サウナと健康に関連する5つの研究報告をまとめて教えます!

公開日:2018年11月18日  関連分類: 

 

サウナによく入ると痩せるとか、肌にいいとか、健康にいいとか様々なうわさがあると思います。

しかし、その多くは研究データに基づかず、正しくないことが多いです。

 

実際サウナは体に様々なメリットをもたらし、健康にとてもいいです!

サウナと血圧の関係、サウナと心臓病の関係、サウナと認知症との関係、サウナと喘息との関係やサウナと関節炎症との関係など様々なデータが発表されています。

 

サウナは話してどのように健康にいいのかを発表された医学論文を元にご紹介します!

 

サウナは血圧を下げる効果があるの?

100人を対象に行った研究調査で、サウナ入浴前と入浴後30分の血圧を比べ、血圧の収縮圧が平均137mmhgから130mmhgまで下がり拡張圧の平均も82mmhgから75mmhgまで下がったことがわかりました。

入浴後30分を過ぎても血圧は入浴前よりも低い状態のままだそうです。

 

また、血管の柔軟性も測定され、サウナ入浴後に血管の柔軟性は明らかに高まったそうです。

 

 

サウナにたくさん入ると高血圧の発生率を47%も下げれる!

上記はサウナ入浴直後もしくは数日内の話ですが、長期的にサウナに入浴するとどうでしょう?

 

2017年に発表されたデータですが、1621人を平均24年間フォローした結果、週に4回以上サウナ入る人は高血圧の発生率が47%低減することを明らかにしました。

 

これらの研究データを見ると、サウナに定期的に入浴することで血管や血圧には良い効果があるそうです。

 

 

サウナは心血管にいいのか?心臓病の発生を抑えられるのか?

2015年に発表されたデータで、2315人を20年間フォローした結果、「サウナに頻繁に入る人」と「サウナに比較的に長時間に入る人」の心血管疾患発生率が低いそうです。

 

この研究ではサウナに入る頻度を「週4回以上入る」「週2~3回以上入る」「週1回以下入る」の3組に分け、サウナに入る時間の長さを「19分以上」「11~19分」「11分以下」の3組に分けて比べられました。

※サウナに入る長さはサウナ室に1回入る時間の長さではなく、休憩を挟んで何回もサウナに入室するときに、サウナ室内にいた時間の合計の長さを指しています。もしサウナ室内に一回5分間いるとして、3回の休憩を挟んで4回サウナ室に入った場合は合計20分となります。

※一回のサウナ入室で無理して長時間サウナ室にいるのは危険です。ご注意ください。

 

フォロー20年の時点心血管関連死亡の発生率は下記の通りです。

サウナに入る頻度 心血管関連死亡の発生率
週1回以下入る 36%
週2~3回以上入る 25%
週4回以上入る 18%

 

毎週たくさんサウナに入ると、長期的に心血管関連の死亡率が下がるとの結果が示されています。

毎回サウナにいる合計時間が長いほうも心血管関連の死亡率が下がる傾向が出ています。

 

参考:フィンランド式サウナによく入ると心血管疾患の発生率を下げられる?

参考:サウナに入ると心臓と血管の機能が改善される!?

 

 

サウナは認知症の発症を抑える効果もあるの?

上記と同じ研究ですが、2315人をフォローした結果、週に4~7回サウナに入る人は週に1回以下入る人よりも認知症の発生率が66%低いです。

 

しかし、サウナと認知症の因果関係はまだ究明されていないです。

 

サウナによく入ることで血管の状態が良くなったことによって認知症が発生しにくくなったのか、サウナに入り、リラックス効果によって認知症が発生しにくくなっているのかはわからないです。

 

 

サウナは風邪、喘息、肺炎にも効く!?

いくつかの研究報告によると、サウナは呼吸器の治療もしくは呼吸機能の改善にも役に立つそうです。

 

一つの研究ではサウナに入ることで呼吸量が増え、呼吸機能が改善されたと報告されています。

別の研究では、サウナに入ることで、喘息患者や気管支炎患者の呼吸機能が改善されたことを明らかにしました。

 

また、長期的に頻繁的にサウナに入ることで、慢性閉そく性気管支炎、喘息、肺炎の発生率が下がるとの報告もありました。

 

しかも、風邪の予防にも有効だそうです!

参考:サウナと健康の関係は?サウナで風邪予防?風邪を治す?

 

 

サウナは関節リウマチや頭痛にも役に立つ!?

また、他の研究報告では、サウナに入浴することが関節リウマチ、変形性関節症、線維筋痛症などの病気の痛みや症状を緩和できると示唆しています。

 

他に37名の緊張型頭痛の患者さんを対象に行った研究で、定期的にサウナに入ることは頭痛の症状を有効に緩和することができるそうです。

 

更に、未発表データですが、サウナに週に4回以上入る人は週に1回以下入る人よりも精神系の病気かかる可能性が78%も低減されるそうです。

 

参考:サウナはストレス低減に役に立つのか?科学研究の結果から教える

 

フィンランド式サウナの特徴

日本のサウナとは少し異なりますが、本研究報告は基本的にフィンランド式サウナ環境状態を元に設定されています。

 

サウナの温度は摂氏80~100度で、湿度は約10~20%です。

 

サウナ室にいる時間はサウナの温度によるが、大体5~20分間です。

そして、サウナに入っているセッションの間に体を冷やす休憩時間があります。

 

フィンランド人は一般的に週に2~3回サウナに入ります。

 

 

いかがでしょうか。

サウナはこんなに様々な面において健康にいいですね。

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。













ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら