エストニア・タリンのお土産で有名な琥珀(アンバー)のいろいろ

公開日:2020年5月18日  関連分類:

 

綺麗な黄金色した宝石、琥珀

 

アンバーと言われることもあります。

 

 

実はバルト海の方では有名なもので、

 

特に、エストニアの海沿いではお土産として有名です。

 

タリン旅行へいけば沢山の琥珀が売られていることに気づくでしょう。

 

 

虫が入っている琥珀があるけれど一体どう言うこと?

よく、虫入りの琥珀がものによってはびっくりするような高値で売られています。

 

このわけはまず、琥珀とは何なのか?と言うことを知らなければなりません。

 

 

今から2千〜1億年前に成長した針葉樹、その針葉樹の石化樹脂が海底に幾十にも積み重なったものが琥珀です。

 

 

それら海の底にあったものが海岸ビーチに流れ着いたもので、

 

ヨーロッパ全体で琥珀といえば「バルト海と北海」と言われるほどとても有名。

 

 

これでちょっと想像できますね。

 

樹脂に取り込まれた虫が、そのまま琥珀になっちゃった、、、

 

それが「虫入りの琥珀」と言うことです。

 

 

 

 

琥珀が電気を起こす?!昔は偽造されるほど神秘的な石だった

琥珀が採れる地域ではこの黄金にひかる石がとても大切にされていたのですが、

 

その昔、琥珀がめずらしく魅力的に感じたヨーロッパ内陸のギリシャ人やローマ人は金属などと交換し手に入れていました。

 

 

その魅力は美しいだけでなく、

 

琥珀に摩擦を加えた時!

 

簡単にスナ埃やチリを吸い寄せる不思議な宝石だったんです。

 

 

これは、今で言う「摩擦電気」や「静電気」のことで当時の人にはとてもびっくりするようなことでした。

 

これが元となり、いくつかの国では「電気」と言う単語は琥珀が由来している言語もあります。

 

 

そんな不思議で美しくもある琥珀に魅了された人たち、

 

スペインのイベリア半島では偽物の琥珀を身に付けて埋葬された数千年前のお墓が発見されたこともあります。

 

 

 

 

琥珀(アンバー)にはどんな意味があるのか?

みなさん、花には花言葉があることはご存知でしょう。

 

実は宝石や天然石にも「石言葉」やそれぞれの「意味」があります。

 

 

琥珀は、この綺麗な艶めいた輝きから

 

太陽と関係のある石だとされていて、暖かいポジティブなイメージの石と言われています。

 

 

よく、パワーストーンなどと言われたりしますが、

 

琥珀には

 

  • 金運
  • 対人運
  • 長寿
  • 精神面の浄化

 

このような力の宿す石とも言われており、

 

 

実際、昔のヨーロッパでは

 

琥珀は虫歯の痛みを癒すものと信じられていて、

 

特に子供が虫歯で痛がる時には小さな琥珀を持たせるのが一般的だったとか。

 

 

その他にも、膀胱炎や胃の病気、気管支炎などを治すとも考えられていました。

 

 

 

 

実はフィンランドで売られている琥珀はとても高品質

琥珀はヨーロッパだけでなく、中国でも価値のある宝石だと言われています。

 

アンバーと言う名前だけではなく、日本で「琥珀」と言われる単語も中国語に由来しています。

 

 

そんな琥珀を、まさかのフィンランドにまで買い付けにくる中国の方が結構いると話題になりました。

 

バルト海に面しているフィンランドでも、エストニアほど多くはありませんがジュエリー&時計店では琥珀が置かれています。

 

 

世界の琥珀市場価格には変動がありますが、

 

バルト海周辺の一般的な価格は1kgあたり、わずか4400ユーロ(52万8千円)です。

 

 

中国でも琥珀は販売されていますが、彼らが言うにはフィンランドの琥珀は高品質であることが多く本物だと確信しているとのことです。

 

 

形状、品質、色やサイズによっても値段は変わってきますが、

 

やはり高価なのは、琥珀の中に肉眼で見える昆虫などが入っていることなのだそうで、

 

 

どんなものが琥珀に残されているか、場合によっては、

 

とっても小さな「一粒」と言える琥珀だったとしても500ユーロ(6万円)前後することがあるようです。

 

 

時にフィンランドで10000ユーロ(120万円)以上の値段で琥珀を購入する中国からの観光者もいるのだそう。

 

 

時には手を加えすぎている琥珀もあるので購入の際はよく選びましょう

 

実は、白や緑がかった琥珀は黄金色したものよりも価値があります。

 

 

色による値段の値は、常にどの色が流行っているかによって変わってきますが、

 

フィンランド市場に出回っている琥珀のほとんどは、熱処理によっても染色されています。

 

 

そう、琥珀は熱処理をすると色が変わるのです。

 

 

一般的に明るい黄金色の琥珀は商業的には興味がないようで、それにもう少し茶色がかっていば、、、

と思う方が多いようです。

 

 

世界には色々な宝石がありますが、

 

エストニアはタリンへご旅行なさる機会があれば、一度どれだけの琥珀が売られているのか

フィンランドや日本と比べられても面白いかもしれませんね。

 

 

参考・引用:Ilta-Sanomat -Löytyykö kaapistasi mahdollinen meripihka-aarre? Näin ammattilainen määrittelee ”itäblokin kullan” arvon

参考・引用:Ilta-Sanomat -Kiinalaisturistit himoitsevat Suomesta meripihkaa – ”Ostavat joskus yli 10000 eurolla”

関連記事

実はヘルシンキからフェリーで片道たったの2時間~2時間半で行ける、中世の魅力がたくさん詰まったタリン。タリンといえば旧市街地の散策です。美しい旧市街を見渡せる場所や散策…...続きを読む
琥珀(アンバー)とは?どうして虫が入ってる?石言葉や運についても幅広く分かりやすく書いています。バルト海では有名な宝石でエストニア・タリンの街ではとても沢山の琥珀が売…...続きを読む
※タリン旧市街南東、旧市庁舎から近いViru門です。   ヘルシンキから日帰り可能なタリンの旅ですが、既に数記事に分けてご紹介させて頂きました。 参考記事:【格安船旅】ヘ…...続きを読む
  エストニアの首都タリンには世界遺産にも登録された中世の町である旧市街がかわいくてぜひ回ってほしい場所です。   参考記事:タリンを3時間で回るベスト弾丸プラ…...続きを読む
  バルト三国の一つであるエストニアは現在人口わずか130万程度、国土面積4万5千平方キロ(九州より少し大きい程度)の小さい国です。 現在のエストニアは高度電子化国…...続きを読む
高速フェリーSilja Lineのメガスター号はまるで海上を移動する「ショッピングモール」です。フードコートはもちろん、レストラン、バー、露天デッキ、ショッピングモールなどが完…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら