ムーミンの布団カバー3作を紹介!フィンランド老舗のフィンレイソンがデザイン

公開日:2020年9月15日  関連分類:

 

ムーミンファンの皆さん、自分の寝室にもムーミンはいますか?

 

今回は寝室でもムーミンと一緒に、しかも一緒に寝れるアイテムを紹介します。

 

それが「枕カバー&布団カバーセット」です。

 

 

布団カバーと枕カバーが一体化デザインされている「ムーミン布団カバーと枕セットセット」製品を3つ紹介します。

 

それぞれの背景ストリーが違い、キャラクターが違うので、もたらされる雰囲気も断然違います。

どのようなキャラクターと、どんな雰囲気の中で夢を見るのかを是非考えてみてくださいね

 

 

しかも、そのメーカーはフィンランド寝具・テキスタイル老舗の「フィンレイソン」。

ちなみに、フィンレイソンはフィンランド国内で3番目古いプライベートの企業で、今年設立200年目を迎えるのです!

 

 

さて、フィンランド200年老舗のフィンレイソンと誕生75年のムーミンとの間にどのようなコラボレーションが生まれているでしょうか。

 

 

ムーミン・ナイトスター2019

まずはフィンレイソンのムーミン布団カバーと枕セットセット最新作「ムーミン・ナイトスター2019」を見てみましょう!

 

ムーミン・ナイトスターはフィンランド語名で「Tähtimuumi」で星・ムーミンという意味です。

 

 

そのデザインは小説『楽しいムーミン一家』にあるトーベヤンソンが描いた原画が使用されています。

 

 

物語自体はムーミンママのハンドバッグがなくなったことから始まっています。

ムーミン谷の人々やムーミン一家はムーミンママのハンドバッグを探していました。

ムーミン谷中大騒ぎでした。

 

最後無事見つけたので、パーティーすることになりました。

そのパーティーのシーンが今回のデザインです。

 

参考ストリー:5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家(6)

 

 

涼しいムーミン谷の夏の夜にムーミン谷の住人とムーミン一家が集まり、おいしい料理を楽しみながらジュースを飲んでいますね。

夜空を眺めながらゆっくり談笑して過ごしていました。

 

その雰囲気を感じられているのでしょうか?

 

 

全体は黒基調のデザインで、様々な色がポイントで彩られ、とても寝室の落ち着く雰囲気に合いますね。

 

 

 

商品ページ:【掛け布団&枕カバーセット:ムーミン・ナイトスター2019/FINLAYSON

 

 

ムーミンママとローズガーデン2017

次にご紹介したいのはこちら「掛け布団&枕カバーセット:ムーミンママとローズガーデン2017」です。

 

 

ムーミンママ」は言うまでもなく、ムーミン物語の中で最も愛されているキャラクターの一つです。

どんな人でも、どんなものでも、どんな状況においても落ち着いて対応することができ、包容力がとても高いキャラクターです。

人々もその美しい性格に惹かれています。

 

 

そんなムーミンママはお花が大好きで、よく自分がムーミン谷に作った花園の世話をしたり、お花屋植物を楽しんだりしていました。

 

しかし、ムーミンパパと航海して島の灯台に住むようになってから、お花のことがとても恋しくなりました。

なぜならその島では土が足りず、花園を作ることができないのです。

 

 

お花が恋しくなってたまらなくなったムーミンママは灯台の壁に大好きなバラを描き始めました。

そのシーンが今回布団カバーのデザインとなりました。

 

 

全体のデザインは白をベースに、ピンクがハイライトという構成でなされ、ピンクや暖かい色がお好きな方にはとても合うと思いますね。

 

 

フィンレイソン掛け布団枕カバーセットムーミンママとローズガーデン2017の全体画像

 

商品ページ:【掛け布団&枕カバーセット:ムーミンママとローズガーデン2017/Finlayson

 

 

新・海のオーケストラ号・ムーミンパパの思い出 2017

最後にご紹介したいのは「ムーミンパパの大冒険」です。

 

 

この話は『ムーミンパパの思い出』からです。

若いときのムーミンパパは様々な場所へ行き、冒険をしてきました。

 

様々な場所に行き、様々な人に出会い、様々な経験をした後、クライマックスを迎えたのは親友フレドリクソンが自らデザインし、作った船「新・海のオーケストラ号」に乗り、空へ、深海へ冒険したときでした。

 

見ましたか?新・海のオーケストラに乗り込んだのはスナフキンのお父さんのヨクサル、フレドリクソン、ムーミンパパ、ミムラの娘(ミムラねえさんかどうかわかりません)とリトルミイです。

 

彼らは深海で何に出会ったのでしょうか?

参考ストリー:5分で読むムーミン小説:ムーミンパパの思い出(5)

 

 

そのような大冒険のワンシーンが布団カバーのデザインになったのです。

ワイトとブラック基調のデザインで所々に黄色のスポットはおしゃれに感じますね。

 

 

フィンレイソン掛け布団枕カバーセット新海のオーケストラ号ムーミンパパの思い出 2017全体画像

 

商品ページ:【掛け布団&枕カバーセット:新・海のオーケストラ号・ムーミンパパの思い出 2017/FINLAYSON

 

 

ムーミンの枕と布団カバーで寝室を彩ろう!

今回紹介した3種類のムーミン布団カバーはいかがだったでしょうか。

 

枕カバーと布団カバーが一体化したデザインでとてもきれいでしょう!

 

3種類の製品もそれぞれ異なるストリー背景を持ち、異なる雰囲気をもたらすので、是非自分や自分の寝室に合う製品を選んで試してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

ムーミンのキャラクターたちがグミになっているファッツェル(Fazar)のグミ。パッケージにはリトルミイがいて、中身のグミはムーミンパパ・ママ・ムーミンなどの6種類のキャラ…...続きを読む
ムーミンスマホクリーナーISOISÄN PUULELUTリトルミイをスマホに貼る
今回おすすめするムーミンのスマホクリーナーは、ムーミン、スナフキン、リトルミイなどの5つのキャラクターのラインナップがあります。リーズナブルでキュートなスマホクリーナ…...続きを読む
フィンランド老舗寝具メーカーフィンレイソンが作るムーミン掛け布団カバー商品の市場価格比較を行いました。各社が販売するムーミン布団カバーの中で最安値はどこでしょうか?
北欧が大好き!ムーミンが大好き!という方には必見、ムーミンデザインの指輪をご紹介しています。キャラクターモチーフのマークか細密デザインのキャラクターを内側に刻むことの…...続きを読む
アラビアムーミンマグカップは1990年代再発売(現在の仕様は1990年代から発売)して以来、そのかわいいらしいデザイン、使いやすいサイズと高い質感によって多くの人々に…...続きを読む
フィンランドの食料品大手メーカーファッツェル(Fazar)のキシリトールのパッケージには、ムーミンと仲間たちが描かれています。中身は普通のグミのようなキシリトールですが、…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら