ジャコウネズミの入れ歯はどうなったの?

公開日:2017年12月24日  更新日: 2018年06月05日 関連分類: 

ムーミンの小説を読んだことのある方には必ず残る疑問でしょう。

 

楽しいムーミン一家』の中で魔法の帽子にジャコウネズミは自分の入れ歯を入れました。

 

その入れ歯は何か怖いものに変わりました。

 

その怖いものは一体なんでしょうか。

 

 

魔法の帽子は帽子に入ったものの姿や性質を変える力を持っています。

 

紙屑を雲に変化させたり、水を木苺のジュースに変えたりします。

 

そして、入れ歯もその姿が変えられました。

 

しかし、『楽しいムーミン一家』の中でどのような姿に変わったかを明らかにされていません。

 

※『楽しいムーミン一家』の書籍より撮影して引用。

その姿に関係する言葉を下記の通りに残しただけです。

 

  • 「ジャコウネズミが恐ろしい経験をする」(第3章の始まり)
  • 「ジャコウネズミがひどく怒っているか、怯えていることだけは、よくわかりました」(ムーミンたちが森でジャコウネズミに出会った時に思ったこと)
  • 「それなら、誰の足跡だろう。とっても変な足跡だね」(ムーミンとスナフキンが洞窟の天井の穴から帽子の周りを見た時)
  • 「ジャコウネズミの入れ歯がどんなふうに変わったか、それが知りたかったら、あなたのお母さんに聞いてごらんなさい。お母さんは、きっと知っていますよ」(作者の注)

 

ムーミンの物語の原作者であるトーベ・ヤンソンはフィンランド人だから、日本人のお母さんが知らないならフィンランド人のお母さんは知っているだろうと思う方もいるでしょう。

 

商品ページ:ムーミンエコバッグ:リトルミィ(レッド) / Bluehouse / フィンランド 北欧

 

しかし、正解は……「誰もその姿を知りません」です。

 

そもそも魔法の帽子が帽子に入ってきたものの姿を変えることに決まったルールがありません。

 

ムーミンが醜い生物に変わったり、お水が木苺のジュースに変わったりするなど、良さそうなものに変わったり、そうでもないものに変わったりしていました。

 

つまり、「どんなものに変わってもおかしくない」と言ってもいいでしょう。

 

その中で、原作者が残した手掛かりは「恐ろしいもの」「変な足跡を残すもの」しかありません。

 

つまり、「足の付いている怖いもの」と読者に想像を膨らませてほしかったでしょう。

 

 

 

 

そして、筆者の数人のフィンランド人友人に聞いてみたところ、これもフィンランド文化と関係なく、フィンランド人のお母さんも正解を知りません。

 

更に、フィンランド語を駆使してフィンランド語の世界で検索してみたが、やはり関連する正解はありませんでした。

 

そのため、日本のお母さんたちはもし子供たちに聞かれたら、もうグーグルで検索して正解を探す必要がありませんよ。

 

自分の想像を膨らませて好きな答えを作ってしまえばいいです!

 

原作者のトーベ・ヤンソンはこの伏線を入れるのは、親を子供の童話書に引っ張り込めたいことが理由かもしれませんね。

 

是非この質問を機に子供と一緒にムーミンの童話小説を楽しんでみましょう!

 

※参考書籍:『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン著、山室静訳、1990年発行

 

じゃこうねずみについてはまだ知らない方はこちらの記事を参照ください。

あまり物語に出てこないのでじゃこうねずみについて知らない方も多いのでは? 実はなかなか癖のある性格の持ち主で基本的には自己中心的なんです。そんなじゃこうねずみの登場シ…...続きを読む

 

 

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む

ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む

全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む

ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む

原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む

 

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら