日本の昔のムーミンアニメ、フィンランドでは低評価のわけ

公開日:2020年1月22日  関連分類:

情報・写真引用:Muumi.com -Muumi-animaatiot: Mūmin (1969-1970) & Shin Mūmin (1972)

 

フィンランドと日本、どちらでも人気度が高いアニメ・キャラクターといえば、皆さんご存知、ムーミンですよね。

 

ほとんどの方が1990年代以降に放送された、新しい方のムーミンアニメを思い浮かべる事でしょう。

もしくは、最新の2019年から放送されたムーミンの方かもしれません。

 

 

ムーミン大好き!という方はご存知かもしれませんが、実は1970年代の変わり目にも日本ではムーミンが放送されていました。

 

この初期のムーミンアニメ、実はフィンランド国内では殆ど知られてはいません。

少なくともフィンランドの子供達は知らないことでしょう。

 

それゆえに、「知っていますか?」と言う内容でメディアに取り上げられることも。

フィンランド人にとっては本来のムーミンとは全く違うイメージ、とても奇妙で時には恐ろしく感じると言われています。

 

さて、これらのイメージは特にどのようなところに現れているのでしょうか。

 

 

※結構なマイナス評価の記事内容を書いていますのでお読みになりたくない方はこちらをどうぞ。。。

ムーミンが生まれた瞬間:原作者トーベ・ヤンソンが描いたムーミンの原形

 

 

トーベ・ヤンソンが許さなかった初期のムーミンアニメ

1960年から1970年の間に、日本で制作された、「ムーミン」。

ナレーションは今は亡き、女優の岸田今日子さんでした。

このアニメをリアルタイムで見ていたという方には、「岸田今日子がナレーションのムーミン」といえばこの初期のムーミンだとピンとくることでしょう。

 

 

実は、フィンランドでこの初期ムーミンアニメが有名ではない理由、それは日本国内だけで放送されていたからという理由もありますが、

 

ムーミンの原作者、トーベ・ヤンソンにとっては結構不愉快なものでした。

そう、彼女自身も日本国外での放送は百歩譲ってギリギリ認めたものの、その他の国での放送は許可しませんでした。

 

それだけ本来のムーミンの世界が歪んで表現されていたと言うのです。

 

 

初期のムーミンアニメでは、現金で買い物することができ、フローレンの兄であるスノークが運転する自動車も登場したりと、自然豊かなムーミン谷であるべき姿が都会のようになってしまっているとトーベ・ヤンソンは感じたようです。

(「フローレン」という呼び方も日本のアニメにしか存在していません。正式名は「スノークのお嬢さん」です)

 

 

現在では、スナフキンの持つ楽器はハーモニカですが、初期アニメではギターを弾いていました。

これも原作にはない話。

 

フィンランドではニースクネイティ(Niiskuneiti)という名のフローレン、彼女の名前も「ノンノン」と言う、現在とは全く違う名前がつけられおり、これにはトーベ・ヤンソンもお怒りだったようです。

なぜなら、英語の否定的な「NOn NOn」を連想させるからと言う理由でした。

 

 

更には、本来ムーミンママがどんな自体が起きても肌身離さず常に持っていなければならない大切なバッグが初期アニメではありません。

 

それどころか、トーベ・ヤンソンの作品には出てこない人間がアニメには何度か登場するのです。

 

 

 

 

日本の初期のムーミンアニメは子供向けじゃなく大人向け

「おさびし山でムーミンたちがパブで酔っぱらう」なんてどう言うことか!?とフィンランドでは奇妙に思われたりする初期のムーミンアニメ。

 

 

度々、暴力的な場面が出てきて全体的に暗いところもフィンランドでは批判を浴びる点となりました。

特にリトル・ミイ(ちびのミイ)は従来のムーミンシリーズよりかなり暴力的で冷血なキャラクターです。

 

 

ですので、本来は子供へ向けた夢のあるムーミンの物語。

フィンランドのメディアではこの初期ムーミン、「子供向けではなく大人向け」と言われて紹介されています。

 

それはそれはもう踏んだり蹴ったりの評価となってしまった初期のムーミンアニメ。

残念でなりません。

 

 

そしてこのシリーズのアニメーターチームの中には、日本のアニメ界の神様的存在、宮崎駿がいました。

この事もメディアではちゃんと紹介されています。

現在ではフィンランドでも名高い宮崎駿。「となりのトトロ」は子供から大人までいい評価を得ているので初期ムーミンとの評価の差がちょっと驚くところでもあるのでしょう。

 

 

 

 

90年代以降のムーミンアニメは高評価されている

初期のムーミンを知る方からすると、ガラッと設定が変わっている90年以降のムーミンアニメ。

 

それもそのはず、トーベ・ヤンソンの弟であるラルス・ヤンソン(Lars Jansson)もこのアニメ制作に協力した、と言うのは大きな変化の理由でしょう。

この方の協力によってムーミンの世界観、そしてキャラクター設定、全てにおいて原作に近いものとなり、柔らかいイメージが前面に出ることとなりました

 

 

日本でも、再放送が何度もされ、フィンランドでも未だにテレビ番組で放送しています。

それも、フィンランド語・スウェーデン語のどちらの言語ででもです。

 

 

オープニング、エンディングの歌は日本と違うものの、その他は全て日本で放送したアニメと同じです。

 

この新しくリニューアルされたムーミンアニメにより、フィンランドと日本を繋ぐ、それはそれは大きな絆が生まれたことは確かです。

 

 

 

 

個人的にはどちらも違ったおもしろ味があっていいと思う

トーベ・ヤンソンの描いたムーミンの世界観はとても大切です。

しかし、いち視聴者として、私個人では「どちらも面白い」と思っています。

 

 

アニメの物語としてそれぞれ面白いと言うこともありますが、

その中でも原作自体にちゃんと深い物語がある上で、こんなにも「見比べることができる」そういった意味では違う角度からの面白さも発見できます。

 

 

残念ながら、原作者トーベ・ヤンソン、そしてフィンランド国内では異様に感じられる初期のムーミンアニメとなってしまいましたが、このマイナス評価があったからこそ、新たな、それも最高のムーミンアニメがまた作られるきっかけとなった作品でもあります。

 

 

情報・引用:Yle.fi -YLEX -Tiesitkö? 1970-luvun taitteessa Japanissa tehtiin kummallista Muumit..

 

関連記事

ムーミンパパが海に出て航海し、未知の島に上陸して探検するシーンは覚えていますか?未知の島にある知らぬもの、生物、物語が秘めていたりします。話のモデルになったヘルシンキ…...続きを読む
※ムーミンオルゴール:ムーミン谷 / ARCTIC HALL / フィンランド 北欧 ムーミン屋敷はムーミンの物語の原作者トーベ・ヤンソンが描いたムーミン一家の家で、ムーミンたちが住んで…...続きを読む
北欧フィンランド生まれのムーミンとムーミンの世界はフィンランドから深く影響を受けています。それはもちろんフィンランド人の原作者トーベ・ヤンソン本人がフィンランドの環境…...続きを読む
ムーミンの物語には人間性、愛、冒険、勇気などの要素が表現されています。しかし、もしムーミンのことを数字で表したらどうなるでしょうか?1914のトーべ・ヤンソンが生まれた年…...続きを読む
昔の日本で放送されていた初期ムーミン、実はトーベ・ヤンソンはよく思いませんでした。どう言うところが彼女に許されなかったのか、そしてフィンランドではどのように感じられる…...続きを読む
アラビアムーミンマグカップコレクターの方は、マグカップのデザインがよくムーミンコミックから選ばれていることをご存知かと思います。そのムーミンコミックですが、ムーミン小…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。













ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら