ムーミンワールドの裏での一日

公開日:2017年9月1日  更新日: 2018年06月09日 関連分類:   

ムーミン好きでしたら必ずフィンランドの「ムーミンワールド」を知っているでしょう。

 

 

 

招待されたヴィクトリア

少し前にムーミンワールドとMoomin.comが一緒にあるキャンペーンをやっていました。

 

大賞であるムーミンワールドのバックシーンが見られるチケットを獲ったのは25歳のノールウェーの女性ヴィクトリアさんです。

 

彼女をある火曜日にフィンランドのナーンタリという場所にあるムーミンワールドに招待しました。

 

 

彼女は子供のごろからムーミンの大ファンで、彼女の両親は「記憶のある限り、彼女はずっとムーミンのファンだ」と思い出しながら話したそうです。

 

ヴィクトリアもムーミングッズを良く集めていました。

 

「トーベ・ヤンソンがムーミンの世界に通じて表現した彼女の世界観はすごいですよ」とヴィクトリアが話しました。

 

 

ムーミンワールドでの一日

この晴れた日にMoomin.comからのサラさん、ムーミンワールドからのアン・カリンさんとヨーナスさんがヴィクトリアと合流しました。

 

4人はまずスタッフルームを見て、その後ヴィクトリアにムーミン谷の警察になってもらい、いたずら好きのスティンキーを捕まえてもらおうとしていました。

 

 

 

「本当に信じられないほど楽しかったです。フィンランドに来たの初めてですが、まさか初めてのフィンランドでムーミンワールドに来られるとは。」

 

 

 

「最も印象深いのはムーミンワールドのスタッフから感じた温かい心ですね。みんなはすごく親切で優しかったです。もう一つは、ムーミンワールドの完璧さですね。本当に細かいところまで作り込まれ、コミックや映画にある本物のようで驚きました。」ヴィクトリアはこの日を思い出しながら言いました。

結果的にスティンキーを見つけることができました。ムーミンパパの写真館で写真を撮影し、温かくていい天気の中でアイスクリームも楽しみました。

 

 

 

 

少し休んだ後にスニフのお店に行きました。そこでヴィクトリアは大好きなムーミンアイテムに出会い、少し買いました。

 

こうやっている間に空いてきたお腹は「昼だよ」と言ってくるような感じで、我々はムーミンママのキッチンにムーミンワールドのCEOであるトミさんと一緒に行きました。

 

昼食後、エクストラオーデンネリカフェに行き、カウンターの後ろにしか見れない独特なデザインを見て楽しみ、ヴィクトリアは自分なりのアイスクリームを作りました。

 

 

このような楽しい雰囲気の中で時間が知らない間に過ぎて行きました。

 

「私の期待は常に満足され、常に私の予想より遥かに楽しいことに出会っていました!」

 

「ムーミンワールドでの一日をどの角度から見ても完璧でした!ここにいるみんなに出会うこともすごく楽しかったです。それぞれのキャラクターを演じるスタッフからの情熱が伝わってきたし、すごく自然な感じで楽しかったです。愛が溢れる人々のいるムーミンランドはどこよりも本物の世界に近いと思いました。」

 

 

 

 

「様々なタスクをやりながら裏のシーンを観れてすごく特別な経験でした。この一日を一生忘れません!本当に有難う御座います!」

 

とヴィクトリアが語りました。

 

 

ムーミンワールドの詳細

是非宜しければ自らムーミンワールドに来てみてくださいね!

 

営業期間:夏季6月中旬~8月末、2018年冬季現在未定

 

詳しくはムーミンワールドオフィシャルサイトにてご確認ください。

 

※写真はMoomin Facebookより引用させて頂き、記事はMoomin.comより引用させて頂いております。

 

 

関連記事

本日はいよいよ「フィンランドツアー~フィンランドのムーミンスポットを一緒に回りましょうよ~」の一大イベントのムーミンワールドに足を踏み入れます! 世界唯一のムーミンテ…...続きを読む

ムーミンワールドはテーマーパークのような場所であるが、年中営業ではなく、冬に1週間と夏に2か月半ほどしか営業していません。是非事前にスケジュールを確認してください。そし…...続きを読む

世界初のムーミンテーマパーク:ムーミンワールドは1993年にフィンランド南西部にあるナーンタリ市でオープンされました。そしてフィンランドのムーミンワールドには特別な鍵…...続きを読む

ムーミン生まれの故郷フィンランドにはムーミンと関連する場所が多くあります。ムーミンを中心テーマとする場所であったり、ムーミンの作者をテーマとする場所であったり、ムーミ…...続きを読む

 

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら