ヘルシンキのフリーマーケットでローカルライフを満喫!

公開日:2018年6月20日  関連分類:  

海外へ旅行する際に、著名な観光地を訪ねるのはもちろん大事で楽しいですが、空き時間をうまく利用してそれぞれの町のローカルライフを見てみるのも楽しいでしょう。

 

特に観光地だけでは見れない、感じられないローカルライフにしか見れない社会文化や雰囲気があります。

 

ヘルシンキも同じで、著名な観光地と言えば「ヘルシンキ大聖堂」「ウスペンスキー寺院」「石の教会」「スオメンリンナ」などがあることに対し、ローカルライフの部分を言えば「フィンランドの森」「公衆サウナ」「公園でのピックニック」などが挙げられます。

 

今回は上記に加え、ヘルシンキの「フリーマーケット」に通じてヘルシンキのローカルライフをご紹介したいと思います。

 

Aleksis Kiven kadun kirppisより引用。

 

 

ヘルシンキのフリーマーケットについて

ヘルシンキは大きくない首都ですが、毎年の夏に多くのフリーマーケットイベントが開催されます。

 

決まった日しかやらないフリーマーケットもあれば、毎週の週末のみ開催、もしくは毎日営業のフリーマーケットもあります。

 

クリーニングデー(8月25日)

クリーニングデー」というイベントはリサイクル、不用品の再利用、セカンドハンド用品の流通を促進するためのイベントです。

 

クリーニングデーは「レストランデー」に似たようなコンセプトで、この日に限って誰てもどこでも無料でフリーマーケットを出店することができます。

2018年には5月26日と8月25日のみの開催となります。

どこでも出店できますが、もちろんある程度お店が集まらないと人も来ないので、基本的に人気のある公園などでお店が集まり、フリーマーケットとなります。

 

また、クリーニングデーはヘルシンキだけではなく、フィンランド全土に渡って開催されますので、ある程度規模のある町であれば、フリーマーケットがこの日に現れます。

 

 

Aleksis Kiven kadun kirppisより引用。

 

Aleksis Kiven Katuフリーマーケット:夏季毎週日曜日

ヘルシンキ中央駅からわずか3駅目で5分で行けるSörnainen駅から徒歩5分程度のDallapénpuisto公園では夏季期間中に毎週日曜日にフリーマーケットが開催されます。

 

出店無料で、且つ場所のアクセスがとても便利なため、毎週の日曜日に多くの人々で賑わっています。

筆者も連続数週間の日曜日この場所を通りかかっていましたが、毎回賑やかなフリーマーケットを目にしています。

 

しかも、人気がとても高いため、飲食店までも出店してきています。

 

  • 開催日:2018年5月6日~9月30日の毎週日曜日
  • 時間:11:00~18:00
  • 住所:Teollisuuskatu 1, 00101 Helsinki
  • 地図

 

Aleksis Kiven kadun kirppisより引用。

 

 

ハカニエミ広場フリーマーケット:夏季毎週日曜日

ヘルシンキの市中心から近いハカニエミエリアの広場でも夏季期間中に毎週日曜日にフリーマーケットが開かれます。

 

こちらのフリーマーケットは管理されていて、形に少しオフィシャル感があります。

出店するにも少しの料金がかかるそうです。

 

また、隣にハカニエミマーケットホールがあるため(現在ホールはリニューアル中であるため、横に仮設マーケットホールがあります)、ついでにハカニエミマーケットホールを覗いてくることもできるので便利です。

 

  • 開催日:2018年5月13日以降の毎週日曜日
  • 時間:10:00~16:00
  • 住所:Hakaniementori, 00530 Helsinki
  • 地図

 

Hakaniemen Kirppisより引用。

 

ヒエタラフティフリーマーケット:毎日営業

ヘルシンキ市内にあるヒエタラフティフリーマーケットデザインディストリクトエリアの少し奥にあり、ヒエタラフティマーケットホールの前の広場で開催されます。

 

ヒエタラフティフリーマーケットはヘルシンキ市が管理している数少ないフリーマーケットの一つで、市が管理しているため、出店するには料金がかかるが、多くの専業小売店もよく出店しています。

 

ヒエタラフティフリーマーケットが他のフリーマーケットと違うのは、毎日営業です。

週末はもちろん、平日も毎日営業しています。

 

  • 開催日:夏季期間中毎日(冬季はないと思いますが)
  • 時間:
    平日:8:00~18:00
    土曜:8:00~16:00
    日曜:10:00~16:00
  • 住所:Lönnrotinkatu 34, 00180 Helsinki
  • 地図

 

いかがでしょうか。

是非ヘルシンキに旅行に来られた際に、時間の余裕があるときにヘルシンキのフリーマーケットを歩いて見て、ヘルシンキのローカルライフを味わってみてください~!

 

関連記事

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら