【完全保存版】 キッチンタオル の使い方(4):形を変えて楽しむ♪♪

公開日:2017年7月5日  更新日: 2018年06月06日 関連分類: 

北欧デザインを楽しむ方法の上級編です。このレベルまで来たらもはや北欧デザインキッチンタオルの達人とも言えるでしょう。

 

スタイリッシュな北欧デザインには心が惹きつけられる魅力があります。その中で自分が大のお気に入りのデザインに出会うと、使うのがもったいなくて飾り専用にしたくなります。

 

キッチンタオル本来はキッチンで使うものですが、その目的を越えて「リネン材質のシャリ感とカラフルで上品な北欧デザイン」をうまく活用すると、キッチンタオルよりもはるかにいいものが生まれるかもしれません。

 

創意工夫には制限がなく、イメージができればいくらでも作れます。ここではいくつかの例をご提示するまでです。是非オシャレな北欧デザインキッチンタオルを様々な形に変えたり、色々な場所に飾ったりしてみてくださいね。

 

ポスター

北欧デザインキッチンタオルをそのままポスターにして飾ってしまうのは最も簡単な方法です。

 

一枚のキッチンタオル(キッチンクロス)全体のデザインが好きであれば、ポスターとして飾ってみるのはどうでしょう。

 

新購入のリネン製キッチンタオルには折り目が残っているので、折り目に少し水をつけてアイロンをかければ折り目が消えてきれいになります。

 

もし壁に小さいピンを使えるならキッチンタオルをそのまま壁にピンで固定すれば完成です。もし壁にいくつかもピンで刺すことができないならキッチンタオルの上側につっぱりポール(百均で入手)を用いて糸で固定し、更に長い糸でキッチンタオルの右上角と左上角に結べばピン一つにかけて吊り下げる形で壁に飾ることができます。

 

詳細記事はこちら:北欧キッチンタオルでポスターを作って飾ってみた!

 

のれん、ドアカーテン、ドアスクリーン

廊下と部屋の間やキッチンとリビングルームの間に扉が設けられていますか?

 

空間が違うので、ちょっとしたスペースの仕切りがほしいですよね。また、扉があるにしても少しきれいに、可愛くしたいです。

 

のれんやドアカーテンに北欧デザインのキッチンタオルもその力を発揮できます。きれいで鮮やかで手軽で生活空間にプラスアルファしてみませんか。

 

詳細記事はこちら:北欧キッチンタオルをのれんにしてみた!

 

【写真(当店製品):Kierti社 キッチンタオル 青い車たち

 

 

壁飾り

達人の境界はまさにこれです。

 

北欧デザインのキッチンタオルをアート作品にしてしまいます。

 

適切なサイズに裁断し、縁に入れて壁にかけます。縁より少し大きめに裁断すれば縁に綺麗に入れます。

 

キッチンタオルのデザイン様式や飾る場所に合わせてサイズを決めればいいでしょう。

 

 

クッションカバー

無印でキッチンタオルのサイズに合わせてクッションを購入すれば、北欧デザインのキッチンタオルで世界ただ一つのクッションを作ることができます。

 

クッションのサイズに合わせて裁断し、合わせ縫いすればクッションカバーが出来上がります。

 

リネン製タオル独特のシャリ感と50%コットン材質による柔らかい触り心地は良く肌に触れるクッションカバーにうってつけです。

 

収納(巻いて収納)

一般的にタオルを収納する時に折り畳んで引き出しにしまうことが多いでしょう。しわができにくい綿製のタオルやデザイン性の薄いタオルであれば特に問題ありません。

 

しかし、北欧デザインのキッチンタオルを折り畳んで収納するのは非常にもったいないです。なぜなら、折り畳んで収納したらせっかくのきれいなデザインが見にくくなります。

 

ここで一つお薦めしたいのは「巻いて収納する」方法です。

 

収納する手間はさほど変わりませんが、キッチンタオルのデザインがより見やすくなるし、巻いたキッチンタオルをそのデザイン性を活かし、そのままインテリアにするのも楽しいでしょう。

 

詳細記事はこちら:北欧 キッチンタオル を巻いて収納してみた!

 

 

いかがでしたか?

 

完全保存版シリーズとしてキッチンタオルの使い方をたくさん紹介してきましたが、まだまだ活用方法がありそうですね。

普段の生活に北欧デザインのキッチンタオルを取り入れて、明るい雰囲気を楽しんでみてはどうでしょうか?

 

[完全保存版]:キッチンタオルの使い方

今回は機能性と美観性を兼ね持つ北欧・フィンランドデザインのリネン・コットン50%/50%のキッチンタオル(キッチンクロス、ふきん)をどのように生活で活用できるかをご紹…...続きを読む

北欧デザインにはそんな外が暗い室内の生活をできるだけ楽しむため、「飽きのこないシンプルなデザイン」「家で過ごす時間が楽しくなる」との特徴を持っています。 特別なデザイ…...続きを読む

飽きの来ないシンプルな設計が特徴である北欧デザインにはマジックがかかっているような感じで、目にかかればその明るくて楽しい雰囲気は人に移ってきます。   使う場所が変…...続きを読む

北欧デザインを楽しむ方法の上級編です。このレベルまで来たらもはや北欧デザインキッチンタオルの達人とも言えるでしょう。   スタイリッシュな北欧デザインには心が惹きつ…...続きを読む

 

 

関連記事

知っているようで実は知らない、キッチンで使う拭きものについてまとめて説明しています。「キッチン」「タオル」「ペーパー」や他のワードが色々な組み合わせて使用目的、仕様、…...続きを読む

使用者が実際に使ってみた感想を集めて共有することで、より多くの消費者にリネン製キッチンクロスの特性や特徴をご理解頂けると思い、使用体験のメリットとデメリットをまとめま…...続きを読む

リネン製キッチンタオル」と「スポンジワイプ」について使い分けや違いを、「素材」「体積」「構造」「表面形状」「サイズ」「デザイン」などの角度から詳しく分析しています。ど…...続きを読む

北欧やヨーロッパではほぼすべての家庭に使われているリネン製ふきん・タオル。なぜ家庭用ふきんやキッチンタオルにリネンが使われるかを詳しく解説します。リネンには高い吸水性…...続きを読む

日本ではまだ馴染みの少ない「スポンジワイプ」ですが、実はヨーロッパで既に広く普及し、一般家庭では必ずどの家でも使っていると言っていいほどの定番アイテムになっています。…...続きを読む

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら