ヘルシンキ中央図書館「Oodi」オープン!最新観光スポット!

公開日:2018年12月9日  関連分類:  

※開幕当日には外壁の一部がまだ未完成だったヘルシンキ中央図書館。

 

フィンランド独立記念日の前夜2018年12月5日にヘルシンキ中央図書館が予定通りオープンしました!

正面向こう側にフィンランド国会があり、右側に音楽センターであるムーシッキタロ、左にKiasmaヘルシンキ現代美術館、後ろ斜めにヘルシンキ中央駅があるヘルシンキ市ど真ん中の立地です。

 

 

ヘルシンキには多くの図書館が各エリアに設置されていますが、「中央図書館」というような施設はありませんでした。

今まで機能性的に中央図書館の役割を担ってきたのはパシラ図書館(Pasila Library)で、市中心にある大規模図書館としてはヘルシンキ大学図書館がその機能性を果たしてきました。

 

しかし、パシラ図書館はキャパシティーとして足りないところがあり、ヘルシンキ大学図書館は学術図書館であり、一般市民にはコンテンツがあまり向かないなどの課題が残っています。

 

そのため、ヘルシンキ中央駅の横(北西方向2百メートル)の場所にヘルシンキ中央図書館を作ったわけです。

 

参考記事:ヘルシンキ中央図書館「OODI」 2018年12月オープン予定 ヘルシンキ最新観光地

 

 

そして、建設に4~5年の歳月をかけ、ようやく先週にグランドオープンしました!

どう見ても図書館らしくない図書館です。

 

このような図書館こそフィンランドの北欧風図書館と言えるでしょうね。

 

早速どのような図書館なのかを内部写真に通じてご紹介していきます。

もしヘルシンキに旅行に来られたら是非最新の北欧スタイル図書館を見学してみてくださいね。

 

 

※オープン当日なので人がとても多かったです。通常だと人がこれほど多くないと思います。

 

※一階の広いロビーです。写真の左に全自動の図書返却機が設置されてあり、左奥にインフォカウンターとコート掛けがあります。この写真の背後にはカフェレストランです。

 

 

図書館らしくないヘルシンキ中央図書館

ヘルシンキ中央図書館はフィンランドにある比較的に新しい図書館と同じように、あまり図書館らしくないです。

「本を読む場所」というより、市民の「学びの場所」と言ったほうが適切でしょう。

 

参考記事:ヘルシンキ近郊の図書館見学! エスポーのSello図書館はすごい!

 

 

ヘルシンキ中央図書館自体は敷地が広いですが、3階建てで巨大図書館と言えるほどではありません。

1階はカフェレストランととても広いロビーが設置されており、2階は様々なワーキングスペースを中心とし、3階のみが本が置かれている図書・読書エリアです。

 

 

 

 

1階正面は全面ガラス張りで自然な光を大量に取り込むだけではなく、外との「壁」を感じなくなり、気持ち的にとても自由に出入りできるのが特徴です。

正にヘルシンキ中央図書館本来のコンセプト「誰でも自由に入れる場所」「誰でも自然に入ってみたくなる場所」に合致しています。

 

 

1階のロビーには固定した施設が少なく、広い面積の場所を様々な用途に合わせて使えるように設計されています。

例えば、講演イベント、小規模コンサート、ダンスパフォーマンス、チェスコンテストなどを開催することができるでしょう。

 

天井に自然素材である木材を存分に使うこともフィンランド・北欧らしいですね。

 

 

1階にもEU情報コーナーがあります。EUの様々な言語で音声及び映像に通じてEUの関連情報を知り、知識を学ぶことができます。下記写真は動画の一瞬です。

 

 

 

 

キッチンや作曲室まである、ワーキングスペースを設けた図書館2階

一言でいうと、ほとんどどんな仕事もヘルシンキ中央図書館の2階でできます。

もちろん、小規模のテスト作業に限るのですが。

 

 

個室スタイルのワーキングスペース。自分のスペースで一人もしくは二人で働いたり、ディスカッションすることができます。

 

 

 

 

もう少しサイズの大きいグループディスカッションルーム。学生、中小企業や市民団体のミーティングルームとして使いやすいでしょう。

 

 

 

 

 

 

オープンスペースに使うのもできるし、講演会にも使える多目的スペースです。

 

 

 

 

緑の(本物の植物)ラウンジ。椅子でさえ植物をイメージで作られていますね。

 

 

 

 

図書館にキッチン!!こんなの見たことありますか!?小規模料理教室もできそうです。

 

 

 

 

 

 

音楽録音室、作曲室。ミュージシャンが欲しい施設ですね!借りるにあまりお金のない若手ミュージシャンはとても助かるでしょう。

 

 

 

 

3Dプリンターまで用意されています!試作品を作ることがとてもやりやすくなります。

 

 

 

 

デジタル絵画設備も充実されています。

この部屋のパソコンと設備を使えばプロレベルの漫画もできそうです!

 

 

 

 

フィンランドの図書館によくあるゴロゴロスペースです。そうです!ゴロゴロスペースです。ここで本読むのもいいし、パソコンで作業するのもいいし、少し眠るのもいいですよ!もうちょっとしたら柔らかいクッションも置かれるでしょう。

 

参考記事:フィンランドの形にとらわれない様々な勉強スペースの座り方

 

筆者もこれからよくここで寝転がるかもしれません(笑)

 

 

 

 

図書館3階でコーヒーを飲むながら本を読もう!

筆者はたぶん3階が一番好きです。

 

全面ガラス張りで、自然と木の温もりを感じさせられる木材基調の内装、読み放題の本と可愛いらしいカフェ

ゆっくりコーヒーを飲むながら本を読む午後を過ごすのは正に夢のような生活とスペースです。

 

本棚のすぐ横にカフェがあるのは日本では想像もつかないことでしょう。

 

 

 

 

3階の北側と南側は斜面と高台が作られてあり、イベント会場にも使えます。

そのデザインもまさにフィンランドによくある丘らしく、まさに木材で作られた岩のような感じです。

 

オープン当日には新書発表会として使われたようです。

 

 

 

 

図書館3階を一望。

 

 

 

 

本棚よりボートゲーム棚を撮影してしまった筆者(笑)

 

図書館にボートゲームを借りられるのは知っていますが、こんなに大量なボートゲームを図書館で見たのが初めてです。

しかも、早速2ゲームを貸し出し!(笑)

 

 

 

 

こんなにも特別で目新しいヘルシンキ中央図書館ですが、是非機会があれば訪ねてみてくださいね!

 

 

関連記事

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら