ヘルシンキ中央図書館「Oodi」オープンイベントに見学してきた!

公開日:2018年12月10日  関連分類:  

 

先週の2018年12月5日にヘルシンキ中央図書館「Oodi」はめでたくオープンされました!

 

フィンランド独立記念日前日ということでフィンランドの独立の記念にもなり、多くのイベントが開催されました。

 

※Oodiはフィンランドで頌歌という意味をしています。

※キリスト教国家では1日の始まりは「日没」からとなっています。そのため、クリスマスイブがクリスマスの始まりであり、独立記念日の前夜は独立記念日の始まるという明文化されない慣習が残っていますね。

 

色々な面白いイベントが開催れましたので、どのようなイベントがあったかを一緒に見ていきましょう!

 

 

3Dプリンターのプリント実演

ヘルシンキ中央図書館には3Dプリント工作室が設けられており、数種類の3Dプリンターがあります。

 

 

イベント当日には実際の3Dプリントが実演展示されていました。

幼稚園の子供たちは興味津々に見ていましたね。

 

 

 

 

奥の室内には3Dプリントの原理を理解してもらえる組み立て式おもちゃが用意されていました。

遊んでみると3Dプリントの原理がわかるようなコーナーです。

 

 

 

 

デジタル絵画制作実演

絵を描くときに本来ペンと紙があればできます。

 

 

しかし、プロへの道へ進むときにデジタルデバイスなど、パソコン、専用ソフトウェア、高精度タッチパネルなどの設備が必要になってきます。

 

もちろん、専門家は自分で必要な設備を用意して仕事に使いますが、学生、趣味でやる人、とりあえずやってみたい人にとっていきなり高額な設備投資は難しいです。

 

 

その時に無料もしくはとても低いコストで試しで利用できるのはヘルシンキ中央図書館のデジタル絵画制作室です。

このような設備の揃えた環境がとても低いコストで利用できることは、この業界への入り口を広げ、入門ハードルを下げるメリットがありますね。

 

もしかしたらこれでフィンランドの漫画家が増えるかもしれませんよ!

 

 

 

 

マスク製作と変身イベント

なりたい人の顔をその場でマスクに描いて作り、用意された服装を着て帽子をかぶればあなたもその場で変身できます!

 

 

 

 

 

 

そして、描いた絵複数枚を同時に壁に投影すれば、周りがそのまま描いた世界になります!

 

 

 

 

様々な言語を遊ぶ電話ボックスと部屋

ある電話ボックスとマットが置かれている部屋です。

 

 

電話に通じて世界数十種類の言語で話を聞くことができます。

日本語は「人生は楽しいか?」という話でした。

英語では「恋に落ちているか?」という話でした。

 

 

そして、横の床に敷かれているマットの上に歩けば周りから言葉が聞こえてきます。

マットの上で歩いていると様々な言語で色々な言葉がかけられます。

 

 

 

 

フィンランドの大自然を表現するダンスパフォーマンス

今回ヘルシンキ中央図書館のオープンイベントの中で目玉イベントの一つがダンスパフォーマンスです。

 

総員200名以上、小学生から年長者まで様々な年齢の人や様々な職業の人々が一堂にダンスを披露します。

その表現もフィンランドの大自然に関連し、森、白樺、夏の白夜、冬の暗闇、動物、命、人間、共存などのことやコンセプトを表しています。

 

 

 

 

 

 

パフォーマンスがとても北欧らしく、実演コーナーもとても実用的でした。

 

 

関連記事

 

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


二点以上のお買い上げでお得

2点のご購入で最大10%割引、5点のご購入で最大15%割引。詳細はこちら

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら