『不思議な存在』ご先祖さま: ムーミンキャラクター紹介

公開日:2019年6月4日  関連分類: 

 

ムーミンたちのご先祖さまのことを、ご覧になったことはありますか?

そもそも、ムーミンたちにご先祖さまがいることをご存知でしたでしょうか。

 

 

ムーミンがいて、ムーミンパパムーミンママがいて、そのパパとママの若い頃のお話などもあるのだから、さらにパパとママのパパとママがいて……なーんてことは当たり前ではあるのかもしれませんが、ムーミンの物語では「ご先祖さま」がはっきりと描かれています。

 

それも、遠い遠い昔のおはなしの中などではなく、ご先祖さまは確かにムーミンたちと出会います。

 

 

今回は、不思議な存在「ご先祖さま」について、ご紹介したいと思います。

 

 

不思議な存在・ムーミンたちのご先祖さま

ムーミンの物語の中で、ご先祖さまは「ご先祖さま」というキャラクターとして明確に描かれています。

ふわっとした概念として会話などに出てくるものなどではなく、姿を伴って登場します。

 

 

だけど不思議なことに、ご先祖さまをご先祖さまたらしめているのは、ムーミンたちの認識だけであって、別に自己紹介されたとか、そういうことではなかったりします。

 

 

ちょっと回りくどい説明になってしまいましたね。

わかりにくいかもしれないので、もう少し詳しくお話ししましょう。

 

 

 

ご先祖さまがご先祖さまである理由

まず、ご先祖さまは言葉を話しません。

その理由が、”話せないから”なのか、”話さないから”なのかはわかりませんが、どちらにせよ、言葉での意思疎通は図れません。

 

 

そして、その登場も神秘的なものだったり神々しかったりすることはありません。

 

小説では水浴び小屋の戸棚の中から現れるのを見たトゥーティッキが「あれはネズミでもなんでもなく、トロールなの。あなたの先祖ね」と教えてくれたりするし、

 

コミックス版ではムーミンたちが訪れたとある島の地下の洞くつでミイラか化石にようになって眠っているのを発見したりするし、(その後生き返ったりもするし)

 

はたまたアニメ版では、ムーミンパパのタイムマシン発明によって大昔のムーミン谷に迷い込んだムーミンたちがご先祖さまに出会い、「あれはご先祖さまに違いない!」となるだけだったりします。

 

 

だから、どの場合でもご先祖さまがご先祖さまである証拠なんてひとつもなくて、ムーミンたちが「ご先祖さまだ!」と思ったからご先祖さまなのであって、それ以上でもそれ以下でもないのです。

 

なんとも不思議なお話ですよね。

(もっとも、ムーミン谷に不思議はつきもの、という感じもしますが!)

 

 

ちなみに、登場の仕方だけでなく見た目も描かれる媒体によって大きく違っていて、

 

小説版やアニメ版ではふさふさの毛が生えている上にしっぽがあって小柄だし、

コミック版ではムーミンたちをそのまま縦に引き伸ばしたかのようにひょろ長かったりします。

 

(ムーミンの物語は小説版・アニメ版・コミック版などがあり、それぞれで設定や描写が異なっていることが多くあるのです。)

 

 


Moomin.comより引用

ご先祖さまの生態

ご先祖さまはどの媒体でも未知の存在として描かれています。

 

そもそもエピソード自体多くないですし、喋らないので、彼らの様子から推測するほかありません。

 

どの媒体のムーミンの物語でも関わらずすべてに共通してわかっているのは、焚き火や暖炉が好きらしいということくらいです。

 

 

たとえば、アニメ版では……

ご先祖さまはムーミンたちより小柄で、小さなミィと同じくらいの大きさで描かれており、2本の足で立ちはするものの、ぴょんぴょん、とカンガルーのようなポーズで飛んで移動します。

 

 

そんなご先祖さまたちがひょんなことからムーミンたちの家にやってくるのですが、これがもう、やりたい放題。

 

ムーミンママが焼いてくれたクッキーを一瞬のうちに食べつくしてしまったり、

振り子やシャンデリアにいたずらをして壊してしまったり。

 

その勢いはすさまじく、「あたしよりやることがすごいわ」といたずら好きのミィに言わしめるほどでした。

 

 

 

 

まとめ・不思議な不思議なご先祖さま

いかがでしたか?

 

今回は、ムーミンの物語の中でも特に不思議な存在であるご先祖さまについてご紹介しました。

ニョロニョロ程ではないかもしれませんが、不思議度は結構なものだったでしょう。笑

 

 

今回のご紹介記事が、よくわからなくて不思議な存在であるご先祖さまのことを、少しでも知るきっかけになっていたら嬉しいです。

 

 

ちなみに、そんなご先祖さまがキャラクターとして人気がある……というか、グッズ展開がされているのは、小説版・アニメ版のふさふさバージョンが多いです。

コミックス版のご先祖さまも時々見かけるのですが、こちらはひょろっとしているし少し不気味さがあったりするので、親しみやすいのはふさふさバージョンの方かもしれませんね。

 

 

ムーミングッズというと、アラビア食器が有名だったりしますが、ふさふさのご先祖さまはぬいぐるみなどもとてもかわいくて人気なんですよ!

 

興味が出た方は、この機会にぜひご覧になってみてくださいね♪

 

 

関連記事

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。













ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら