ヘルシンキ市内プチ冒険!Mustavuoriの一次世界大戦の遺跡へ!ヘルシンキの工業港を一望する絶景も

公開日:2020年5月11日  関連分類:

上から見るヘルシンキMustavuori洞窟

上から見るMustavuori洞窟の様子。隠れ場所としては最適ではないでしょうか。

 

ヘルシンキはフィンランドの首都であり、人口数も人口密度もフィンランドで一番高い町です。

 

そんなヘルシンキには実にほとんど知られていない遺跡があります。

(もちろん近くに住んでいる現地住民なら知っているはずですが)

 

 

それは「Mustavuori」という場所です。

Mustavuoriはフィンランド語で黒い山という意味です。

直訳するとブラックマウンテンっていう名前になるでしょう。

 

なんとも神秘感が溢れる名前ですね。

 

 

※キートスショップ主催ヘルシンキ現地ツアー

せっかくフィンランドに旅行に来たのだから、首都ヘルシンキ以外も訪問したいという方におすすめのページです!ヘルシンキから行ける日帰りオプションツアーや、日帰りで訪れるこ…...続きを読む

 

 

 

 

筆者も今までこのMustavuoriには行ったことがありませんでした。

そしてネットで調べる限りMustavuoriには第一次世界大戦の時に残された遺跡があるそうです。

ネットで写真を見るだけでもなかなかすごい雰囲気が感じられるので、探検しに行ってみることにしました。

 

 

Mustavuoriはヘルシンキの東側にあります。

実は地下鉄に乗って終点駅から降りればそんなに遠くない場所です。

 

ただ、この近辺に住んでいなければなかなかMustavuoriに行く理由もきっかけもないでしょう。

 

 

ヘルシンキMustavuori洞窟の出入り口

Mustavuori洞窟の出入り口

 

 

運動を兼ねて筆者(ケン)は家から自転車で行きました。

片道の距離は約14キロで、約50分間の道のりでした。

 

最近はフィンランドの気温も上がり天気も良く自転車に乗っているとこの町の景色も身近に見て感じることができるので最近は筆者のマイブームです(笑)

 

 

Mustavuori自体は一つの森林エリアです。

このエリアは人間が定住したことがないので、その姿も原始的な状態のままです。

 

このエリアの土壌には豊富なミネラルが含まれているため、植物の成長に非常に良く植物の多様性も豊富です。

わらびが多いのがひとつの特徴ですね。

 

 

ヘルシンキMustavuoriのわらび

Mustavuoriの土壌には豊富なミネラルが含まれるため、植物の種類も豊富です。

 

 

そしてMustavuoriの神秘的な場所といえば、その第一次世界大戰に残された洞窟でしょう。

 

その洞窟は一つの丘の真ん中にあり、地表から深さが約15メートルくらいあります。

出入り口が狭く、一人が通れるぐらいの幅しかありません。

 

 

出入り口と洞窟の形状を見るとこの洞窟は防御用や要塞用ではなく、隠れる場所だろうなと思います。

 

 

ヘルシンキMustavuori洞窟内部

Mustavuori洞窟内部

 

 

そしてMustavuoriの横には一つの丘があります。

Vuosaarenhuippuという丘です。

 

フィンランド語の意味はVuosaariの頂という意味で、Vuosaariはこのエリアの名前ですね。

 

 

 

 

その丘の高さは約60メートルで、ヘルシンキ東側の森とヘルシンキの工業用港を一望することができます。

港は工業用なので、コンテナや大きいな船、工業施設などが見れます。

 

 

ヘルシンキVuosaarenhuippu丘の頂からみるヘルシンキの工業港

Vuosaarenhuippu丘の頂からみるヘルシンキの工業港

 

 

ヘルシンキにはほとんど丘がありませんので、このような地形を眺望する場所は非常に貴重です。

このような丘に登るとフィンランドは本当に平らで森に覆われる国だなと実感します。

 

 

現地のフィンランド人もよくMustavuoriの森に散策しに来ますし、Vuosaarenhuippuもう登ったりします。

スポーツ好きな人はマウンテンバイクで森をくぐり抜け、丘にのぼり、また降ったりして楽しみます。

 

 

 

 

Mustavuoriへのアクセス

ヘルシンキ中央駅からは地下鉄20分でMellunmäki駅下車し、さらに徒歩20分かかるので、少し距離はありますが、ヘルシンキに住んでいる方もしくは長期滞在の方はお時間があれば是非ここに探検しに来てみてください。

 

 

 

 

Mustavuoriの森はある程度の広さがありますので、一周回っても約1時間もしくは2時間かかります。

もしVuosaarenhuippuの丘も登って周りの景色を見てみたいなら3時間ぐらい時間を考えた方が良いでしょう。

 

またこの場所にはトイレなどありませんのでご注意ください。

そして、お水と何かお菓子を用意しておいた方がいいでしょう。

夏の時に来る場合は蚊が多いので虫除けも是非ご用意ください。

 

 

MustavuoriとVuosaarenhuippuの景色と雰囲気を体験できる動画も作成しましたのでよろしければぜひご覧ください。

 

 

 

 

ヘルシンキMustavuoriの散策路も広くて歩きやすい

Mustavuoriの散策路も広くて歩きやすい

 

関連記事

  アラビア旧工場は日本からの旅行者がよく訪ねる場所です。   そこの1階にはイッタラショップやフィンレイソンのアウトレットがあり、最上階にはデザイン博物館のア…...続きを読む
6月に訪問するのがおすすめのAlppiruusupuisto公園。つつじをみることができ、ヘルシンキ中央駅からは電車で1本から徒歩7分の所にあります。この公園の雰囲気がわかる写真と共に…...続きを読む
5月から9月の夜におすすめの散歩道。「ローカルフィンランド人の生活に近接する」「ゆっくり気楽にお散歩」「綺麗な夕日が見られる(天気が良ければ)」が特徴のルートです。
ヘルシンキ中央市街から徒歩わずか15分でたどり着けるKatajanokka海浜公園。昔は絨毯洗濯場があったエリアで島全体を歩くとわずか30分から1時間程度です。散歩後におすすめのカフ…...続きを読む
これまでにたくさんの散策場所を紹介してきましたが、今回はVuosaari(ヴオサーリ)付近の海沿いにあるUutelaと、夏に楽しめるアクティビティについて紹介したいと思います。ヴオ…...続きを読む
ヘルシンキ中央駅からトラムで15分で到着。スオメンリンナもみれるこのルートではおすすめのカフェやレストランもあるので散歩の休憩にどうでしょうか。天気が良くて風が強すぎな…...続きを読む

お薦め北欧ノート

オシャレなカフェでお仕事やお勉強をするときにオシャレなノートブックをご一緒にいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら