フィンランド人の「恋人」でもフィンランドに住むことが可能!?親密関係ビザについて

公開日:2021年3月13日  関連分類:

 

今まで聞いたことも知ることもなかったのですが、フィンランドの在留資格(ビザ)にはなんと「親密関係ビザ」という項目があります!

 

 

通常多くの国では、「配偶者(婚姻関係)」でなければ、在留資格を発行しないのが一般的です。

 

参考:フィンランドで結婚!?必要な手続きは?

 

 

フィンランドではすでに他の国よりも選択肢が多く、フィンランド人やフィンランド居住者の「パトナー」としても在留資格が発行されます。

 

参考:パトナーシップでフィンランドに移住するには?その手続きと詳細を紹介

 

 

そして、なんと!結婚してなくても、事実婚状態でなくても、「恋人」であれば、フィンランドに移住することが可能です!

 

今回は恋人のような親密な関係を持つ人に活用頂ける「親密関係ビザ」(Residence permit on the basis of intimate relationship)についてご紹介します。

 

 

 

 

フィンランド人やフィンランド居住者の恋人でもビザ申請可能だが、簡単ではない

「結婚してなくても、事実婚状態でなくても、「恋人」であれば、フィンランドに移住することが可能」と話しましたが、簡単ではありません

 

 

まずはこの親密関係ビザを申請するに簡単な部分から説明していきましょう。

 

まずはフィンランド人もしくはフィンランド居住者とは安定した恋人関係にあり、これからともにフィンランドで生活していきたいという意欲と理由を文書で説明し、提出する必要があります。

 

そして、二人とも結婚していない状態の証明書も必要です。

 

 

この「恋人ビザ」(親密関係ビザ)を申請するにあたり、一番難しいのは「事前に収入の確保」です。

 

毎月1000ユーロ以上(約13万円、ユーロ=130円)の収入がないとこのビザは発行されません。

 

 

しかも、フィンランド人やフィンランド居住者パトナーの収入や貯金に頼ることはできません

 

なぜなら、フィンランドの法律上、婚姻関係でもパトナーシップでもない二人は同じ家族ではありません。

家族ではない二人が経済的に支え合うことは法律上認められません。

 

 

そのため、もしフィンランドに移り住むには日本での仕事をいったんやめないといけないなら、安定した収入を証明できない分、恋人ビザは下りないでしょう。

 

 

もし、現在すでに日本で仕事をしており、その仕事をフィンランドに移り住んでも続けることができれば、恋人ビザの取得はだいぶ簡単になります

 

 

「フィンランドで何かしら仕事見つければいいんじゃないの?」という疑問を持つ方もいるでしょう。

 

ここでもう一つの難点は、「恋人ビザ」を持つ人がフィンランドで就労するには制限があり、どんな仕事でもできるわけではありません。

 

できる仕事は下記の通りだけです。

  • 会社で中級や上級管理職、もしくはスペシャリスト
  • プロのアスリート、コーチ、トレーナー、審判
  • 宗教関連組織や非営利組織に勤務
  • 科学、文化、芸術分野の専門家
  • 国際的な組織や国を跨ぐ仕事に就く

 

 

ただ、上記のほとんどの仕事は普通に就労ビザを取得できるので、わざわざ恋人ビザを申請しなくてもいいんですけどね。。。

 

 

 

 

なので、「事前に収入を確保する必要がある」という現実的な条件を考えると、適応する人は結構限られると思いますね。

 

例えば、作家やライターもしくはインターネットに通じて仕事をしている方など、日本に住んでいなくても仕事ができ、日本もしくはほかの場所から毎月1000ユーロ以上の収入が得られるなら、恋人ビザの申請が可能です。

 

他に、日本に不動産があり、家賃収入が毎月得られる場合、もしくは毎月年金をもらっているなら、恋人ビザの申請ができます。

 

 

もちろん、「恋人状態」の証明も必要です。

しかし、証明書がないので、できるだけ様々な資料をまとめて提出しましょう!

 

 

収入確保という難関がありますが、結婚でも事実婚でもない、恋人状態でもフィンランドに移住することを可能にする恋人ビザですが、是非選択肢の一つとして考えて頂ければと思います。

 

 

参考:Residence permit application on the basis of intimate relationship

 

関連記事

世界のどの国にもお金持ちはいます。フィンランドにも資産1億円を超えるお金持ちが5000人以上もいます。彼らはお金持ちのフィンランド人として、自分のことをどう考えている…...続きを読む
フィンランドでは学校に行かず家庭で学習する生活を送る子供達が400人以上います。そんな子供達はフィンランドでどんな生活を送り、親はどんな理由で子供達にこの環境を選択肢…...続きを読む
  日本では考えられないことですが、フィンランドでは当たり前のように効率的に行われているのです。     例えば、引っ越しです。   「住所変更」の手続き、…...続きを読む
日本の政府は中央政府、都道府県、区市町村の3階層構造ですが、フィンランドはどんな構造かご存知でしょうか?そして、フィンランドの区市町村政府はどんなサービスを提供してい…...続きを読む
ホームスクーリング、メリットもあればデメリットもあります。子供にとって最善な環境を選ぶのは親ですが、また注意点や心構えもあります。フィンランドの自治体や協会側からみた…...続きを読む
日本でも昔実施されたことあるシステムだと思いますが、空き缶とペットボトルをリサイクルするとちょっとお金が返ってくるシステムは今でもフィンランドで実施されています。この…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら