トナカイ食べました!トナカイは北欧の名物料理?!

みなさま、トナカイを食べたことはありますか?トナカイって、あのトナカイですよ。
サンタクロースのソリを引くクリクリお目々のトナカイさんです。

トナカイ料理はフィンランドやスウェーデンの名物料理のひとつ。
北欧では普通に食べられています。

数年前、私はトナカイ肉を食べる機会がありました。
友人のご主人がスウェーデンの方でして、日本旅行の際にお土産として持って来てくれたのです。

はじめ、トナカイと聞いてちょっとビビリました。
かわいこちゃんを食べちゃうんだ・・・と軽いショックを覚えたのです。

まあ、鳥や牛、豚をバクバク食べるくせに「何がショックだ?!」という感じですが、衝撃が走ったのは事実。

差し出されたのはトナカイの燻製でした。
燻製なので色は焦げ茶色。

ホットワインと共に頂きました。

口にした感想は・・・

結構拍子抜けw

あまり驚くことなく、ムシャムシャ完食。

ビーフジャーキーよりもアッサリしていて、予想以上に食べやすかったです。
匂いがキツイかと思ったのですが、そんなことはありませんでした。

まあ、最初のショックを忘れ、バクバク食べていましたよ。
げんきんなものですww

ちなみに、トナカイ肉はヘルシーなんですって!

フィンランド政府観光局公式ホームページの情報なので間違いないかと思います。

上記ページに「ビタミン12, オメガ3, オメガ6が豊富で、脂肪分が少ない」と明記されています。

トナカイはその見た目から想像できるとおり、シカの仲間。
偶蹄目シカ科の動物です。

よく考えれば日本でも鹿肉を食べますから、「トナカイ食べるの?!」なんて過剰反応しなくてもいいのか・・・。

まあ、みなさん。
フィンランドやスウェーデンに行く機会がありましたら、ぜひ一度はトライしてみてください!
鹿ならともかく、トナカイはなかなか日本では食べられませんからね~。

そして感想をぜひお寄せください!

では、日本スタッフのYでした。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら