ヘルシンキ近辺唯一のスモークサウナ「クーシヤルヴィ」(Kuusijärvi)全攻略

公開日:2020年11月19日  関連分類:

 

ヘルシンキ市内や近辺には多くの公衆サウナがあります。

 

その中で筆者が最も好きでお薦めしたいのはスモークサウナのクーシヤルヴィ(Kuusijärvi)です。

 

 

筆者は自分のツアーにもこちらのサウナをご案内しています。

 

参考:フィンランドの森・サウナ日帰りツアー

 

 

クーシヤルヴィはヘルシンキン近辺で唯一のスモークサウナです。

 

フィンランドの伝統的なサウナで、すすの香りも楽しめます。

 

参考:フィンランドの電気サウナ・薪サウナ・スモークサウナを比較評価

 

 

しかし、クーシヤルヴィはヘルシンキ近郊にあるため、少し距離があり、アクセスには多少不便です。

しかも、自分で行くと心細いこともあるので、百回以上行ったことのある筆者がクーシヤルヴィサウナのやり方・攻略を詳しくご説明します。

 

 

 

 

クーシヤルヴィまではヘルシンキ中央駅からバス1本で行けます

クーシヤルヴィはヘルシンキ北側のヴァンター市にあり、少し距離あるが、ヘルシンキ中央駅からバス1本で行けるのです。

 

 

 

 

バスは「739」番のに乗ります。

乗り場は中央駅の東側にある3番乗り場です。(ヘルシンキ中央駅の正面に向かっている時の右手側)

バスは平日に1時間2本程度、休日に1時間1本程度運航しています。

 

 

ABCゾーンのチケットをアプリで買うと4.1ユーロです。

参考:ヘルシンキ市内交通手段をわかりやすく解説!まずは運賃とチケット購入方法!

 

 

乗車時間42分で、クーシヤルヴィバス停に到着します。

バスのLED掲示板には次のバス停が表示されるので、クーシヤルヴィが表示されたら下車ボタンを押して降りましょう。

 

 

サウナチケット購入、着替え準備

クーシヤルヴィに着いたらまずカフェに行きましょう!

 

カフェのある建物はクーシヤルヴィの一番大きい建物で、中にはカフェ・レストン、ロッカー(無料)、男女別の更衣室、シャワールームと電気式サウナがあります。

(ドライヤーは弱いやつしかありません)

 

 

まずはカフェのカウンターでサウナのチケットを購入しましょう!

  • 電気式サウナ:6.5ユーロ
  • スモークサウナ:13ユーロ

 

スモークサウナのチケットで電気式サウナにも入れますが、電気式サウナのチケットではスモークサウナを使えません。

 

水着やタオルが必要な方はカウンターでレンタルしておきましょう。

 

 

チケットは手首に付ける形式で、水に強い紙でシャワー浴びても大丈夫です。

帰るまで付けたままにしましょう!

 

 

 

 

ちなみに、サウナの営業時間は下記のとおりです。

  • 電気式サウナ:9:00-20:30
  • スモークサウナ:13:00-20:30

(スモークサウナには小さい小屋のサウナと大きい小屋のサウナがあり、小さい小屋のスモークサウナは毎日13時スタートですが、大きいスモークサウナ小屋は月~木15時スタート、金~日14時スタートです)

 

 

次は着替えですね。

 

更衣室とシャワーはカフェの建物にも大きいスモークサウナ小屋にもあります。

しかし、スモークサウナ小屋はカフェから50メートルくらい離れているので、先にカフェの更衣室で着替えておくと室外を50メートル歩かないといけません。

特に冬季の場合は寒いですね。

 

 

そのため、一般的に大きいスモークサウナ小屋で着替えることをお勧めしています。

大きいスモークサウナ小屋の更衣室で着替え、シャワーを浴びてそのままサウナに入れるのでスムーズですね。

 

 

もちろん、カフェの建物で着替え、シャワーを浴び、電気式サウナに入って体を温めてからスモークサウナ小屋へ移動することもできます。

この辺どうするかは自由ですね。

 

 

ただ、荷物を預けるロッカーはカフェの廊下にあるため、大きい荷物は預けておきましょう!

 

ロッカーの使い方は「C」ボタンを押し、4桁の暗証番号を押して設定し、「ロック」ボタンを押して鍵をかけます。

開ける時には同じ手順で押せば開けられます。

どのロッカーに入れたかを忘れないようにロッカーの番号も確認しておいてくださいね。

 

 

大きいスモークサウナ小屋の更衣室には貴重品用の小さいロッカーがあります。

携帯やお財布を入れることができます。

 

 

そのため、スモークサウナ小屋へ行く時に、必要なものだけ持っていくとし、他の荷物をカフェのロッカーに預けたほうが便利です。

 

スモークサウナ小屋へもっていくものは、

  • 水着
  • タオル
  • お水(水筒)

 

オプションで持っていくものは、

  • サンダル
  • サウナハット
  • サウナマット
  • シャンプー
  • ボディソープ
  • 携帯やカメラ
  • お菓子(塩分補充)

 

 

 

 

いよいよフィンランドのスモークサウナへ!

更衣室で水着に着替えたら服を壁にあるフックにかければOKです。

貴重品の携帯やカメラは小さいロッカーに預けておきましょう!

 

 

軽くシャワー浴びたら準備完了です!

(シャワー浴びないとサウナの熱によって肌がより痛く感じやすいのでご注意ください)

 

 

サウナハットとサウナマットを持参している場合は持ってサウナ室に入りましょう。

 

 

参考:フィンランド式サウナでサウナハットを使う理由とは?

参考:サウナマットを選びポイント:使う人から考える

 

 

サンダルに入ったままでサウナ室に入るのは問題ないです。

しかし、サンダルに砂がついている場合はサウナのドアの横に置かれている箱にある水で砂を落としておきましょう。

 

 

サウナドアの横の壁にサウナマットになる共用の木の板があります。

マイサウナマットがない場合、この板を使いましょう。

 

サウナのベンチが熱いので、板がないと座りにくいかもしれません。

 

 

サウナ室内はとても暗いし、床は滑りやすいので、気を付けてゆっくり歩きましょう。

 

奥には大きいサウナストーブがあり、非常に高熱ですので絶対に触れないようにですね。

 

 

サウナベンチは中の段と上の段があり、上の段は結構熱いので、最初は下の段や中の段に座り、体が慣れてきたら上の段へ移動しましょう!

絶対無理してはいけません!

 

 

それでは、スモークサウナを楽しんでください!

 

 

 

 

入る時間に決まりがないので、暑くなってきたら外で体を涼しんだり、休んだり、水分補給したりしましょう!

 

 

ストーブが高熱ですので、ロウリュを作る時に直接水をかけません。

ストーブの上に鍋が一つあり、鍋の底に穴が開いているので、その鍋に水を入れてゆっくりロウリュを作る形になります。

 

ロウリュが出ていると温度が一気に上がるので、無理せずに熱を楽しみましょう!

熱いときに頭を下げるだけでも熱を和らげられます。

 

 

サウナ内の階段は濡れて滑りやすいので、降りる際にゆっくり降りましょう。

 

 

サウナの外にはベンチがあり、ベンチでゆっくり休んでもいいですし、目の前にある湖に飛び込むこともできます。

 

 

ただ、水温が低いときには無理せずですね。

高熱状態から急に冷たい水に入ると血管が急速に収縮し、血圧が一気に上がるので、慣れていない方はゆっくり入ったほうがいいと思います。

もちろん、無理して入る必要はありません。

 

 

水分補給はこまめに。

 

 

サウナと外での休憩を何回か繰り返していくと体が徐々に疲れてきますので、そろそろと思ったらシャワー浴びて着替えれば終了です。

 

 

 

ちなみに、クーシヤルヴィでは室外エリア及びサウナではアルコール禁止です。

(気にせずお酒を飲む現地フィンランド人は普通にいるが。。。)

 

 

帰りのバス停は道路の向こう側にあり、バスの時刻は事前に確認しておきましょう!

 

 

 

最後に、やはり自分で行くのは不安な方は筆者が案内している下記のツアーをご参考ください。

 

参考:フィンランドの森・サウナ日帰りツアー

 

関連記事

フィンランドのパブリックサウナは沢山あって結局どこがいいのか分かりませんね。今回は10年以上のフィンランド在住者が自信を持ってオススメするサウナを体験談、沢山の画像、…...続きを読む
冬に訪れたヘルシンキ最新のサウナ施設Löyly。テレビで見かけるサウナ後の海飛び込み+寒中水泳を体験することができます!もちろんサウナの後にカフェ・レストランでのんびりする…...続きを読む
現在はわずかしか残っていない公衆サウナ。今回はヘルシンキのハカニエミにある公衆サウナに行ってきました。残念ながら写真撮影が禁止だったので、サウナのルールや雰囲気など文…...続きを読む
ヘルシンキのサウナ文化を忠実に再現した公衆サウナ:Sompasaunaで紹介しましたが、今回はヘルシンキの都市発展及びサウナ文化の変化について少し筆者の考えを共有させて頂きたい…...続きを読む
ヘルシンキの街を素晴らしく一望できるサウナといえば観覧車(ゴンドラ)のスカイサウナでしょう。どんなサービスがあるのかご紹介。観覧車だけの体験も素敵なのでサウナなしでも…...続きを読む
フィンランドに来たらやはりサウナは体験したいアクティビティですよね。宿泊している場所にサウナがない!公衆サウナも行ってみたい!という方にヘルシンキ市推薦の公衆サウナ4…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら