ヘルシンキからプチ旅:中世絶景だらけのタリン、エストニア

公開日:2017年1月4日  更新日: 2019年11月29日 関連分類:


 

実はあまり知られていない美しいヨーロッパ中世の街、エストニアの首都タリン

 

バルト海三小国の一つ、エストニア。その首都タリンは実にヘルシンキからとても近いです。

 

海を隔てているとは言え、大型フェリーで片道たったの2時間~2時間半!

 

少し急ぎますが日帰りも十分可能です!

 

 

フェリーの詳細は最後に!

タリンに行ったら、何といっても世界遺産となるタリン旧市街に行かなければいけません!

 

 

※下記キートスショップ主催のヘルシンキ発タリン日帰りツアーをご参考ください。

ヘルシンキとまるで別世界のような街「タリン」。そこにあるのは中世の情緒、古くから残されてきた記憶の痕跡。キートスショップのタリンツアーはヘルシンキ中央駅から出発し、最…...続きを読む

ヘルシンキ⇔タリンの往復乗船券をご購入頂けます。コンフォートラウンジとビジネスラウンジの2種類をお選び頂けますので、夏のハイシーズンに混雑する船内と無縁でゆとりのある…...続きを読む

 

 

参考記事:タリンを3時間で回るベスト弾丸プラン ヘルシンキからフェリーの旅(前半)

参考記事:タリンを3時間で回るベスト弾丸プラン ヘルシンキからフェリーの旅(後半)

 

 

 

 

旧市街全体は中世時代の城壁に囲まれ、一定の間隔に円柱型の塔が設けられてあり、中世時代防御建築スタイルの代表の一つです。

 

城壁に上り、城壁の上を歩きながら町を眺めることもできます!

 

 

 

旧市街最高点の聖オラフ教会の最上階展望台に上がって旧市街全体を見渡すのも気持ちいいでしょう。(聖オラフ教会は4月~10月のみオープン、入場料2ユーロ、住所:Lai tn 50, 10133 Tallinn)

 

 

 

 

 

旧市街は散策だけで十分楽しいです。

 

色鮮やかな家、石畳みの道、道沿いにある花と緑、路地にある小さなカフェ

カメラのシャッターを休ませる暇はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

更に旧市街の南側に丘があり、丘に登ると旧市街を一望できる展望台があります。

 

露店で販売しているホットワイン一杯と合わせてゆっくり眺めるのは幸せとしか言いようがありません。

 

もちろん、それは何もない丘ではなく、丘に登る途中にも、丘の上にも可愛い店や街並みが見れるので、歩く最中ずっと楽しめます

 

 

 

 

フェリー情報

ヘルシンキとタリンを結ぶフェリーを運営している会社は3社もあります。

Direct Ferries」という価格比較サイトを確認すると便利です。

 

また、ヘルシンキから出発するフェリーターミナルもそれぞれ異なるので、事前に確認の上、出発の30分前に着くと安心ですね。

 

 

 

 

※注意:フェリーターミナルのコインロッカーを使用される場合は利用可能時間を事前にご確認ください。夜の営業時間終了後に開けられなくなるかもしれませんので、帰ってきたら荷物を取れない可能性があります。

 

関連記事

※タリン旧市街南東、旧市庁舎から近いViru門です。   ヘルシンキから日帰り可能なタリンの旅ですが、既に数記事に分けてご紹介させて頂きました。 参考記事:【格安船旅】ヘ…...続きを読む
1日あればヘルシンキから日帰りでも行けるタリン、エストニア!時にはセールもしているフェリー会社もあるのでそんな時には是非訪れてみてください。そんなタリンをぶらりと回る…...続きを読む
実はヘルシンキからフェリーで片道たったの2時間~2時間半で行ける、中世の魅力がたくさん詰まったタリン。タリンといえば旧市街地の散策です。美しい旧市街を見渡せる場所や散策…...続きを読む
タリンという町は聞いたことありませんか?タリンはバルト海三小国の一つであるエストニアの首都です。とても小さい国の首都ですが、中世の町タリン旧市街にある世界遺産、高度電…...続きを読む
  エストニアの首都タリンには世界遺産にも登録された中世の町である旧市街がかわいくてぜひ回ってほしい場所です。   参考記事:タリンを3時間で回るベスト弾丸プラ…...続きを読む
  もしヘルシンキからフェリーに乗ってタリンに訪ねると、大体の人々は北門の太っちょのマルガレータからタリン旧市街に入ります。 その道にそのまま沿って南に向かって歩い…...続きを読む

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら