北欧フィンランド・ユヴァスキュラお薦めの観光地:アールト建築群見学散策

アルヴァ・アールトはフィンランドを代表する20世紀の建築家、都市計画家、デザイナーで、フィンランド近代建築や近代デザインを代表する数々の建築やデザイン作品を生み出していました。

彼の生涯にある多く代表作や関係建築は出生地の近くである中部フィンランドのユヴァスキュラや首都ヘルシンキにあります。

参考記事はこちら:

知らないと損!フィンランドデザインと言えばこの方!【アルヴァ・アールト】

フィンランド屈指の建築家・デザイナー【アルヴァ・アールト】の自邸大公開

今回はユヴァスキュラの市中心部に点在するアールトの建築作品を紹介していきます。

ルート紹介

電車や長距離バスの出発到着地であるトラベルセンター(Matkakeskus)から徒歩で回るルートをご紹介します。

全長は約3.5キロで約半日で回り切れる内容です。

公式紹介サイトはこちら(英文のみ)

※ユヴァスキュラのトラベルセンター。

シティ・シアター

まずトラベルセンターから徒歩7分で到着するのはシティ・シアターです。

アールトの死後6年目となる1982年に完成した本建築には551席を有するメインステージと98席を有するサブステージによって構成されています。

ホールは自由見学可能です。(夏期間中は閉館)

  • 住所:Vapaudenkatu 36, 40100 Jyväskylä
  • 地図

ユヴァスキュラ市庁舎

シティ・シアターから緩やかな坂道を少し登るとすぐ隣に市庁舎があります。

1899年に完成された築118年のユヴァスキュラ市庁舎ビルは1998年以降文化遺産として保護されています。

この建築物の様式はユヴァスキュラ文化の重要な一部になっています。

  • 住所:Vapaudenkatu 32, 40100 Jyväskylä
  • 地図

ユヴァスキュラ大学セーミンナリンマキキャンパス

市庁舎から徒歩約12分で到着するのはユヴァスキュラ大学のマインキャンパスであるセーミンナリンマキキャンパスです。

アールトの手によってデザインされた本キャンパスは1951年~1970年の間に完成され、フィンランドで最も美しいキャンパスとも言われています。

アルヴァ・アールト博物館

ユヴァスキュラ大学の隣、坂を下ればアルヴァ・アールト博物館はすぐそこにあります。

博物館に行くことは、アールトのデザイン、建築様式、生涯歴史を知ることだけではなく、アールトがデザインした建築にいるのはどのような雰囲気を感じられるかも一つ重要なポイントです。

  • 営業時間:通常火~日11:00~18:00、月曜閉館。7~8月火~金10:00~18:00、土日11:00~18:00、月曜閉館。
  • ウェブサイトはこちら
  • チケット:成人6ユーロ、学生4ユーロ
  • 住所:Alvar Aallon katu 7, 40600 Jyväskylä
  • 地図

Tietotalo(元警察署ビル)

博物館の後に、市庁舎のエリアに戻り、Tietotaloに行きます。

Tietotaloの直接翻訳は「情報ビル」という意味になります。

この建築はアールトがデザインしたユヴァスキュラの行政センターエリアの一部になります。

本来は警察署ビルとして使っていましたが、現在はオフィスビルになったいます。

本来警察署ビルのデザインとしてはより重い雰囲気になるはずだったが、アールトはその慣習を一変し、周りの風景に溶け込めるようにより雰囲気の明るい建物にしました。

平日なら一階にランチを食べることができます。

  • 住所:Kilpisenkatu 1, 40100 Jyväskylä
  • 地図

最後にトラベルセンターに戻ります

トラベルセンターと鉄道の向こう側を繋ぐ歩道橋があります。

最後にこちらで少しお散歩してもいいでしょう。

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られていますが、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品の発掘に力を注ぎ、まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら