フィンランドでサウナから湖クールダウンする時は藍藻に注意!

公開日:2020年9月13日  関連分類:

 

フィンランドの本場サウナでは、クールダウンとして湖や海で泳ぐなんてことはよくある光景です。

それは夏冬、季節問わず。

 

しかし、フィンランドでは「湖や海に注意しましょう」と言われる時期があることをご存知ですか?

 

日差しの良いフィンランドの夏後半から徐々に増えてくる藍藻と言われるシアノバクテリア

 

これがちょっと厄介なものなのです。

 

 

 

 

藍藻(らん藻)シアノバクテリア

熱帯魚などを飼育している人にとってはよく耳にする「藍藻」。

 

「藻」が付くからただの藻類の仲間でしょ?と一見思われますが、これは緑色をした水中に漂う細菌の一群でもありシアノバクテリアと言われることもあります。

 

人によっては「アオコ」と言った方がピンとくるかもしれません。

 

 

一般的には淡水で発生するのもなのですが、フィンランドのバルト海の塩分濃度はとても低いため、この藍藻が海でも発生します。

 

参考:バルト海の塩分濃度・フィンランド人はマットを海で洗う?!

 

この藍藻の何が良くないのかというと、実は人間の肝臓または神経の毒素を生成することができるもので、皮膚刺激物を生成する可能性もある有害なもの。

 

「可能性」という言葉を使うわけは、必ずしも湖や海などで100%この藍藻(シアノバクテリア)だけの影響で害が出ている、、、という判断が不可能だからです。

 

 

しかしながら、人の健康に害を及ぼす可能性があるという前提で処理されるべきもの。

 

決して人体に無害ではないのです。

 

 

藍藻は人にどのような害を及ぼすのか?シアノバクテリアによる症状

藍藻(シアノバクテリア)によって引き起こされる症状は様々。

 

通常は数時間以内に症状が現れます。

 

例えば、

  • 皮膚症状の異変
  • 吐き気、胃の痛み、下痢、嘔吐などといった腹部の症状
  • 鼻水、頭痛、目の炎症、発熱など風邪のような症状

 

これらを引き起こす可能性があります。

 

症状がある場合や、藍藻がみられる場所で泳いだりした場合はきれいな水で十分に洗い流すことが必要です。

 

 

フィンランドの湖や海に藍藻が発生しやすい時期

フィンランドではこの藍藻のことを「シニレヴァ(Sinilevä)」と言い、毎年夏の終わり頃から発生し出すことが多く、だいたいは7月後半〜8月が特に注意です。

 

フィンランド南部は特によく発生しますが、ラップランドやその他の地域でもみられます。

 

 

温暖で穏やかな天候は藍藻にとっても成長・発生しやすい環境であり、フィンランド湾と群島海は、フィンランドの海域の中で最も栄養価が高く、暑い夏には多くの藍藻が生息することがあります。

 

 

困ったもので多くの人がちょうど水浴びしたくなる時期に発生する藍藻。

 

しかも、フィンランドでは入浴水を監視する自治体の健康保護当局は、シアノバクテリアの発生確認をするために毎日浜辺を訪れたり、毎日のようにシアノバクテリアの状況を報告したりしていません。

 

ですのでもし、ここで泳ごう、クールダウンしよう、とする前には常に水の状態を視覚的にチェックしておきましょうとフィンランドでは言われています。

 

 

ではこの藍藻、発生しているのかどうか?どうやって判断すればよいのか??という話になってきます。

 

 

 

 

藍藻はまず目視と臭い、そしてグラスや棒でのチェック方法

残念ながら、この藍藻(シアノバクテリア)の正確な発生期間を推定することは不可能です。

 

ですので自分自身でチェックするか、または藻類モニタリングの情報サイトなどでチェックすることになります。

 

 

藍藻は緑色をしていることが多く、ひどい場合には独特の臭いを発生します。

 

それでも、よく似た害のない緑色っぽいものや藻類は他にも多くあるので、この見分け方が難しいという人もいます。

 

その場合は、グラスと棒を用意してチェックすることもできます。

 

 

透明のグラスなどに水をすくい、約1時間放置して水面に浮かび上がるものがあるかどうかを見ます。

 

画像引用:https://thl.fi

 

緑色の粒子が表面に浮かび上がった場合、それは藍藻です。

 

更に、棒でのチェックは水面を棒ですくってみましょう。

 

藻の塊が棒にぶら下がったままの場合は無害な糸状藻ですが、藍藻の場合は水中で粒子に分解します。

 

 

もっと詳しく正確に知りたい場合は、Järvi&Meri Wikiのサイトでチェックできるでの知っておいても良いでしょう。

 

このサイトではフィンランド環境研究所、ELYセンター、および地方自治体によるフィンランドの内陸水域および海域における全国的なシアノバクテリアの状況を知ることができます。

 

画像引用:http://www.jarviwiki.fi

 

最長で1週間前の藍藻観測状況が表示されています。

(青:藻がない、緑:ややある、黄色:大量にある、赤:かなりある)

 

 

藍藻、どのようなことに注意すべきなのか?

もし、藍藻が発生しているということが分かればどういったことに注意すべきなのか知っておくと良いでしょう。

 

その水域で泳がない方が良い

藍藻がかなり少ないのであれば、軽く水浴びなど体内に入らないようにすれば大丈夫です。しかし、後はきちんときれいな水で洗い流しましょう。

基本は泳いだりしないこと。安全に越したことはありません。

 

子供やペットは遊んだり泳いだりはNG 

幼い子供やペットは、いつ体内にこのシアノバクテリアが侵入するかわかりません。大人でも不注意で口や鼻から侵入する恐れもあるくらいなので特に子供やペットは危険が高すぎます。

 

人間や動物の飲料水として使用はできない

水を沸騰させたらOKでしょ?という方がいますが、実はそれでも全く効果はありません。

 

サウナのロウリュには使えない

驚くことに、最も有害なのはシアノバクテリアがある水を蒸気として使用することです。毒性物質が効果的に蒸発してしまい、鼻から肺へ吸入という行為は容易に体内へ害を取り入れてしまう危険な方法です。

 

食用植物の水やりにもおすすめできない

絶対にダメとも言い切れませんが、口にする植物に与える水としてはおすすめできません。やっぱりきれいな水で育ったものを口にしたいと思う方がより自然なことでしょう?

 

食器を洗う水としておすすめできない

湖や塩分濃度の低いフィンランドの海で食器を洗う、この行為はフィンランドのコテージなどでは珍しくないことです。

他にもキャンプなど野外活動の最中ではササっと濯いでしまいたくなるようなコップであっても藍藻がある場所では食器をきれいにするどころか、毒素をわざわざ食器に付着させているようなもの。

ちなみに、ハイカーが使用する浄水器でも除去されないので注意です。

 

 

藍藻(シアノバクテリア)の発生をどのように防ぐことができるのか?

自然界では幸いなことに、土壌や水中の他のバクテリアがやがて藍藻(シアノバクテリア)の最悪な毒素でさえ分解します。

 

しかし、これらの毒素は藍藻が消えたように見えた後でも数日間、水中に残ります。

 

 

ただ、この藍藻は成長するためには栄養素を必要とするので、より長期的に制御する効果的な方法が1つあります。

 

それは、水域からリンを取り除くこと。

 

 

リンやその他の栄養素は成長する魚に蓄積します。

 

ですので釣りはフィンランドの湖やバルト海からリンを取り除く方法でもあるのです。

 

そのため、国内の魚を食したり、リリースをしない釣りによって誰もが協力できることです。

 

 

しかし、魚はこの藍藻(シアノバクテリア)を食べている可能性はゼロではないため、内臓はできる限り食べないようにしましょう。

 

 

 

 

ちょっと危なっかしい注意点を今回はご紹介しましたが、あまり敏感になりすぎても楽しむことができません。

 

「こういうことも実はあるんだよ」というくらいで旅行の際には頭の隅にも置いておいてくださいね。

 

 

情報・参考:Retkipaikka -MIKSI SINILEVÄ ON VAARALLISTA JA MITEN SEN TUNNISTAA? NÄIN SELVITÄT, MISSÄ ON SINILEVÄÄ – JA NÄIN SUOJAUDUT

 

関連記事

気候厳寒のフィンランドにある動物はとても種類豊富とはあまり言えませんが、いくつか日本ではなかなか見れない種類の動物がいます。大型哺乳類から小さくてかわいい動物、「ユー…...続きを読む
藍藻と言われるシアノバクテリアをご存知ですか?アオコと言われることもあり、時期によってはフィンランドでも湖やバルト海域に発生します。サウナからの湖へダイブ!する前にち…...続きを読む
フィンランドには広大な森があり、毎年様々なベリーが実ります。   黒いベリー、紫色のベリー、赤いベリー、オレンジ色のベリー、高い木が実るベリー、低い木が実るベリー、…...続きを読む
夏の旬であるルバーブ。定番なのはジャムにすることですが、その前に知っておいた方が良いこともあります。そしてルバーブのレシピはジャムだけではないことも。ルバーブを使った…...続きを読む
フィンランドの森を味わいたいならば、針葉樹トウヒの新芽です!意外な食べ物ですが、実は栄養価も高く美容にもいいんですよ。そのままでもシロップでも食べ方は色々。
ジャスティン・ビーバーもなったライム病。マダニが原因って知ってましたか?日本にもいるマダニですが、噛まれたらどうなるのか?対処法や感染症のことなど分かりやすく書いてい…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら