ムーミン谷ってどんな場所なの?

公開日:2017年9月9日  更新日: 2018年07月10日 関連分類:

ムーミンのことをよくご存じの皆さん、ムーミン谷ってどんな場所かはご存知でしょうか。

 

トーベ・ヤンソンの著作「ムーミン谷の彗星」の中で、ムーミンはムーミン谷に行ったことないフローレンにムーミン谷の様子をこのように話しています。

 

「誰でも、すっかり安心していられる谷なんだよ。あそこは。目を覚ますときはうれしいし、晩に寝るのも楽しいのさ。木登りのに良い木があって、その上に家を作れるんだ。きみには見せてあげるけど、誰も知らない秘密な場所だってあるんだよ。ママはどの花壇の周りにも貝殻を並べたんだ。ベランダには、いつも日が当たっててさ。あそこにはよい匂いがするよ。

それから、ぼくたちは、自分の橋を持ってるんだ。パパがこしらえたんだよ。手押し車を押して通れるほど、広い橋さ。ぼく、海も見つけたんだよ。ぼくたちの海。」

ムーミン谷とは?

ムーミン谷は大自然が広がり、雰囲気が非常に穏やかな場所で、ムーミンたちが自然と調和しながら生きる場所です。

 

ムーミン谷で最も大きいな建物はムーミン屋敷で、ムーミン屋敷はムーミン谷の人々もムーミン谷の外から来た人々も歓迎しています。

 

ムーミン谷にはある川が真ん中を流れています。川はムーミン谷の山側から海に向かって流れます。

 

ムーミン谷の山は寂し山と呼ばれています。

春がムーミン谷に訪ねると様々な花が咲き、まさにムーミン谷全体がムーミンママの花園になったようになります。

 

ムーミン一家は夏に友人や様々な人々に会って時間をゆっくり楽しみます。

ムーミン屋敷から海岸に通る道があり、海岸に小さな小屋が作られています。

ムーミン一家はたまに海に行き、砂浜で貝殻を集めたりして遊びます。

また、たまにはムーミンパパは冒険したい心が騒ぎ、ムーミン一家と友達が一緒に海に出ることもあります。

海の色々な島に上陸して探検します。このようなことができるのは、彼らはムーミン谷に戻れる自分の安全な家があると知っているからです。

 

秋がムーミン谷に近付いてくると、ムーミンたちは冬眠の準備に取り掛かります。

 

ムーミン谷が雪に覆われるようになった時、ムーミンたちは既に深い眠りについています。

 

 

トーベ・ヤンソンとムーミン谷

ムーミンの物語、そしてムーミン谷を作り出したトーベ・ヤンソンは夏に島々で生活し、他の季節はフィンランドの陸地で生活しています。

 

生活環境から影響を受け、トーベ・ヤンソンが作り出したムーミン谷はフィンランドの景色が良く伺えます。

 

どこまでも広がる草原。

広い森。

航海して探検される島々。

海に近い屋敷。

冬には雪景色。

人が少ない環境。

などなどはフィンランドから受け継いだのでしょう。

 

唯一違うのは山ですね。フィンランドに山がほとんどないですが(丘ならたくさんあります)、ムーミン谷には寂し山がありますね。

 

このようなムーミン谷を作り出したことはもしかしたらトーベ・ヤンソンにとって、フィンランドでの彼女の生活環境が非常に良くって楽しい思い出がたくさんあったかもしれませんね。

 

 

ムーミン谷を自分で飾る

実はムーミン谷を自分の力で発展し、様々なキャラクターを探し、色々なもので飾ることができるスマホゲームがあります。

 

是非下記をご参考ください!

 

ムーミンにも日本人が作ったスマホゲームがあるってご存知でしょうか。   ふだんゲームを遊んでなくても可愛いムーミンキャラクター達がムーミン谷の中で動いて色々なことを…...続きを読む

前回「ムーミン 〜ようこそ! ムーミン谷へ〜 ムーミンの箱庭アプリ」紹介記事の続きです。     最初遊んでみて、パッと見た感じで内容はシンプルな感じですが、やり…...続きを読む

 

 

関連記事

ムーミンの物語には人間性、愛、冒険、勇気などの要素が表現されています。しかし、もしムーミンのことを数字で表したらどうなるでしょうか?1914のトーべ・ヤンソンが生まれた年…...続きを読む

ムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンはフィンランドの首都ヘルシンキ生まれ育ちです。ムーミンの物語は彼女の世界観に多く影響され、その世界観はもちろんフィンランド文化、…...続きを読む

2014年にフィンランドではムーミンの原作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年を盛大に祝いました。フィンランドで最も偉大な作家のひとりであるトーベ・ヤンソンは彼女自身の生涯…...続きを読む

ムーミンを様々な形でこの世界の人々に知ってもらうように頑張っている人々の中の一人はトーベ・ヤンソンの姪であるソフィア・ヤンソンです。ソフィア・ヤンソンはムーミンキャラ…...続きを読む

 
 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。













ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら