フィンランドの料理レシピ:ハロウィンに食べたい簡単パンプキンパイ

公開日:2020年10月6日  関連分類:

写真引用:https://yhteishyva.fi/

 

そろそろハロウィンも近くなってきましたね。カボチャが美味しい季節です。

 

今回はハロウィンに活躍する美味しいパンプキンパイのレシピをご紹介しましょう!!

 

お祝い事でもそうでなくても、また食べたくなってしまう美味しさです。

 

ぜひこのカボチャが旬の時に作って食べてみてください!!

 

 

 

 

フィンランドのカボチャと日本のカボチャは違うの?フィンランドの北海道カボチャ

10月に入る頃、フィンランドでは色々なカボチャがスーパーに並びだします。

 

日本のカボチャは皮が濃い緑色したものが主流ですね。

 

しかし、フィンランドで売られているカボチャの皮はオレンジ色のものが一般的。

 

ハロウィンに出てくるカボチャのような感じのもの、といえば想像つきやすいでしょう。

 

 

それでも形や種類も色々あり、味や質感もそれぞれ。全てが同じようなカボチャではありません。

 

 

しかし、フィンランドには「北海道カボチャ(Hokaidokurpitsa)」と言われるカボチャもスーパーで売られているのです!!

 

日本のものよりは少し小ぶりになりますが、味は!ホクホクした濃厚カボチャ。

 

名前がHokkaidoというだけあって、フィンランドでは日本の冬カボチャとも言われることがあります。

 

 

さぁて、この日本のカボチャと同じ味と食感のホクホクした北海道カボチャを使って、フィンランドのパンプキンパイを作っていくことにしましょう!

 

 

 

 

しっとり甘いパンプキンパイ

材料 (Ø 20 cm・10人分

  • パイ生地(冷凍):380〜400g
  • カボチャ:400g
  • :300cc
  • 加糖のコンデンスミルク(練乳):390〜400g
  • :3個
  • シナモンパウダー:小さじ1
  • パウダージンジャー:小さじ1/2
  • :ひとつまみ

 

パイに添えていただくものとして・・・

  • ホイップクリーム:200cc
  • シナモン:小さじ1/4

 

 

作り方

1)まずはオーブンを150℃に予熱しておき、冷凍のパイ生地は解凍しておきます。

2)カボチャの種をスプーンで取り除き、一口ほどの大きさに切っておきます。

3)鍋に300ccの水を沸騰させ、カボチャが柔らかくなるまで約10分間調理しましょう。

4)カボチャが柔らかくなったらお鍋の中で潰しながらピューレ状にします。ブレンダーがあると便利ですね。

5)次に、解凍しておいたパイ生地を少し深みのある耐熱皿(Ø 20 cm)に敷きましょう。上からアルミホイルを被せ、所々フォークで軽く穴を開けてください。

6)パイ生地が少し硬くなるまで焼きます。180℃のオーブンで10分ぐらいですが、パイ生地やオーブンによって時間が異なるため調整してください。

7)次に、お鍋のカボチャペーストに戻ります。お鍋にコンデンスミルク(練乳)を加えよくかき混ぜ、更に卵とスパイスを追加し、混ぜ込みましょう。

8)パイ生地の上からカボチャペーストを注ぎ入れ、今度は150℃に下げたオーブンで50〜60分焼き上げます。焼けたらパイを冷ましましょう。

9)クリームを泡だてて、冷めたパイにホイップクリームとシナモンを添えたら出来上がり!

 

 

パイ生地がない!面倒くさい!!という場合でも応用できる

カボチャペーストの作り方だけ覚えておくと、他にも色々と応用が効くので便利です。

 

パイ生地がどうしても見つからない、家にない!

 

という場合は小さな耐熱容器にカボチャペーストだけ小分けに入れて焼き上げたっていいんです。

 

 

この美味しさのポイントはコンデンスミルクにあります。この甘さとカボチャの甘みが程よくマッチします。

 

少し寒くなった時期に幸せをもたらしてくれるような甘さ!

 

コーヒーや紅茶、温かいミルクなどによく合いますよ。

 

 

 

 

パーティーでもそうでなくても、秋のテーブルに旬の野菜を使ったスイーツがあると気持ちも高ぶりますね。

 

簡単ですので、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

 

情報・引用:yhteishyvä -Makea amerikkalainen kurpitsapiirakka

 

関連記事

フィンランド料理のイメージってないですよね。今回はフィンランドのクリスマス料理、手軽に作れて楽しめるトルットゥを紹介します。材料はクロワッサンの生地のような材料とジャ…...続きを読む
食文化の発展が遅かったため、世界著名な料理も若干欠けていますが、筆者としてすごくお薦めしたいのは「ブルーベリーパイ」です。ブルーベリーは毎年7~8月にフィンランドほぼ…...続きを読む
フィンランドでは知らない人が絶対にいないジャガイモ料理ペルナラーティッコのレシピ。クリスマス料理には絶対に欠かせないものですが、それ以外にも年中活躍します。メインディ…...続きを読む
調理法から保存法まで、キノコの香りを存分に楽しむための方法を5つご紹介します。例えばキノコのパスタを作る時いきなりフライパンで炒めてしまってませんか?包丁でキノコを切…...続きを読む
スモークサーモンのようでスモークサーモンでない!でも美味しさは確かなグラブラックスをご存知ですか?ご自宅でとっても簡単に作ることができます。さて、このグラブラックスと…...続きを読む
とっても簡単にできるオーブンまかせのフィンランド料理。ムーミン家のお隣さんフィリフヨンカのレシピをムーミンの物語と共にご紹介。フィリフヨンカはお料理上手なんですよ。

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら