北欧フィンランドお薦めの観光プラン:サマーコテージの旅(1.目的)

北欧・フィンランドと言えば「極寒」「ムーミン」「サンタクローズ」などがイメージに浮かぶでしょう。

しかし、実に知られていないだけでフィンランドで最も人気のある休日の過ごし方は「コテージで過ごす」ことです。

「コテージ」は「別荘」のような所で、自宅から遠く離れた場所で休日を過ごす場所です。

特に夏になると多くのフィンランド人は数週間の休みを取り、森にあるサマーコテージに行ってゆっくり過ごします。

※フィンランド中南部の湖水地帯にある極一般的なサマーコテージ。

日本で過ごす人々にとっては「え?ただ田舎で数日間過ごすだけじゃん!?」と思われるでしょう。

しかし、これはまさに「マジック」のかかったようなことで、コテージにさえ行けば「幸せ」「満足」「楽しさ」を得ることができるんです。

不思議と思うでしょう?

「北海道とか日本でも似たような場所があるでしょう?」と思うかもしれません。

実は多くの条件では、フィンランドで得られる「コテージで感じる幸せ」は日本で得られにくいかもしれません。

そこにはいくつかの理由があると思います。

自然だけで気持ちが良すぎる環境

一つ目は「温度」です。

北欧・フィンランドの夏は暑くても30度、朝晩は15度前後の気温で、熱くなく寒くもなく、ちょうど陰にいたら涼しく感じ、日差しに当たったら暖かく感じる気候です。

室外で過ごすには最も気持ちの良い温度でしょう。

二つ目は「風」です

フィンランド中南部の湖水地帯は少し海から離れてあり、夏に風が穏やかになりやすく、多くの時間には気持ちよいほどの弱い風が吹いている感じです。

※無風状態で湖も鏡のように見えます。

三つ目は「湖」です。

更にフィンランドに湖が多く、多くのコテージが湖の近くに建てられてあり、湖の水辺まで行くことが簡単にでき、一面広がる大自然に包まれる環境にいることができます。

湖がもたらしたのは「水」や「水上アクティブティ」だけではありません。

湖がもたらしたのは「開放感」です。

遠くまで広がる開放感は一つの醍醐味でしょう。

※朝四時の湖に霧がかかり、神秘な絶景になります。

四つ目は「日が長い」です。

フィンランドの夏は日照時間が長いです。

日没が22時以降なので、晩御飯を食べてからの釣り、ハイキング、サウナ、ベリー摘みなどができます。何もせずに夕日に照らされながら湖の傍にあるベンチでゆっくりコーヒーを飲むのも北欧らしい幸せの感じ方でしょう。

このように多くの環境条件によって、「自然だけ」で気持ちが良すぎる環境にいることさえできれば「幸せ」「満足」「楽しさ」を自然に感じることが難しくないでしょう。

※夜9時でも室外で読書や釣りができます。

人が少ない環境

北欧諸国には「土地が広くて人口が少ない」特徴を持っています。

フィンランドを例に挙げてみると国土面積は日本の9割ほどですが、人口はわずか日本の4%程度しかありません。

つまり、わずか550万人が日本の本州、北海道、四国で過ごす感じです。

人が少ないというのはどいうことかというと、「交通に費やす時間が少ない(交通ストレスが少ない)」「大自然にアクセス時間が短い」ということです。

例えば、人口の密集している東京都23区から出て青梅や高尾山など大自然に囲まれる場所にたどり着くにはざっくり電車で1時間~1時間半。ドアツードアで予想すると片道だけで2時間です。

大自然に囲まれる代価は「片道2時間」です。

フィンランドの首都ヘルシンキの市中心から緑いっぱいに囲まれる場所まで電車もしくはバス30分で十分です。

わずか30分の交通範囲内に海も緑もたくさんあります。

人口が少なくて国土が広いからこそ「交通ストレスがたまりにくい」「簡単に大自然にアクセスできる」条件が成り立ちます。

余計な情報を遮断できる環境

もう一つは外国人ならではの条件ですが、フィンランド語を話すフィンランドでは、コテージに行くと自然と不要な情報を遮断することができます。

テレビを見ることがなければ新聞を読むこともありません。

漫画、雑誌も簡単に手には入れませんし、どっちみちフィンランド語は読めません。

森の中なのでネットが繋がらないことも少なくありません。

便利なネット接続によって情報が氾濫する時代だからこそ、一時期不要な情報を完全に遮断し、五感と脳を完全にリラックスさせることによって得られる幸福感があると思います。

コテージに行こう!

観光も遠くから来られた日本の方々にとって非常に大事だと思いますが、フィンランドのコアバリューである「大自然での生活」を一度体験してみてほしいです。

次の記事にどのように準備するかをご説明します!

他の記事はこちら

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。

スポンジワイプ :サイレントナイト / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :スムージー / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブラックティーカップ / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブラックティーポット / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :クリスマス・クリーニング / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :レッドワイン・アンド・ディナー / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブルーベリーライム / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :カラフルスパイス / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :VIRNA・グリーン / True Colours Design / フィンランド 北欧
 TRUE COLOURS DESIGN 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ツリーアンドハート / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :VIRNA・グレー / True Colours Design / フィンランド 北欧
 TRUE COLOURS DESIGN 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブルーティーカップ / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :アップルジュース / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :TIVOLI / True Colours Design / フィンランド 北欧
 TRUE COLOURS DESIGN 
 キッチン雑貨 
スポンジワイプ :ブルーティーポット / More Joy / フィンランド 北欧
 MORE JOY 
 キッチン雑貨 

二点以上のお買い上げでお得

2点のご購入で最大10%割引、5点のご購入で最大15%割引。詳細はこちら

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られていますが、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品の発掘に力を注ぎ、まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら