【必見】ヘルシンキからプチ旅:中世絶景だらけのタリン、エストニア

公開日:2017年1月4日  更新日:2018年5月11日  関連分類: 

 

実はあまり知られていない美しい街、タリン

 

 

バルト海三小国の一つ、エストニア。その首都タリンは実にヘルシンキから近いです。

 

海を隔てているとは言え、フェリーで片道たったの2時間~2時間半!

 

ちょっと急ぎますが日帰りも可能です!(一泊したほうがゆっくり回れます)

 

フェリーの詳細は最後に!

タリンに行ったら、何といっても旧市街に行かなければいけません!

 

 

旧市街全体は中世時代の城壁に囲まれ、一定の間隔に円柱型の塔が設けられてあり、中世時代防御建築スタイルの代表の一つです。

 

城壁に上り、城壁の上を歩きながら町を眺めることもできます(Müürivahe, 10140 Tallinn)

 

 

旧市街最高点の聖オラフ教会の最上階展望台に上がって旧市街全体を見渡すのも気持ちいいでしょう。(聖オラフ教会は4月~10月のみオープン、入場料2ユーロ、住所:Lai tn 50, 10133 Tallinn)

 

 

 

旧市街は散策だけで十分楽しいです。

色鮮やかな家、石畳みの道、道沿いにある花と緑、路地にある小さなカフェ

カメラのシャッターを休ませる暇はないでしょう。

 

 

 

更に旧市街の西側に丘があり、丘に登ると旧市街を一望できる展望台があります。

露店で販売しているホットワイン一杯と合わせてゆっくり眺めるのは幸せとしか言いようがありません。

もちろん、それは何もない丘ではなく、丘に登る途中にも、丘の上にも可愛い店や街並みが見れるので、歩く最中ずっと楽しめます

 

フェリー

ヘルシンキとタリンを結ぶフェリーを運営している会社は3社もあります。

Direct Ferries」という価格比較サイトを確認すると便利です。

 

また、ヘルシンキから出発するフェリーターミナルもそれぞれ異なるので、事前に確認の上、出発の30分前に着くと安心ですね。

 

 

※注意:フェリーターミナルのコインロッカーを使用される場合は利用可能時間を事前にご確認ください。夜の営業時間終了後に開けられなくなるかもしれませんので、帰ってきたら荷物を取れない可能性があります。

 

関連記事

【格安船旅】ヘルシンキからぶらりと行くエストニア:タリン
更新日:2018年5月14日 
1日あればヘルシンキから日帰りでも行けるタリン、エストニア!時にはセールもしているフェリー会社もあるのでそんな時には是非訪れてみてください。そんなタリンをぶらりと回る…...続きを読む

 

ヘルシンキ市内の交通手段について

フィンランド 夜景
北欧フィンランド観光・旅行:ヘルシンキ市内交通手段をわかりやすく解説!まずは運賃とチケット購入方法から!
更新日:2018年5月15日 
運賃はいくら?どう支払うの?と心配な方に向けて不安を解消するためにヘルシンキ都市圏の交通手段と乗り方をまとめてご紹介します!チケット購入方法によって値段も変わるので自…...続きを読む

北欧フィンランド観光・旅行:ヘルシンキの観光スポットをシティバイク(チャリ)で回る!
更新日:2018年5月18日 
5月から10月末まで利用可能なヘルシンキの最新公共交通手段、シティバイクのご紹介。事前登録すれば、基本料金のみで自転車を受け取ってから返却するまで毎回30分は乗り放題と便…...続きを読む

 

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら