『わがままな哲学者』じゃこうねずみ:ムーミンキャラクター紹介

公開日:2017年12月25日  更新日: 2019年11月30日 関連分類:

じゃこうねずみはムーミンの物語に少し登場した人物です。

 

なかなか癖のある性格の持ち主です。

 

じゃこうねずみってどんな人?

じゃこうねずみは大きいなネズミのような姿をしている生き物で、全身は黒深い毛に覆われています。

 

自称哲学者で、物事を考えるのが好きなようです。

 

しかし、人のことに気を配ることが苦手で、基本的に自分を中心に物事を考えます。

 

特に自分の考え方を人に押し付ける癖が少しあります。

 

ムーミンの物語で登場した様々なキャラクターの中ではあまり好かれないほうでしょうね。

 

もし偶に出会う人間で例えると、自分の考えに執着する頑固なおじいさんというような感じかもしれませんね。

 

※『楽しいムーミン一家』の書籍より撮影して引用。

じゃこうねずみの登場

じゃこうねずみが最初にムーミンの物語で登場したのは『ムーミン谷の彗星』です。

 

ある大雨の夜にじゃこうねずみはムーミン屋敷に訪ねました。自分の家の半分はムーミンパパが家を作るときに取り壊され、残りの半分は大雨の増水により水に流されてしまったため、家を失ってしまいました。

 

その文句をムーミンパパに言いつけるとムーミン屋敷に泊まることとなりました。その後、彗星の来襲を予言し、ムーミンやスニフを怖がらせていました。

 

 

 

 

その後、彗星の来襲に避難して洞窟に行った時にムーミンのお帰り歓迎ケーキの上に座ってしまってもその事実を隠そうとして、ケーキを楽しみにしたみんなにがっかりさせてしまいました。

 

たのしいムーミン一家』の中ではじゃこうねずみがくつろぎに使ったハンモックのひもが切れ、じゃこうねずみが落ちて激怒しました。

 

その後、子供たちのいない洞窟に行き、飯をムーミン一家に作らせたり、家具を届けてもらったりしていました。

 

最後は魔法の帽子によって怖いものに変身した自分の入れ歯によって覚えてどこかへ逃げ出していきました。

 

商品ページ:ムーミンエコバッグ:リトルミィ(レッド) / Bluehouse / フィンランド 北欧

 

最後に

いかがでしょうか。

 

ちょっと癖のある人物ですが、ムーミンの物語に強弱をつけるような役割でもありますよね。

 

また『たのしいムーミン一家』の中でじゃこうねずみの入れ歯がどうなったのか気になる方はこちらも合わせてご覧下さい。

小説『楽しいムーミン一家』では入ったものの姿や性質を変えてしまう魔法の帽子が出てきました。ジャコウネズミはこの帽子の中に入れ歯を入れました。何か怖いものに変わったよう…...続きを読む

 

 
ムーミンキャラクターの紹介★
他にもたくさんいるキャラクター達の紹介記事をまとめたページになっています。

 

関連記事

ムーミン
日本の大人に人気のキャラクター調査が発表されました。調査対象は20〜59歳の男女。ムーミンは早くから日本でアニメ化されていたので高順位が望めそうですが、結果は何位だっ…...続きを読む
※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行   見た目も思想もかっこいいスナフキンのファンはた…...続きを読む
原作小説では『ムーミン谷の彗星』の最後くらいからムーミン谷に辿り着き、ムーミン谷に住み着くことになったヘムレンさんはヘムル族の1人です。ムーミン谷に住んでいるので物語…...続きを読む
ムーミンの人気キャラクターのニョロニョロですが、実際は何なんだろう?同じ疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?ニョロニョロの名前、特性、好き嫌い、外見の特徴、…...続きを読む
※写真はMoomin.comより引用。   今回は、不思議な仲良しふたり組の、トフスランとビフスランについてお話しましょう。   さて、トフスランとビフスランの名前を聞いた…...続きを読む
  ムーミンの物語には、ちいさなちいさなねずみ達が登場しているのをご存知ですか?   中でもコミックス版では、ムーミンの傍らにいるちいさな真っ黒いねずみをご覧に…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら