが歌い、小さなかげや大きいな影が踊り、しっぽで太鼓を叩いていました。

 

ムーミン谷の冬祭りと突然モランの到来

その後、ムーミンはようやく流しの下に住んでいる人に会えました。

ブラシのような眉毛をしたかなり小さな動物でした。

しかし、言葉が通じず、小さな動物は怒ったようでどこかに行きました。

 

※商品ページ:ムーミンエコバッグ:ムーミン原画(ブラック) / Blue House / フィンランド 北欧

 

その時、とんがりネズミが歌をやめ、太鼓も鳴りやみました。

みんなが氷の上を眺めると、氷の精みたいなあのモランが座っていました。

 

そのモランが山へ登ってくるとかがり火のところに座りました。

火の山全体が湯気に包まれました。

 

夜のお日様が消されたと悲しんだムーミンに対し、おしゃまさんは言いました。

「あの人は火を消しに来たのではなく、温まりに来たのよ」

モランはムーミンが持ってきた石油ランプのところに行き、ランプもすぐに消えてしまいました。

 

モランはじっと動きません。山にはもう誰もいません。

ムーミンは家に帰り、寝ているママに言いました。

「お祭りはあんまり楽しくなかったよ」

 

 

初めて対面したムーミンのご先祖様

おしゃまさんは海の凍った海面の下で釣りをしていました。

ムーミンが来てお日様を待っていました。

 

ようやく太陽が姿を現し、ムーミンは大喜びでおしゃまさんが釣った4匹の魚を投げ上げ、逆立ちしました。

しかし、お日様はほんの一瞬でまた沈んでいきました。

 

「お日様は明日また来るよ。安心しなさい」とおしゃまさんが言いましたが、あまりにも正しいことを言われてかえってうんざりしてたまらなくなったムーミンは水浴び小屋の戸棚を開けてしまいました。

 

中に置いてあるものは夏の時のままでした。

ところが、床の上に何か小さいものがいました。

長い毛に覆われ、大きいな鼻をした灰色のものでした。

 

それを見たおしゃまさんが言いました。

「おやおや、結局開けたのね。あれはネズミでもなんでもなく、トロールなの。あなたの先祖ね」

 

何も言えないムーミンは家に戻って部屋で考え込みました。

ろうそくとお砂糖を借りに来たリトルミイは言いました。

「あんたのことで恐ろしいことを聞いたわ。あんな、自分のご先祖を戸棚から追い出したんだってね」

「えい、やかましい」とムーミンが返しました。

 

気が付いたら、ご先祖様は家のシャンデリアの上にいました。

ご先祖様は大ストーブに興味を示し、中に飛び込み、住み着きました。

 

※写真は参考書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

冬が大好きな大きいなヘムレンさんとめそめそと大勢ムーミン谷に来た人々

毎日、少しずつお日様が高く昇ってきました。

ある日、小さな痩せ犬の「めそめそ」がやってきました。

 

氷姫が谷間に来たせいで食べ物がだいぶ減ってしまったようです。

それで大勢の動物たちが食べ物を求め、ムーミン谷にやってきました。

「あそこに行けばナナカマドの実もあるし、ジャムの倉庫もある」とうわさが広がっていました。

 

多くの動物がムーミン屋敷に押し寄せ、やさしいムーミンは困ったと思ったものの、みんなを家に入れました。

縄梯子を登れない人のために雪トンネルを掘り、一階の窓ガラスを1枚割って、入り口も作りました。

一瞬家中が動物だらけになりました。テーブルかけの下に、帽子の中、スリップの中にいました。

 

商品ページ:ムーミン マグ カップ : ストックマン150周年 2012年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

しかし、めそめそは家に入りません。

遠くにいる狼の兄弟の吠え声を聞きながらも悲しそうで水浴び小屋のほうへ向かって歩きました。

 

翌朝、突然ラッパの音がムーミン谷に響き渡りました。

一匹の大きいなヘルムが金属製のラッパを持ちながらスキーで滑って来ました。

 

※写真は参考書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

ムーミン屋敷にいるお客さんたちが好奇心で寄ってきて、ムーミンはヘムレンさんに言いました。

「あなたもうちに入りませんか?」

「家にいるより家を作って体を動きましょう」

とヘムレンさんが言ってムーミンとお客さんたちにイグルー(雪小屋)を作ってもらうことにしました。その間、ヘムレンさんは寒中水泳をしました。

 

初めてスキーを見たリトルミイは自分もスキー板を作ると言いました。

 

ムーミンは水浴び小屋に走って行ってヘムレンさんのことをおしゃまさんに伝えました。

おしゃまさんもムーミン屋敷の近くまで来てヘムレンさんと話しました。

ヘムレンさんのことがあまり好きじゃないようです。

 

寒中水泳を終え、ムーミンからのイチゴジャムを食べたら、一番険しい坂を上ってスキーで滑っておりました。

恐ろしい勢いです。キラキラする雪の粉が舞い上がりました。

 

次にリトルミイが……

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(1)
公開日:2018年2月15日 
夏が終わったムーミン谷は新しい世界に変貌しました。 果たしてムーミンたちは新しい世界でどのような冒険を経験し、どのように人に出会うのでしょうか。   真っ冬のムーミ…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(2)
公開日:2018年2月16日 
雪のランプの向こうにいたのは赤と白のセーターを着たおしゃまさん(トゥーティッキ)でした。 彼女は歌っていました。 ムーミンは彼女が何かを歌っているのかを聞いてみました。…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(3)
公開日:2018年2月16日 
突然の声「よけろ!そこをどけっ!」に反応できず、何かのものがムーミンにぶつかりました。 ムーミンは雪に埋まり、笑い声を聞こえました。   冬のムーミン谷で再開するリ…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(4)
公開日:2018年2月17日 
ムーミンは山に着きました。 ただ木の山は下から上まで燃え盛ってライオンのようなうなり声を上げました。 雪が解けて暖かい水がムーミンの足の上を流れました。   とんがり…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(5)
公開日:2018年2月17日 
素晴らしいスキーを見たリトルミイは樽を壊し、板を足につけて自分も滑り始めました。 恐れることなく一直線に滑り降りました。   初めてスキーにチャレンジするムーミン。…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(6)
公開日:2018年2月18日 
めそめそを囲んだのはまさに彼の兄弟の狼たちでした。 しかし、どうやら狼たちはめそめそを受け入れるために迎えに来たわけではないようです。 めそめそは毎晩待ちに来ることを後…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(1)
公開日:2018年2月28日 
ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になりますね)   今回は『ムーミン谷の仲間たち』のダイジェスト記事をご紹介します。  …...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら