【動画】ヘルシンキのど真ん中に本物の大自然がある?生活に大自然が溶け込むフィンランドスタイル@ヘルシンキ中央公園

公開日:2020年5月4日  関連分類:

一国の首都にある大きい公園ってどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

日本の首都東京でいうと、大きい公園は代々木公園とか、都内にある大自然と言えば高尾山辺りもしくは青梅辺りではないでしょうか。

 

 

東京に住んだことある人から考えてみると、フィンランドの首都ヘルシンキにある大自然は本当にあり得ないほど身近です。

 

 

ヘルシンキの大自然を代表する一つの場所は「ヘルシンキ中央公園」です。

一番南はヘルシンキ中央駅からとても近いTöölö湾から、北側はヴァンター市の境目まで広がり、南北11キロも及ぶ大きいな公園です。

 

しかも、「公園」と言ってもそのほとんどは「森」の状態です。

 

「中央公園に行きます!」と言っても実質は「森に行く!」ということです。

 

 

 

 

身近にある贅沢な森:ヘルシンキ中央公園

筆者の家はヘルシンキのパシラという場所にあり、ヘルシンキ中央公園まで徒歩わずか15分程度です。自転車で行けば5分程度。

 

そんな近い場所に大自然があるのです。

 

 

そこにさえ入れば、新鮮な空気、静かな場所、ひとりの空間を存分に贅沢に楽しめます。

時間の流れも忘れ、ゆっくり過ごせるのです。

これこそ身近な大自然の魅力と言えるでしょうね。

 

フィンランド人にとって大自然の魅力もここにあるでしょう。

 

 

もちろん、ヘルシンキ中央公園のほとんどが森であっても、ヘルシンキ市のど真ん中にあるので、人は比較的に多いです。

単純に歩いて通る人、散歩する人、犬散歩やジョギングする人、マウンテンバイクを楽しむ人に良く出会います。

 

また、中央公園はヘルシンキの真ん中にあるため、自転車の利用者にとっては交通の要でもあります。

 

 

アクセスも機能性もよく、利用しやすい

森を自転車で走りぬきたい方にとってはこんなに身近で乗りやすいコースは他にないでしょう。

 

また、農作業を楽しめる貸農園があったり、無料のバスケットボールコートやアイスホッケーコート(夏はフロアボールやサッカー場)もあるので、楽しむ手段も多種多様。

 

更に、騎馬クラブもあります。

中央公園内には馬専用のルートがあります。

表面が硬い自転車や歩行者用のルートと違い、馬用のルートは路面が柔らかいです。

 

馬に乗って森を通りぬくのも普段なかなかできない体験でしょう。

でも、ヘルシンキのど真ん中でできます。

 

 

是非動画に通じて雰囲気を感じて頂けたら嬉しいです!

 

 

 

今回歩いたルートはこちらです。

 

 

関連記事

「身近な大自然」とはどういうことでしょうか。それをフィンランド・ヘルシンキの環境で解釈します。すぐにアクセスできる大自然、森、新鮮な空気、一人だけの空間。それらを存分…...続きを読む
フィンランドではどんなベリーが取れるのか?味は?それぞれご紹介。そしてフィンランド国産のベリーで栄養素をそれぞれ比べてみました。ビタミンや葉酸、食物繊維が一番豊富なベ…...続きを読む
マイナス気温になるフィンランドの冬、この極寒で鳥達はどうやって春まで過ごしているのか気になったことはありませんか?水鳥がどうして凍りつくような湖で優雅に浮かんでいるこ…...続きを読む
アンズダケというヨーロッパではよく知られるキノコ。実は日本でも多く育つキノコです。なぜ日本では流通しないのか?そして美味しいフィンランドのアンズダケ・レシピとアンズダ…...続きを読む
日本でも自然を感じることはできますが、森と湖の国であるフィンランドの森はなぜか異なった雰囲気を感じさせてくれます。それはどのような雰囲気なのか?そしてフィンランド人に…...続きを読む
フィンランドには広大な森があり、毎年様々なベリーが実ります。   黒いベリー、紫色のベリー、赤いベリー、オレンジ色のベリー、高い木が実るベリー、低い木が実るベリー、…...続きを読む

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら