アラビアムーミンマグカップ1999年 歴代非限定品

公開日:2018年12月20日  関連分類:  

1999年に販売開始がされた4つのキャラクターのマグカップですが、デザインがかぶらないようにそれぞれ色が違い、またどの面からみても何のキャラクターのマグカップがわかるようにデザインされています。

 

  • 1999年:思考中のムーミンパパ(Moominpapa in his thoughts)(2013年販売終了)
  • 1999年:ムーミンママとベリー(Moominmama and berries)(2013年販売終了)
  • 1999年:氷の上のムーミントロール(Moomintroll on ice)(2012年販売終了)
  • 1999年:滑るリトルミィ(Little My Sliding)(2007年販売終了、2011年に再販売)

 

 

 

 

1999年:思考中のムーミンパパ(Moominpappa in his thoughts)

 

トーベ・スロッテはムーミンパパの帽子の黒と合うようにマグカップも黒を選びました。

 

ムーミンパパが思考中の様子は第12話の『Moomin and the Sea (ムーミンパパ海へ行く)』より使用されています。

 

『ムーミンパパ海へいく』の中で、ムーミンパパは島で起こった様々な現象に疑問を持ち、常に「なぜ」と考えていました。

 

それは海のことであったり、大きくて底が見れない穴のことであったりします。

もし『ムーミンパパ海へいく』を読まれたことのある読者であれば、今回のデザインで使用されたよく考えているムーミンパパの姿も良く頭に浮かび上がるでしょう。

 

2013年に販売は終了しています。

 

 

※写真はMoomin.comより引用。

 

 

1999年:ムーミンママとベリー(Moominmama and berries)

 

 

※写真はMoomin.comより引用。

 

ムーミンママがベリーを集めている様子は、トーベ・ヤンソンの1970年代のスクラップから、その背面はムーミン谷の冬よりデザインが使用されています。

 

ムーミンママは食べ物を作るのが大好きです。

家族や友達たちに美味しい食べ物を食べてもらいたい気持ちが先にあるでしょう。

 

ムーミンママは毎年いつも木苺ジュールをたくさん作ります。

そのジュースを冬まで飲んだりします。

 

今回のデザインはそのベリー採集のワインシーンを描いています。

 

2013年に販売終了しています。

 

 

 

 

1999年:氷の上のムーミントロール(Moomintroll on ice)

 

 

※写真はMoomin.comより引用。

 

ムーミンコミック第5話「Moomin’s Winter Follies (やっかいな冬)」から採用されたムーミンの様子が描かれています。

 

通常冬に冬眠するムーミンが氷を見るとやはり特別な感じがします。

凍結した湖の上に立つこともなかなかないことです。

 

マグカップのもう1つの面には可愛らしいムーミンの後ろ姿がデザインされています。

このデザインは コミック第一話「Moomin and the Brigands (ひとりぼっちのムーミン)」より使用されています。

 

2012年に販売は終了しています。

 

 

1999年:滑るリトルミィ(Little My Sliding)

 

 

※写真はMoomin.comより引用。

 

リトルミィが勢いよく滑っている様子はムーミン谷の冬より、そして背面にデザインされている後ろ姿はコミック第17話「Moomin and the Comet (彗星が降ってくる日)」より採用されています。

 

リトルミイはいつも自分の時間を楽しんでいます。

たとえそれは自分でも経験したことのない冬でもです。

 

みんながどうなっているにも気にせず、雪によってできた大自然の滑り台ができていればまず滑りに行きます。

段ボールであまり滑らなければムーミンママの銀のプレートを借りて滑ります。

 

自分の時間を楽しむことにとても上手なリトルミイです。

 

 

2007年販売終了しましたが、フィンランドのスーパーマーケットチェーン店であるシティーマーケットの記念日を祝して2011年に再販売されました。

 

 

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミンのアニメはよく知られていますが、ムーミンの小説を読まれたことはありますか?ムーミンのことを知るなら小説を読むのがベストですが、全部読むとやはり時間がかかってし…...続きを読む


原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目で、『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトルミイの出番が増えてきたのが本作『ムー…...続きを読む


ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのですが静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。それはムーミンが目を覚まし、それっき…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む


ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。













ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら