5分でわかるフィンランド:フィンランド語ってどんな感じの言語なの?

フィンランドは人口わずか550万人でとても小さい国で且つ地理位置は遥かに北なので、なかなか訪ねることも少ないでしょう。

そのため、「フィンランド語」を聞いたら、「何それ!?」とまず感じるでしょう。

今回はフィンランド語ってどのような言葉かをざっくりご説明します。

発音はとても簡単

基本的に発音はとても簡単です。

フランス語みたいに発音とアルファベットと全然違うこともなければ、中国語みたいに4種類ものアクセントがあるわけでもありません。

「全てアルファベットの通り読めばいいです!」

アクセントは質問でも普通のセンテンスでも全て最初に強めで徐々に下げていくのみ。

日本人にとって最も難しいのは「R」音はスペイン語と同じように舌を震えわせるので、ちょっと難しいです。舌さえ震わせることができれば、フィンランド語の発音はもう楽勝でしょう。

舌をうまく震わせられなくてもフィンランド人は普通に聞き取れるので、特に問題ありません。

英語と全然違う

アルファベットを使う言語の多くはラテン語系で多かれ少なかれ英語に似ている部分があります。

下記の例を見ればわかりやすいでしょう。

英語 University
ドイツ語 Universität
フランス語 Université
スペイン語 Universidad
イタリア語 Università
スウェーデン語 Universitet
デンマーク語 Universitet
ノールウェー語 Universitet
ポーランド語 Uniwersytet
フィンランド語 Yliopisto

お分かり頂けたのでしょうか。

フィンランド語は他のラテン語系言語と全然違うでしょう。

実はフィンランド語はアルファベットを使っていますが、ラテン語系ではないです!

ウラル語系だそうです!世界中で似ている他の言葉はエストニア語、ハンガリー語とトルコ語だそうです。

そのため、フィンランド語を勉強する時に単語を覚えるのにかなり苦労します。英語の基礎があっても関係ないので、ゼロからの再スタートになりますね。

何より文法が難しい

文法が難しいというのは単純に「ルールが多い」だけです。

例えば、日本語の動詞は3グループに分類されますが(参考:東京外国語大学言語モジュール)、フィンランド語の動詞には6グループがあります。

それぞれのグループの動詞は表したい意味によって変形しますので、フィンランド語の動詞を使う時に日本語の動詞より倍の数のルールを覚える必要があります。

更にフィンランド語では主語に合わせた変形も動詞に起こります。日本語の動詞は主語「私」「あなた」「彼・彼女」「我々」「あなたたち」「彼ら」によって変化しませんが、フィンランド語では変化します。

それだけではありません。

フィンランド語の動詞にもう一つ変形します。単語の中にKやPやTが入っていると状況によって変形します。

そのため、「私は勉強します」というとても簡単な言葉を言おうとするときに、フィンランド語では、「勉強する」という動詞はどのグループ?「私」に合わせた変形は何?単語の中にKやPやTがある?更なる変形は必要?などたくさんのことを確認しないと正しく言えません。

このような煩雑なルールが名詞や形容詞にもたくさんあるため、フィンランド語が難しいわけです。

ただし、難しいというのは「時間がかかる」だけで、できないわけではありません!

続けて勉強しながら練習すれば徐々にうまくなっていくでしょう。

フィンランド語って必要?

一言で言えば、「フィンランドに5年以上住む予定がなければ要りません」。

基本的に英語でかなり通用しますので、5年以下しか住む予定のない方はフィンランド語の勉強に莫大な時間をかける必要がありません。

しかし、5年以上長期滞在する予定の方はやはり少しずつ勉強していきましょう。

生活ができても社会に溶け込み、完全な自由を得るにはやはりフィンランド語が必要ですね。

お薦めグッズ

オシャレなカフェでお仕事やお勉強をするときにオシャレなノートブックをご一緒にいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られていますが、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品の発掘に力を注ぎ、まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら