エスプラナディ公園 フィンランド最も人気な公園 ヘルシンキ観光

公開日:2018年10月18日  関連分類:   

ヘルシンキ市の「銀座」のようなエリアのすぐ横にあるエスプラナディ公園Esplanade Park)はフィンランド最も人気な(もしくは最も人間の密度が高い)公園と言っても過言ではありません。

 

エスプラナディ公園はその人気の高さと絶好な立地によって、どんな季節でも毎日大勢な観光客とローカル住民で賑わっています。

 

エスプラナディ公園はヘルシンキ中央駅から南方向へ徒歩僅か6分で到着できます。

エスプラナディ公園は東西方向に伸びる細長い公園で、西にはスウェーデン劇場、東にはマーケット広場と隣接しています。

エスプラナディ公園の南や北側には多くの商店が林立し、特に北側はヘルシンキの銀座のような雰囲気が漂う高級ブランドのお店が目立ちます。

南側には様々なお店やレストラン以外にオフィス街でもあり、多くの企業が入居しているエリアになります。

 

※写真は10月ごろの雰囲気。

 

エスプラナディ公園の敷地内には銅像、芝生、ベンチ、公衆トイレ以外にパフォーマンスのステージ、そしてカフェレストランのカッペリがあります。

パフォーマンスを楽しむことも、芝生で日向ぼっこしてリラックスすることも、コーヒー一杯飲むこともランチ食べることも全て満足されることが可能な公園です。

 

 

 

エスパステージで無料コンサートを楽しむ!

エスプラナディ公園の東側マーケット広場に接続するエリアで、カフェレストランカッペリの前に「エスパステージ」があります。

エスパステージはヘルシンキ市が運営する無料文化、音楽パフォーマンスが提供される場所です。

 

音楽、コンサート、パフォーマンスに興味あるフィンランド人でも外国人でもステージの使用に申し込むことができます(無料もしくは少額な費用が掛かるかもしれません)。

このステージで上演されるパフォーマンス、コンサート、ショーなどは全て無料です。

 

 

コンサート及び音楽パフォーマンスは主に5月~9月に開催され、主に毎週火曜~金曜の昼12時、16時30分と19時に上演されます。日曜日は12時と15時開演となります。

もちろん、ヘルシンキデーなどヘルシンキ市内のイベントが開催される際にエスパステージもイベント会場として使用され、様々なパフォーマンスが行われます。

とくに有名なのは「フィンランドで最も長いジャズイベント」である「ジャズエスパ」です。

 

なお、冬の時期には主にアート展示などが開催されます。

 

開催イベントの予定及び詳細は「Espa stage」をご確認ください。

 

 

 

有名な銅像を見つけ出してみよう!

エスプラナディ公園の中に多くの銅像及び彫刻が設置されています。

そのうちの有名な二つを簡単にご紹介します。

もし機会があれば是非エスプラナディ公園で探してみてくださいね!

 

まずは公園のど真ん中にある大きいな銅像があり、彼はスウェーデン系フィンランド人の「ユーハン・ルードヴィーグ・ルーネベリ」(Johan Ludvig Runeberg)です。

彼はフィンランドを代表する詩人で、彼の1848年に書かれた長編詩『ストール旗手物語』で、冒頭の「我が祖国 母なる大地よ」という文言がその後フィンランド独立時に制定した国歌にも使われました。

また、フィンランドで毎年の1~2月によく食べるお菓子「ルーネベリタルト」は彼の名前に由来しています。

 

 

エスプラナディ公園の西側には「Eino Leino」の銅像があります。

彼は19~20世紀に渡り、フィンランドの著名な作家、ジャーナリスト、評論家です。

彼の著作は幅広く、詩、小説、脚本、エッセー、翻訳などに渡り、フィンランド文学界に大きいな影響を及ばしています。

 

 

 

暖かい日にはピックニックが最高!

繁華街からのアクセスがとても便利で、広すぎないので待ち合わせしやすいなどのメリットによって、ヘルシンキ市内ではピックニックにとても人気の高い場所です。

 

近くにも多くのスーパーがありますので、飲み物やお菓子を軽く買っておけば、エスプラナディ公園では何時間もピックニックできます。

特に夏の天気がいい日は幸せ以外何物でもありません

 

 

実際に筆者も昔に一回友人たちとエスプラナディ公園でピックニックしました。

夏は日が長いので、18時スタートして終了したのはもう深夜近くになりました。

雑談して新鮮な空気を吸って暖かい日を楽しんでとても幸せで贅沢な時間でした。

 

 

公園自体は大きくなく、著名観光地のヘルシンキ大聖堂マーケット広場オールドマーケットhオールなどからとても近いので、是非機会があれば訪ねてみてくださいね。

 

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら