フィンランドの新しいスーパーフード?!ローズヒップ

公開日:2019年12月7日  関連分類: 

 

フィンランドには色々なベリーがあることで有名ですね。

その中でも代表するのがブルーベリーやラズベリー、リンゴンベリーなどですが

ローズヒップもフィンランドではとても知られてる身近なベリーなんですよ。

 

ブルーベリーが身体に良いことはフィンランド人皆、承知の上。

しかし、ローズヒップもまたとても身体に良いんです。

フィンランドでは一体どのように認知され、

どんな風に食べられているのかをご紹介いたします!

 

 

 

 

フィンランドでは結構どこでも目にするローズヒップ

みなさん、ローズヒップと聞いて思い浮かぶのは「お茶」じゃないでしょうか?

ローズヒップティは世界的に見ても有名ですよね。

美容のお茶とも言われていますから女性なら一度は耳にしたことがあると思います。

 

フィンランド語でローズヒップはルースンマルヤ(Ruusunmarja)と言います。

 

フィンランドでは「ローズヒップ=お茶」ではないのです。

なぜなら、

お家の庭に生えていたり、道の角にに生えていたり、観賞用として育てられていることが多いからです。

もちろん、食品として育ててらっしゃるところもあります。

そしてスーパーに行けば、ローズヒップのヨーグルトやヴィーリ(Viili)、ジャムも売っています。

 

日本ではフィンランドといえばブルーベリーと言われていますが

実はローズヒップ、フィンランド人にとってとても身近なベリーのひとつなんです。

 

 

 

 

フィンランドでスーパーフードと言われる訳

フィンランドのニュースでは、

ローズヒップは秋の驚くべき健康爆弾!

と見出しがついて取り上げられていました。

爆弾?!

 

名前がローズヒップというだけあってバラ科の植物です。

夏にピンクの花がつき、秋にはローズヒップの赤い実がつきます。

寒くなって霜が降りてしまうと果実の取り扱いが難しくなるので、

秋から冬がくる手前で収穫するのがベストだと言われています。

見た目はプチトマトのような、なんとも可愛らしい姿です。

 

この可愛らしい実の中にはビタミンがかなり豊富に含まれています。

特にビタミンCが多く、

新鮮なローズヒップの実には人が毎日必要とするビタミンCの14倍!!

100gあたり1100〜2000mgなんだそうです。

ちなみに、オレンジは100g中54mgのビタミンCです。

 

その他にも、

ビタミンAベーターカロチンが豊富で人参と同じくらいくらい含まれています。

そして、トマトよりも多く含まれるリコピン抗酸化物質。

食物繊維はライ麦パンかのように豊富。

カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、ビタミンE、などなど

 

もう、色々と含まれていて栄養素が凝縮されているんですね。

良い意味で「爆弾」と見出しが付くのもわかります。

 

 

 

 

ローズヒップを摂取すると効能はいかに?!

ビタミンが豊富なので風邪などで発熱した時や疲労回復によ良く、

お肌の状態を整えるのにも効果があります。

 

そして、乾燥させたローズヒップのパウダーは

関節炎や関節リウマチの症状がある方におすすめ。

関節の炎症と痛みを軽減させるようで、これらはローズヒップに含まれる

ガラクトリピドという成分が効いているとのこと。

 

更に、Aftonbladetによると、ローズヒップは心臓を保護し、

癌組織を死滅させる助けをする効果がある、といくつかの研究で発見されたようです 

 

 

 

 

ローズヒップは多機能ベリー

ローズヒップ、フィンランドでは、そのまま食べることはまぁありませんが

塩辛いお料理とも相性が良いです。

いくつかのスパイスと組み合わせてピューレのようにしてサーモンにかけても良いですね。

 

もちろん、ローズヒップの実を使ったケーキもフィンランドにはありますよ。

 

乾燥させて粉末状にしたものは、お茶にしても良いですし

飲むヨーグルトに混ぜても良いでしょう。

 

そう、乳製品との相性は抜群で定番中の定番です。

ローズヒップのアイスクリームもありますので

もしフィンランドに来られたらスーパーなどで探してみてください。

癖がなくて本当に食べやすいですよ!

 

 

参考・引用:yle -Ruusunmarja on syksyn yllättävä terveyspommi

参考・引用:Iltalehti -Uusi supermarja? Ruusunmarja on huipputerveellinen

 

 

関連記事

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












関連記事

フィンランドで有名なベリーはブルーベリーですが、ローズヒップも立派なベリーの仲間。街を歩くと必ず道の途中で見かけるぐらいフィンランドでは身近なスーパーフードなんです。
フィンランドのヤロスタヤ社から4種類のムーミン食事パックが発売されました!「子供たちがすぐに食べられる食事を」というコンセプトで、4種類の味とムーミンの可愛いパッケー…...続きを読む
フィンランドで人気の「オーツ食品」、ムーミンの小説を読んだことがある方にはわかると思いますが、ムーミンたちもよくオートミールを食べるのです。今回筆者がスーパーで見つけ…...続きを読む
フィンランドにある「よくわからない食べ物」を食べてみて、フィンランドの謎的な食べ物を解明し、その実態をご紹介していきます。(フィンランドの謎的な食べ物というより、筆者…...続きを読む
  「オーツ麦」(OATS)は聞いたことありますか?   日本ではなじみのない「オーツ麦」ですが、フィンランドではひそやかに流行っています。       &nb…...続きを読む

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら