泥んこバレー世界選手権 フィンランドの一風変わったお祭り(Swamp Volley World Championship)

公開日:2021年8月4日  関連分類:

 

フィンランドには変わったお祭りがいくつかもあります。

 

例えば、有名なのは「エアギター世界選手権大会」や「ベリー摘み世界選手権大会」などがあります。

 

エアギター世界選手権大会に日本人選手がよく参加したり、ベリー摘み世界選手権大会に日テレの番組「世界の果てまでいってQ」の宮川大輔が参戦したり。

 

 

今回はフィンランドンの「泥んこバレー世界選手権大会」お祭りをご紹介します。

 

昔にも紹介させて頂いた「泥んこサッカー世界選手権」にちょっと似たような「泥大好きな」大会です。

 

 

 

 

いかに日々を、夏を楽しむ泥んこバレー大会

冬が長く、夏が短く、森と湖しかないフィンランドでは、いかに短い夏を、身の回りにある大自然を楽しむかが大事です。

 

そのために、様々な変わったお祭りがフィンランドの土地で生まれたのです。

 

 

その中の一つは「泥んこバレー世界選手権大会」です。

※フィンランド語は「Suolentis」

 

その競技のやり方は想像の通りで、泥地でバレーボールをやることです。笑

 

 

一応ちゃんとした競技ルールもあります。

 

  • コートサイズは7×15メートル
  • ネットの高さは通常ビーチバレーより10センチ低い
  • スパイクや攻撃はできない
  • コート上に各チームの選手は4人ずつ

 

 

泥の深さはほぼ膝までなので、ジャンプはもちろんできないし、走ることや素早い動きは至難の業。

そのため、一人の届く範囲は大体1歩踏み出せる程度の距離になります。

 

 

「競争」というのはあくまでも大会の一つの要素に過ぎません。

いかにこの大会や競技に通じて楽しむかが一番重要です。

 

 

なので、コスプレーしたり、面白い服装や飾りにしたりしてやる人が多いです。

もはや全身泥まみれにすることが目的でしょうね。

 

 

そのような気持ちで臨むべき大会です!笑

 

 

 

 

大会は最初に2003年に遊びのような形で始まり、今となってもうほぼ20年もの歴史を持ちます。

昨年は未開催でしたが、2021年の今年は開催され、120チームも参加し、約千人もの人々で賑わっていたとか。

 

 

 

 

しかも、泥んこバレーだけではなく、ミュージックステージ、サウナ、売店も併設されるため、大会というより、地元の祭りのように楽しめるでしょう。

 

 

開催地はフィンランド地方都市ミッケリの北にある「Haukivuori」という村です。

ヘルシンキから約240キロの距離で、車で約3時間の道のりです。

 

 

ちなみに、2022年は7月29日~30日開催予定で、今から応募可能です。

参加料金は1チーム200ユーロです。(約2万6千円、ユーロ=130円)

 

 

公式サイト:Swamp Volley Suolentis

写真は公式サイトから引用。

 

関連記事

フィンランドには一風変わったお祭りがあります。それが、泥んこサッカー世界選手権です。その名の通り泥んこになりながらサッカーをします。泥んこサッカーの起源やルールなどに…...続きを読む
毎年オウルというフィンランド北部の都市で、エアギター世界選手権大会というものが開催されているってご存知でしたか?エアギターはギターを弾く「フリ」をして、そのパフォーマ…...続きを読む
奥様運び世界選手権はその名の通り、奥さんを夫が運んで障害物を乗り越えて時間を競う大会です!日本人参加者も過去にはいたようです。どちらかというと楽しもう!という大会にな…...続きを読む
ヘヴィメタルと編み物を同時に?!2019年は日本人が優勝しましたが、大会の内容はどうなのでしょうか?そしてこの変わった大会は誰が思いついたのか、エントリーするにはルールもあります。
ビーチバレーではなく、泥の上で泥まみれでバレーボール!?フィンランド独特なスポーツ祭りをご紹介します。
2012年にとある日本の番組に取り上げられて以来、日本でも知ってる方がいるのではないかというベリー摘み世界選手権!フィンランド北東部に位置しているスオムッサルミ(Suomussa…...続きを読む

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら