フィンランドの食べ物・この国だけで食べられる美味しい猛毒のキノコ!!

公開日:2020年8月4日  関連分類:

写真引用:https://yle.fi/

 

フィンランドならではの美味しい食べ物は色々と知られていますが、日本人にはまだまだ未知なる美味しいものがこの国には存在します。

 

今回はものすごく美味しいフィンランドのキノコですが、まさかの猛毒なキノコをご紹介。

 

一般人にとってもキノコ狩りが盛んな北欧ですが、猛毒すぎてフィンランド以外の国では食用とは認められていないキノコなのでこの国フィンランドだけでしか口にすることができないキノコです。

 

あなたはこの猛毒キノコを口にする勇気はありますか?

 

 

 

 

どれくらい猛毒なキノコなのか?

見た目からしてちょっとグロテスクに見えるキノコですが、日本では「シャグマアミガサタケ」という名前があります。

 

一般的にキノコの季節といえば秋を思い浮かべますが、このキノコは春にみられるキノコ。

 

もちろん、日本にもあるキノコですが幸い、見た目からして食べようとは思われなかったこともあり、あまり一般的には有名でない種類のキノコです。

 

 

フィンランドでは「コルヴァシエニ(Korvasieni)」と言われ、直訳すると「耳キノコ」。

 

このグニャグニャしたものが耳のように見えることから付けられた名前です。

 

 

さてこの猛毒なキノコ、食べてしまうとどれくらい致命的なものなのか???気になるところ。

 

これが結構びっくりするくらいの危ないキノコなんですよ!

 

 

適切な処理をせず、生で食べてしまうと少量でも結構な中毒症状を起こしてしまいます。

 

 

生で口にしてしまうと食後7〜10時間後には、吐き気・嘔吐・腹痛・驚くような下痢・痙攣などの症状が現れます。

 

重症になれば発熱・肝障害からの黄疸・血圧降下・目が勝手に色々な動きを始めてしまい・・・

 

そして更に脳浮腫・意識障害・昏睡もしくは、腸・腹膜・胸膜・腎臓・胃・十二指腸などから出血・・・

 

最悪の場合は2〜4日であの世行きに。ヒエー!!!

 

即座に病院へ駆け込まないと命の保証はありません。

 

 

 

 

フィンランドではこの猛毒キノコが売られている

写真引用:wikipedia  Photo:Ilmari Karonen

 

こちらはヘルシンキのマーケット広場で売られていた写真。

 

こんなに危険極まりないもう毒キノコ、その他の国では食用としてはもちろん販売なんて持ってのほかです。

 

そう、他の国では、このキノコは危険すぎて法律で販売することは禁止されているほど。

 

 

しかし、フィンランドでは最も美味しいフィンランドの食品のうちの一つとして名高いキノコです。

 

2012年の夏まで伝統的な市販のキノコとして扱われており、それ以降はフィンランド食品安全局であるエビラ(Evira)が管理しつつも美味しいと推薦される食用のキノコとしての立ち位置です。

 

 

毒抜きの処理をちゃんとすれば、とても良い香りで美味しい味がするのだとか。

 

 

現在フィンランドではこの毒抜き処理をされたもの、そして何も処理されていない生のものとが販売されていますが、生の状態で販売されるものについては警告文とキノコの取扱説明書を添付する必要があります。

 

 

 

 

フィンランド人は自然から自分で採ってくるってホント?!

写真引用:https://www.satakunnankansa.fi/

 

もちろん、収穫時には自分で森から採ってきて食べる人もフィンランドにはいますが、ちゃんと処理して食べないと危険だということはこの国なら誰しもが知っています。

 

ですので、見つけたとしても気軽に「採って自分で持って帰ろう」という人は少ないでしょう。それよりも、アンズダケなど調理のしやすいキノコを採ろうという人の方が断然多いのは自然なことです。

 

 

しかし、自分でちゃんと毒抜き処理できる人が多いのも確か。

 

フィンランドでは白樺が芽吹き、景色が緑色に色付くころがこのシャグマアミガサタケの収穫時。

 

寒い気候の北部ラップランドでは7月に収穫されることもあります。

 

 

このシャグマアミガサタケ、実は腐敗菌の仲間のキノコなので、アンズダケやポルチーニのように木からの菌で育つキノコではありません。

 

ですので、じつはというと自分の庭先に新聞を地面に埋め込んで育てることもできるのです。

 

そう、このキノコの菌は食物として紙を使います。わおびっくり!

 

 

フィンランド人はどうやって調理しているの?

キノコにある毒性のジャイロミトリンという成分、これは水溶性なので「毒を煮出す」という方法で処理されます。

 

 

まず、キノコ1kgあたり約6リットルの沸騰した水で10分間、グツグツと煮ます。

 

でもこれだけではまだ不十分で、また新しい熱湯で更に2回、それぞれ最低5分間は煮ないといけません。

 

この時に気をつけなければならないのが、煮ている時の蒸気を吸い込んではこれまた危険なので寒気を十分にしなければなりません。

 

その後、十分にキノコを水ですすぎ、水切りをし、手をよく洗うことが大切です。

 

 

このような適切な処理により、毒性のジャイロミトリン約99.5%取り除くことができると言われています。

 

 

フィンランド人はこの猛毒キノコ、何料理にして食べるの?

写真引用:https://www.hk.fi

 

ソテーにしても美味しいですが、フィンランドの一般国民にとってはやっぱりキノコスープです。

 

フィンランド料理を提供しているレストランで時々目にするこのキノコスープ。

 

クリーミーなキノコスープはマイルドなこのシャグマアミガサタケの香りと味が楽しめ、フィンランド人が口を揃えて「美味しい」というお料理。

 

 

*どんなキノコでも作れるクリーミーなキノコスープをお試しあれ。

参考:フィンランド料理・濃厚キノコスープの5つ星レシピ

 

 

見た目とは打って変わってびっくりするような味わいなのだとか。

 

 

もし、興味があるのでしたらフィンランドのレストランで味わってみてください。

 

決して自分で調理しようとしないでくださいね。

 

ちゃんとした処理をする自信があっても危険なので専門家に任せた方が安全です。

 

 

外国人が日本でフグを食べる時と同じような気持ちを味わえるかもしれません。笑

 

 

情報・引用:yle.fi -Myrkky vai herkku? Korvasieni jakaa mielipiteet

 

関連記事

アンズダケというヨーロッパではよく知られるキノコ。実は日本でも多く育つキノコです。なぜ日本では流通しないのか?そして美味しいフィンランドのアンズダケ・レシピとアンズダ…...続きを読む
日本でも簡単に作れてしまう温かいベリーのスープのレシピを今回は、ベーシックバージョンと風邪に効くバージョンの2つご紹介。ムーミンママが風邪をひいたムーミントロールに作…...続きを読む
フィンランド料理を代表する料理にレバーの料理があります。このお料理がフィンランド人が大好きで止まないものとコラボレーションした製品が発表されました。今回はジョークを交えてのご紹介。
調理法から保存法まで、キノコの香りを存分に楽しむための方法を5つご紹介します。例えばキノコのパスタを作る時いきなりフライパンで炒めてしまってませんか?包丁でキノコを切…...続きを読む
フィンランドで人気の料理は何なのか?3つのレシピサイトから見えてくる、この夏にフィンランド人が検索したレシピをご紹介。意外にも日本とは真逆の「暑さ」を気にしないレシピ…...続きを読む
北欧のミートボールは年齢問わず好まれるお料理のうちの一つです。今回はトマトクリームソースの味で作られるオーブンまかせの男料理!また違った北欧を味わえるかもしれませんよ。

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら