【格安船旅】ヘルシンキからぶらりと行くエストニア:タリン

公開日:2017年6月23日  更新日: 2019年11月29日 関連分類:

フィンランドを楽しむには1週間ゆっくり森にあるコテージで過ごすのがベストですが、トランジットや数日間短期滞在する予定の方にはなかなかそのようなまとまった時間を作るのは難しいでしょう。

 

そんな方にはもちろん1日ヘルシンキ観光もいいですが、実は1日あればエストニア、タリンまで観光に行けます!

朝のフェリーで出発して夕方に帰ってきたらタリンには4~5時間ほど滞在でき、中世の雰囲気を存分に楽しめます♪♪

 

しかもヘルシンキータリン間のフェリーを運営する会社は3社もあり不定期にセールを実施しています。内容としては、冬には「無料」、夏には「日帰り2ユーロ」といったセールが実施されたことがあります!

 

 

セールの時は是非ぶらりと超激安の値段で中世の姿を持つ世界遺産の旅エストニア・タリン旧市街に行ってしまいたいですね!

 

今回はぶらりと回るタリンを写真でご紹介します~!

 

詳細は前回記事をご参照ください:

実はヘルシンキからフェリーで片道たったの2時間~2時間半で行ける、中世の魅力がたくさん詰まったタリン。タリンといえば旧市街地の散策です。美しい旧市街を見渡せる場所や散策…...続きを読む

 

 

※下記キートスショップ主催のヘルシンキ発タリン日帰りツアーをご参考ください。

ヘルシンキとまるで別世界のような街「タリン」。そこにあるのは中世の情緒、古くから残されてきた記憶の痕跡。キートスショップのタリンツアーはヘルシンキ中央駅から出発し、最…...続きを読む

ヘルシンキ⇔タリンの往復乗船券をご購入頂けます。コンフォートラウンジとビジネスラウンジの2種類をお選び頂けますので、夏のハイシーズンに混雑する船内と無縁でゆとりのある…...続きを読む

 

 

今回のタリン旧市街散策ルート

 

ホテルに荷物を置いてからまず「自由広場」と「独立記念碑」から旧市街へ。

 

自由広場、独立記念碑

天気がとてもよかったので、きれいという言葉しか出ませんでした。

 

 

 

聖ニコラス教会

とても大きいわけではないが、建築様式と色合いがとてもかわいいです。

 

 

 

適当なレストランで黒ビール

レストランは特に何も調査していませんでしたので、結構適当に選んでいました。

ビールは美味しかったが、料理は至って普通でした。。。

 

 

旧市庁舎広場

とても賑やかな雰囲気で屋台を回るのが楽しかったです♪

 

 

 

 

Pikk通り沿いを北側へ散策

旧市街はとてもかわいいので、ゆっくり散策するだけで楽しいです。

 

 

 

海岸城門と大円塔

旧市街南側の城門と円筒も観光スポットの一つです。

中世を代表する建築様式の一つだそうです。

 

 

 

聖オルフ教会

旧市街の中で最も高い教会です。

塔の上までも行けますが、上は激狭です!ゆっくり風景を楽しむような場所ではありませんでした。

 

 

 

 

可愛いカフェ:CoffeeBar 10133

 

 

 

サウナ塔(城門)

 

 

 

名知らずのカフェ

 

 

コフツオツァ眺望

絶景を眺める場所です。

タリンに来たらここは必ず訪ねるべき場所ですね。

 

 

 

中世城壁

 

 

 

Vegan Restoran Vでヘルシー料理

 

 

近隣公園でエストニア人観察

 

 

 

再びフェリーでヘルシンキへ帰還

 

 

 

関連記事

※タリン旧市街南東、旧市庁舎から近いViru門です。   ヘルシンキから日帰り可能なタリンの旅ですが、既に数記事に分けてご紹介させて頂きました。 参考記事:【格安船旅】ヘ…...続きを読む
フィンランドからタリンへ移動する主要方法は大型フェリーです。主に運航している会社は3社あります。それぞれの会社のフェリー時刻表、乗船ターミナル、ターミナルまでの交通移…...続きを読む
ヘルシンキとタリンを結ぶバルト海最大手フェリー会社Silja Lineの最新鋭フェリー「メガスター号」にあるコンフォートラウンジをご紹介。サラダバー、お菓子、パンなどが食べ放題…...続きを読む
1日あればヘルシンキから日帰りでも行けるタリン、エストニア!時にはセールもしているフェリー会社もあるのでそんな時には是非訪れてみてください。そんなタリンをぶらりと回る…...続きを読む
高速フェリーSilja Lineのメガスター号はまるで海上を移動する「ショッピングモール」です。フードコートはもちろん、レストラン、バー、露天デッキ、ショッピングモールなどが完…...続きを読む
実はヘルシンキからフェリーで片道たったの2時間~2時間半で行ける、中世の魅力がたくさん詰まったタリン。タリンといえば旧市街地の散策です。美しい旧市街を見渡せる場所や散策…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら