北欧フィンランド・ヘルシンキのお薦め公衆サウナ兼カフェ:真夏のLöylyでサウナと一緒にフィンランドを満喫!

公開日:2017年6月12日  更新日: 2018年05月14日 関連分類:    

ヘルシンキにある2016年にオープンした最新設備を持つ公衆サウナ:Löyly

 

2016年12月の真冬に友人と一緒に訪ねたことがあり、もちろんフィンランドサウナが目当てでした。しかも真冬だったので、体を温めることが何よりしたかったし、冬の「サウナから凍った海に飛び込む」こともとりあえず経験しておきたかったです。

冬に訪れたヘルシンキ最新のサウナ施設Löyly。テレビで見かけるサウナ後の海飛び込み+寒中水泳を体験することができます!(スタッフKの体験を綴っています) もちろんサウナの後…...続きを読む

 

 

真夏のヘルシンキ公衆サウナLöyly

今回は真夏の6月に再びLöylyを訪れました。

 

今回はもちろんサウナではなく、最高な天気に最高な海、風、気温、雰囲気を味わうためです。

 

冬のころにはなかなか気づかないことがたくさんあります。

 

冬には外が暗くて寒いので、とりあえず中に入りたかったですが中に入っても外が暗いので景色を楽しむことができませんでした。

 

夏はやはり全然違います。

 

 

日曜日の朝10時半、まだまだ人が少なく、閑散とした静かな空間です。

 

天気が良く、海面がキラキラしています。

 

穏やかな風が北欧のパラダイス感を全面に持って来てくれます。

 

外には日傘が設置されている席、室外ソファもあるし、室内は全面ガラス張りなので眺望はテラスと全く変わりません。

外に座るもいいし、中でゆっくり休むこともできます。

 

 

 

自然をコンセプトにした最新建築デザイン

 

ちなみに、Löyly建築物全体の主要材料は木材です。まさに森が全土を覆う国であるフィンランドらしい質感です。

 

外見は一見変わってるかもしれませんが、これは岩をイメージとした建築デザインだそうです。

 

更に、テーブルに使う木材は全て環境に優しいリサイクル木材でフィンランド製です。

 

最新設備を持つ新しいサウナとはいえ、フィンランドらしい材質と地球にフレンドリーなコンセプトは心にぐっと来ます。

 

室内も室外も木材を中心に使用し、シンプルでオシャレなデザイン。記憶に残る印象的な空間です。

 

ちなみに6月4日は。。。

ちょうどLöylyに訪ねたのは6月4日の日曜日。フィンランドでは祝日でありながら、ある特別な意味を持つ節日でもあります。

 

フィンランドの友人(しかも二人)によると、「この日までに恋人がいないと、この年の夏は一人で(恋人ができないまま)過ごすことになるだろう」という言い伝えがあるそうです。

 

なんか興味深いですね。もしかしたら、この日を過ぎるとみんなが夏のイベントで忙しくなったり、コテージに行ったりして恋人を作るチャンスが減る?(本当かな?)かもしれません。

 

 

最後に

夏にLöylyのサウナに入るのはもちろん気持ちいいですが、レストラン・カフェ・バーとして利用するのもお薦めです!

 

出張で来られる方はPCを持って混雑していない午前中とかに来てゆっくりコーヒーを飲み、綺麗な海を眺めながら仕事もしくは読書ができます。

 

そんな天気のいい日こそ雰囲気のいいカフェに似合うオシャレなノートを是非参考にしてみてください。

 

 

 

Löyly地図

 

フィンランド式サウナ関連記事

フィンランドのサウナについて英国放送協会BBCの記事に基づいて紹介しています。サウナの昔の驚くべき使われ方からサウナがなぜ神聖たる場所かなど様々な角度で紹介しているので…...続きを読む

フィンランド文化にかかせないサウナ。今回は3種類のサウナとその特徴、またあるフィンランド人女性のお気に入りのサウナやフィンランドサウナ協会の方の話とともに紹介しています。

フィンランド文化といえばサウナですが、高温の場所に入るのにためらいのある方、どのような文化かよくわからない方に向けて10つのヒントをご紹介しています。この記事を通してフ…...続きを読む

冬に訪れたヘルシンキ最新のサウナ施設Löyly。テレビで見かけるサウナ後の海飛び込み+寒中水泳を体験することができます!(スタッフKの体験を綴っています) もちろんサウナの後…...続きを読む

サウナ最新施設のLöyly!サウナの他にもレストランやカフェがありとても魅力的です。今回は冬ではなく夏、6月に訪れたLöylyをご紹介します。出張で来られる方にはあまり混雑して…...続きを読む

ご存知の方もいるかも?しれませんが「サウナ」は実はフィンランド語なんですね。フィンランドでは日本のお風呂みたいに、自宅にサウナのある家庭も結構あるそうです。フィンラン…...続きを読む

 

 

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら