フィンランドでは乳製品が豊富で消費もすごい

公開日:2019年11月20日  更新日: 2019年11月30日 関連分類:

 

フィンランドにあって日本にないもの

は沢山ありますが

乳製品が驚くほど豊富なフィンランド。

チーズ、ヨーグルト、牛乳、、、

どれをとっても日本より勝る種類と数。

 

フィンランドに初めてご旅行された方は

こちらのスーパーで

ズラーっと陳列された乳製品の数に驚くはずです。

 

フィンランドでは切っても切り離せないほど

乳製品は

古くからすごく身近で大切な食品なんですよ。

 

 

 

 

フィンランドで乳製品が豊富なわけ

フィンランドはスカンジナビアに属する国ですが

土地柄、

どちらかというと農業には向いていない場所。

それ故に、

古くからジャガイモや大麦小麦などの穀物類や

酪農の方が盛んに行われていました。

 

 

と、なるとやはり色々な乳製品が生まれてくるのも納得。

 

 

今日では乳製品にも色々な種類があり、

低脂肪・無脂肪は当たり前で

分かりやすいようにパッケージに

何%の脂肪分が含まれているか

表示は大きく書かれています。

 

さらには

乳糖不耐症の人向けに

種類わけされている

牛乳・クリーム・チーズなどなど。

 

時代と共に需要者の利用しやすさも変わってきました。

 

 

 

 

フィンランド人の乳製品の消費量、日本との差は?

当然、フィンランド人も乳製品は子供の頃から大好きです。

じゃどれくらい消費されているの?

気になりますよね。

 

2015年度の調査結果にはなりますが、

 

例えば、

学校の食堂でも社員食堂でも、

レストランのビュッフェにも置いてある

 

牛乳

 

フィンランド人、

一人当たり1年間で消費したのは

平均して

123リットルになります。

昨年度よりも3%少なくなったそうです。

 

内訳が

全乳の消費率が7%ほど減少し

無脂肪牛乳はここ2年の減少が続いているそう。

低脂肪牛乳の消費量は昨年度と同じとのこと。

 

 

では、日本でもパスタやグラタン、

ラーメンのトッピングにしてもよし

おにぎりにおかか醤油と混ぜて具にしても美味しい、

なんならそのままでも充分美味しい!

 

チーズ。

 

フィンランド人、一人当たり

27キロの消費。

これは年々増え続けているそうです。

 

フィンランドには色々な種類のチーズが

数え切れないほど売っています。

 

そして、日本のおにぎり感覚で

フィンランド人が食べるのが

ヴォイレイパ(voileipä)

と言われる簡単なサイイドウィッチ。

 

これにはスライスしたチーズが欠かせません。

 

 

お次は

美味しい乳製品を代表とする

 

ヨーグルト

 

20.7リットルもの消費です。

 

こちらもチーズと同様に種類が豊富なので

毎日食べても飽きがきません。

 

値段も手頃でカップ売りもありますし

牛乳パックのようなかたちでも売っています。

 

 

では、日本では馴染みでない乳製品も

どんなものか見てみましょか。

 

ヴィーリ(Viili)

ヴィーリは簡単にいうと粘り気のあるヨーグルト。

 

2.9リットル

 

あれ?そんなに。。。

 

と思いますよね。

 

ヴィーリは滅多に学校の食堂や

レストランには置かれていません。

家庭で食べられる事が多い食べ物なので

やはり手の届きやすい、

王道の牛乳・チーズ・ヨーグルトには勝てません。

 

が!

 

しかし!

 

日本の乳製品の消費量と

フィンランドの消費量を見比べてみると

驚かれると思います。

 

 

 

情報・画像引用:一般社団法人日本乳業協会 -牛乳・乳製品をもっと身近に..

 

こちらのグラフは2015年度に

乳製品の代表、牛乳・バター・チーズの

1年間に消費された国ごとのグラフです。

 

 

どうでしょう?

このグラフを見て

想像以上にフィンランドと日本の差に

驚かれたのではないでしょうか?

 

 

 

 

もちろん豆乳もある、オーツミルクも大麦ミルクも!色々

フィンランドでは乳製品、

牛の物だけでなく

羊やヤギの乳で作られた製品もあります。

 

人によって好みは変わってきますが、

その好みも試した事があるからこそわかるもの。

 

フィンランドでは子供の頃から数多くの乳製品を口にします。

 

アレルギーの方もいるのが現実。

 

そんな方は穀物から作られたミルクやクリームで代用しています。

 

やはり、フィンランド料理には

乳製品のバターやクリームが多く使われますからね。

 

豆乳は日本にも色々な種類がありますが、

フィンランドの豆乳もまた違って美味しいものが沢山あります。

 

コーヒーに入れる専用のオーツミルクもあるんですよ。

 

 

フィンランドにご旅行されたら、スーパーに行って色々ある種類の中からどれか1つでも買って試してみてください。日本とまた違った味に出会えるかも知れませんよ!

 

この記事でいう「牛乳」とは一般的に会話で使われる「牛乳(ミルク)」を意味します。

 

 

参考・引用:Iltalehti -Näin keskiverto suomalainen syö vuodessa..

参考・引用:maito&terveys -Maitovalmisteiden kulutus 2015

 

 

関連記事

 

 

 

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら