ヘルシンキのお薦め観光スポット:「丘の頂上」のカッリオ教会(Kallion Kirkko)

公開日:2017年10月12日  更新日: 2019年12月12日 関連分類:

ヘルシンキ並びにフィンランド全土はラップランド北部を除けば地形はどこでも似ています。

 

全体的に平らです。が、平野でもなく、高低差の少ない丘と谷があっちこっちにある感じです。

 

ヘルシンキ中央部も同じ感じでカンッピエリアは少し高めでヘルシンキ中央駅周辺はちょっと低めと言った感じです。

 

その中で、ヘルシンキ市中心街近辺で最も高い丘はカッリオエリアにあり、その頂点に立つのがこのカッリオ教会(Kallion Kirkko)です。

 

 

見学者レビュー

ガイドブックに載せられていないスポットということもあり、情報が少ない場所なので、実際に見学した方々のコメントをトリップアドバイザーからいくつか引用させて頂きます。

 

「地下鉄ハカニエミ駅で降りて周囲を見渡したら、坂の上にこの教会が見えました。あまりに巨大なので興味が湧き、近くまで行ってみることに。実際近くまで行ってみると、遠くから見た印象を超える巨大さ。写真を撮ろうとしたらフレームからはみ出たので、かなり後ろに下がりました。早朝だったせいか周辺に通行人は少なく、観光客の姿もありませんでしたが、教会には地元の人がぽつぽつと入っていっていました。」(by suzusuさん)

 

「現地の方に連れて行って貰いました。大学でアートを専攻している人が是非行って欲しいと望まれました。丘からの眺めも含め素晴らしい教会でした。」(by アンジェラかげさん)

 

 

沿革

フィンランド独立前の1908~1912年間に建設されたカッリオ教会はヘルシンキのカッリオエリアの教会で、当時はヘルシンキ市街の最北端に位置しています。

 

国家ロマンスタイルの建築様式を持つカッリオ教会は質感も質量も兼ね持つ灰色花崗岩によって建てられました。

 

 

高さ65メートルを持ち、ヘルシンキ市中心エリアで最も高い海抜29メートルの丘の頂上にあるため、最高点が94メートルもあるのでヘルシンキの最も高い建築物の一つです。

 

その高さが活用され、二次大戦時に対空防衛点が設置されたり、戦後は1970年代まで地形計測にも利用されたりしていました。天気がいい時80キロ南のエストニアまで見えるそうです。

 

1100席を持つカッリオ教会は現在宗教活動はもちろん、音楽演奏会の会場としても利用され、地元の人々の良く通う場所の一つです。

 

 

詳細

カッリオエリアはハカニエミエリアと隣接しているため、地下鉄でハカニエミ駅で降りれば歩いて行けます。

 

ハカニエミ駅はヘルシンキ中央駅から地下鉄で2駅ほど離れている場所です。中央駅から徒歩でも約20分ほどで着きます。

 

高さ30メートルの丘を登りたくなければ、ヘルシンキ中央駅から3番もしくは9番のPasila行きのトラムに乗れば教会のすぐ横にあるトラム駅「Karhupuisto」まで行けます。(Karhupuistoはフィンランド語で熊の公園という意味です)

 

 

  • 開館時間:月~金7:00~21:00、土日9:00~19:00
  • 住所:Itäinen Papinkatu 2, 00530 Helsinki
  • 地図

 

関連記事

石の教会(Temppeliaukion Kirkko)はすでにヘルシンキのトップ観光スポットになり、非常に人気の高い場所です。その理由も通常の教会と異なる作りで、なんと一枚岩に教会ごと埋…...続きを読む
ヘルシンキ市の代表写真によく登場するもののその名がほとんど知られていない場所・建物があり、それが今回ご紹介したい「セントヨハネス教会」です。ヘルシンキ中央駅からは徒歩…...続きを読む
ヘルシンキのシンボルと言えばヘルシンキ大聖堂が思い浮かびますが、ヘルシンキ大聖堂はヘルシンキで最も歴史が長い教会ではないです!最も古い教会はオールド教会です。英語では…...続きを読む
ウスペンスキー寺院の全体写真
ウスペンスキー寺院はフィンランドのロシア正教の主要教会でありながら、ヘルシンキの一つ重要な観光地でもあります。その建築様式、内部の装飾、雰囲気などを簡単に紹介します。…...続きを読む
カッリオエリアはヘルシンキ市中心街近辺で最も高い丘にあり、その頂点に立つカッリオ教会。最高点が94メートルもあるのでヘルシンキで最も高い建築物の一つです。ハカニエミエ…...続きを読む
ヘルシンキ大聖堂の正面
ヘルシンキに来たら、やはり「ヘルシンキ大聖堂」は外せない観光スポットです!見て回るのも楽しいですが、ヘルシンキ大聖堂について名前、歴史や建築様式などを含めて紹介してい…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら