ニョロニョロとムーミン谷の住人との関係は? ニョロニョロが悪く思われている!?

公開日:2018年4月5日  更新日: 2018年05月29日 関連分類: 

みなさんは、ニョロニョロについてどのくらいご存知でしょうか。

 

白くて細長い体と短い手、どこを見ているかわからないような虚ろなひとみ。

 

そして、何も言わず、ただユラユラと揺れている。そんなイメージでしょうか。

 

今回は、ムーミン谷でも謎の多い生きものニョロニョロと、ムーミン谷の住民たちの関係についてお話ししたいと思います。

 

※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

ニョロニョロというのはどういう生き物?

まず、ニョロニョロはニョロニョロであり、ほかの何者でもありません。

 

彼らのことを言葉で説明するには、わからないことがありすぎる、と言ってもいいでしょう。

 

ニョロニョロたちの特徴については、こちらの記事でご紹介していますので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

人気キャラクターのニョロニョロですが、実際何なんだろう?とふと疑問に思い調べてみた記事です。同じ疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?ニョロニョロは何も食べな…...続きを読む

 

 

商品ページ:ムーミンエコバッグ:ムーミン原画(ブラック) / Blue House / フィンランド 北欧

 

 

ニョロニョロとムーミン谷の住人たち

彼らはムーミン谷で見かけることはありますが、住人であるかといえば、そうではありません。

 

では、ほかの住人たちはニョロニョロのことをどう思っているかと言いますと、決して快くは思っていないようなのです。

 

ニョロニョロのことを話すムーミン谷の住人たちからは、ひとつもいい噂は聞こえてきません

 

穏やかな印象のミムラねえさんでさえも、「ニョロニョロたちは、たちの悪い人生を送っていて、他人の考えを読み取れる」なんて話していたりしますが、こんな具体的なことを話しながらも、実のところ、ニョロニョロたちのことを本当の意味で理解している人などいないのです。

 

だって、ニョロニョロたちは他の住人たちに向かって、特別何かをするわけでもなく、ただユラユラと漂っているだけなのです。話すこともしないし、何か特別にアクションを起こしてくることもありません。

 

 

 

そう、こちらから何かちょっかいをかけない限りは滅多に関わってくることはないのですから、わからないのだって、当然な話なのです。

 

では、どうしてあんなに嫌われているのでしょう。

 

特別な悪さをするわけではないというのに。

 

悪名名高いあのスティンキーだって、ニョロニョロたちほど陰湿にみんなから嫌われてはいないような気がするほどですから、不思議ですよね。

 

 

ここからはあくまで考察でしかないのですが、ニョロニョロたちが嫌われる理由、それは一重に「不気味であるから」、「正体がよくわからないから」ではないでしょうか。

 

外見もそうですが、喋らないから何を考えているかわからないし、彼らがしている当てもなく、果てのない旅の目的だってわかりません。

 

人は、自分では理解できないものに対して、恐怖心や嫌悪感を抱きます。

見たこともないような幽霊を怖いと思うのも、こういった心理が働いているといわれています。

 

ムーミン谷の多くの住人たちもきっと、よくわからないニョロニョロたちのことを「ろくでもない存在だ」と決めつけることで安心し、距離をとろうとしているのではないだろうか、と思うのです。

 

ろくでもないのだから関わらない方がいい……というか、関わらないで済む。そんな風に考えているのでしょう。

 

商品ページ:ムーミン マグ カップ : ストックマン150周年 2012年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

そんな、不思議で嫌われ者のニョロニョロたち。

 

それでも、彼らに興味を抱いたり、関わろうとしたりするキャラクターもいたりしますから、そこはこれから、少しずつご紹介していこうと思います。

 

ニョロニョロたちについて興味が出てきた方は、ぜひまた読んでみてくださいね。

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら