秋のムーミンワールド2018年10月に週末限定オープン!

公開日:2018年9月9日  関連分類:  

何度かご紹介してきたフィンランド、ナーンタリにあるムーミンワールドですが今回なんと10月に週末限定でオープンするそうです!

 

冬の期間のみオープンすることは紹介してきましたが、秋にもオープンとなるとまたいつもとは違ったムーミンワールドを目にすることができるのではないでしょうか?

 

※出典:ムーミンワールドウェブサイトより

 

また新しいキャラクターにも出会えるチャンスがあります。どのキャラクターなのか写真の中にもいるので探してみてくださいね。

 

さっそくどんなプログラムが開催されるのか、開業期間や時間などの情報をみていきたいと思います。

 

 

ムーミンワールド秋限定特別プログラム

アラビアのムーミンマグカップでも新たに追加されたキャラクターである「飛行おに」と「トフスランとビフスラン」が秋のムーミンワールドでテーマになっています。

 

彼らが登場するムーミン小説「たのしいムーミン一家」のダイジェスト記事もあるので是非読んでみてください。

ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む

 

 

※出典:ムーミンワールドウェブサイトより

 

Moomintroll and The Hobgoblin’s Hat(ムーミンと飛行おにのシルクハット)

ムーミンリトルミイが魔法で物を変身させてしまう飛行おにのシルクハットを発見すると、ムーミン谷で不思議なことが起こり始めます。

 

開演時間:11:30、13:00(小劇場)

 

Thingumy and Bob’s Mysterious Suitcase(トフスランとビフスランの不思議なスーツケース)

トフスランとビフスランがスナフキンヘムレンさんとともに歌ったり踊ったりします。そんなトフスランとビフスランがもっていスーツケースには何が隠されているのでしょうか?

 

開演時間:12:00、13:30(小劇場)

 

The Hobgoblin and the Missing King Ruby(飛行おにと失くなったルビーの王様)

飛行おには失くなってしまったルビーの王様を探しています。そんな中ムーミン屋敷の魔物モランまでやってきて?

 

開演時間:12:30、14;00(エンマの劇場)

 

※参考書籍:『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

The Hobgoblin Arrives in Moominvalley(飛行おにがムーミン谷にやってくる)

飛行おにはトフスランとビフスランに会うためにムーミン谷にやってきてマジックを見せてくれます。またヘムレンさんが素敵な花火を見せてくれるかもしれませんよ?

 

開演時間:15:00 (小劇場)

 

 

 

 

ムーミンワールド秋限定営業情報

開業日

2018年10月の以下の日にちで、11時から16時まで開業予定です

  • 13日(土)、14日(日)
  • 18日(木)〜21日(日)
  • 27日(土)、28日(日)

 

入場料

  • オンラインで購入:19ユーロ
  • 現地で購入:21ユーロ
  • 子供2歳以下は無料

オンラインで購入する場合はウェブサイトより

 

ヘルシンキからのアクセス

  • ヘルシンキからトゥルクへはバス(OnnibusMatkahuolto)または電車(VR)
  •  トゥルク(Turku)駅から徒歩13分でマーケット広場(Kauppatori)へ向かい、6番もしくは7番バスに乗車
  • 乗車時間:約45分
  • 「Naantali, laituri 3」にて下車
  • バス停から島にあるムーミンワールド:徒歩15分程度
    または
  • ヘルシンキからOnnibusでナーンタリへ直行
  • 所要時間;約2時間40分
  • バス停から島にあるムーミンワールド:徒歩15分程度

 

 

  • 住所:Kailo, 21100 Naantali
  • 地図

 

注意点

ムーミンワールドは屋外で過ごす時間が長くなるので、暖かい格好でいきましょう。

またナーンタリは海に近いことから風も強くふくことがあるので、風を通しにくいジャケットがおすすめです。

 

 

関連記事

 

アラビアムーミンマグカップ情報

ムーミンシリーズ製品は1990年代から始まったもので、これまで多くの製品が発売されており混乱しやすいため、ここでわかりやすく写真と名前を一覧形式にまとめてみました!ま…...続きを読む


2018年10月1日からの冬季季節限定発売される「ライトスノーフォール」(Light Snowfall)はムーミンが人生初めて雪に出会ったシーンが描かれています。デザインには195…...続きを読む


個別のムーミンキャラクターをテーマとするアラビアムーミンマグカップは1999年から発売されていますが今回新しいキャラクターが加わりました!マグカップとキャラクターだけでな…...続きを読む


我々が馴染みのあるムーミンマグシリーズは1990年代から始まったもので、アラビアはそれ以前の1950年に実はムーミンマグカップを発売したことがあるのです。線の描き方や色塗り、…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら