キックスレッジ世界大会 フィンランドの一風変わったお祭り (Kicksled World Championship)

公開日:2018年2月9日  更新日: 2018年12月20日 関連分類:  

 

※写真出典:Nick Simpson

 

キックスレッジ!?

はてなが頭に浮かぶ方も多いでしょう。

 

どういうことかというと「足で蹴る雪ぞり」です。

 

 

足蹴りそりについて

足蹴りそりはとても簡単な構造をしています。

 

基本的に2枚の細長い板を固定し、手が掴める高さに横方向の棒をくっつけたものです。

 

手が横の棒を掴み、両足が2枚の板に立つ形で、片足を上げて地面を後ろに蹴って前に進めるという使い方をしています。

ブレーキがないので、基本的に足を地面に下ろして止めるか、自然に止まることを待つかです。

 

 

足蹴りそり(キックスレッジ)は1890年代にスウェーデン北部で最初に使用され始めたと言われており、最初は木材で作られていたため、重量はかなり重いそうです。

 

現在は軽量な金属で作られているので、かなり操作しやすくなり、スピードも出やすくなります。

 

 

 

 

足蹴りそりの沿革

燃料が要らず故障もしにくく、製造コストがとても安い足蹴りそりは北欧エリアの極寒な冬に移動するに非常に便利な手段の一つです。

 

しかも少し改造すれば椅子をつけて人を乗せたり、荷物を運んだり、犬に引っ張ってもらったりすることも簡単にでき、汎用性の高い移動ツールです。

 

その同時に1900年代初期からスポーツとしても発展し、足蹴りそりでスピードを競う大会が始まり、フィンランドのムルティア(Multia)でも現在毎年継続に世界大会を開催しています。

 

 

下記は2016年大会の模様です。様々なパフォーマンスもあったようですね。

 

 

 

 

 

2019年キックスレッジ世界大会について

現在足蹴りそり(キックスレッジ)世界大会は毎年の3月ごろにフィンランド中部の小さな町ムルティア(Multia)で開催されています。

 

ムルティアは中部の町ユヴァスキュラから車約1時間弱の町です。

 

フィンランドの多くの祭りは気候の良い夏に開催されますが、キックスレッジ大会は珍しく冬に開催されます。

暗くて寒い冬の一つの楽しみになるのではないでしょうか。

 

2019年は3月8日(金)~10日(日)に開催され、応募締め切りは3月5日までですので、参加するなら是非お早めに!!

 

また支払い期限日によって参加費が少しかわる項目もあるので参加される方は早めに登録するとお得です。

 

ちなみに、競技実際の様子はこんな感じです。

 

 

ちなみに2019年で31回目の大会を迎えます!!!

 

 

開催概要

  • 開催日:2019年3月8日(金)から10日(日)
  • 応募締め切り:2018年3月5日
  • オフィシャルサイト
  • 応募方法:オンラインフォーム記入
  • 項目と参加費(支払い期限日によって費用が変わるため注意)
種目/応募締め切り期間 2018年12月31日まで 2019年2月28日まで それ以降
100メートル(男性、女性) 5ユーロ 6ユーロ 8ユーロ
1500メートル(男性、女性) 5ユーロ 6ユーロ 8ユーロ
600メートル(40代、50代、60代以上、それぞれ男性、女性) 5ユーロ 6ユーロ 8ユーロ
2人交代900メートル 10ユーロ 10ユーロ 10ユーロ
チャリティーレース 25ユーロ 30ユーロ 35ユーロ
子供レース 1ユーロ 1ユーロ 1ユーロ
マラソン(男性、女性) 10ユーロ 10ユーロ  10ユーロ

 

 

 

フィンランド観光局からも紹介!

フィンランド観光局からも紹介されています!

ご存じない方もおられると思うのでご説明しますと、キックスレッジは、雪上で滑らかに移動するための乗り物です。いわば、冬季用スクーターとでも言った感じでしょうか。このキックスレッジを使った競技が中央フィンランドのムルティア(Multia)で開催されます。

フィンランド観光局

 

ムルティア(Multia)

 

開催場所のムルティアは1868年に設立された町で人口はおよそ1700人です。フィンランド中部のユヴァスキュラから西へ60キロに位置しています。

 

ユヴァスキュラについてはこれまでにいくつか紹介記事があるので興味のある方は是非合わせて読んでみてくだい。

 

地図:

 

他のフィンランドのお祭り

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら