フィンランド北部ラップランドで北極圏55キロハイキング!Hetta-Pallasルート(3)

公開日:2020年9月24日  関連分類:

 

初めての宿泊小屋に到着直後に大雨が降り出しました。

午後3時半という早い時間で今日のハイキングを終わりにするか、8キロ先にある次の小屋まで行くかという選択に迫られています。

 

 

初日はメンバーの誰にとっても荷物が旅の中で一番重いときです。(食べ物がまだ消費されていないので)

且つ天気予報が雷雨で、雨降ったりやんだり晴れたりして非常に不安定で、心理的にも不安をもたらしています。

 

最後の決め手は、「この宿泊小屋は今空いている」ことです。

 

次の小屋に到着できても遅い時間になり、宿泊小屋が満員になっていてもおかしくないです。

となると、雨の中でテントを張り、食事を用意しないといけない可能性があります。

 

という様々なリスクを考えると、次の小屋まで行くことをやめ、今のPyhäkero小屋に泊まることにしました。

 

 

 

 

最高な小屋、最高な場所、最高な時間

正直に言うと、この旅の中で最高な場所や最高な時間がたくさんありました。一つだけにするのは難しすぎます。

 

 

Pyhäkero小屋に泊まると決めたら、すごく気分が楽になり、まずコーヒーを淹れることにしました。

まさにアフタヌーンティーならぬ、アフタヌーンコーヒーです。

 

 

雨降っていたのですが、小屋のテラスにあるベンチに座り、ゆっくり景色を眺めるのは最高な時間です。

森と緑に囲まれた場所はいるだけで気持ちいいです。

(しかも雨は蚊の数を減らしてくれます)

 

 

サングリアを飲んでいた頃ちょうど雨が止み、夕陽の日差しが差し込み、すべてが黄金色に輝いていました。

風も涼しく。

 

 

我々が到着した後に、他のチームは続々と到着してきました。

4人のフィンランド人女性チームは雨宿りをし、軽い食事を取ったら、次の宿泊小屋を目指して出発しました。

次に6人のフィンランド人2世代チーム(4人の若者と2人の親)が全身びしょぬれで到着、テント設置へ。

 

最終的に小屋の周辺には合計20人以上が泊まることになりました。

 

 

 

 

サーセージとマッシュポテトとサングリアの夕食

コーヒーを飲み終えた後、続々と到着する人々を眺めること以外特にやることもないので、6時ごろに早めに夕食を始めることにしました。

 

今日の夕食はソーセージですが、外は雨が降っているので、小屋の中にある木材式の暖炉を使ってバーべーキューしました。

 

小屋のテラスでソーセージ、マッシュポテト(お湯を粉に注ぐだけでできるやつ)と背負ってきた1キロのサングリアと共に楽しい夕食の時間を過ごしました。

 

 

夕食後はキノコ狩りに周りを散策しましたが、ポルチーニー見つけられず。。。

 

 

 

 

現地からの動画も是非お楽しみください

今回のラップランドハイキングでは動画も簡単に撮影してきました。

 

全部は4つの動画に分かれていますが、是非動画もお楽しみください!

 

 

 

 

続く。

 

 

関連記事

多くの人々がオーロラを見るためにフィンランドにやってきますがツアーで行けばいいわけではありません!この記事でフィンランド在住の店長がその理由を説明します。オーロラが見…...続きを読む
ラップランド高原ハイキングの旅もいよいよいい所に来ました。高い高原を登り、素晴らしい絶景を目に納めました。しかし、高い高原をいくつかも歩いて行くのはやはり大変でした。…...続きを読む
フィンランド北部、北緯66度、1月の平均最高気温マイナス10度、平均最低気温マイナス20度という極寒の町、ロヴァニエミに「サンタクロースの村」があります。サンタクロースに会…...続きを読む
フィンランド北部ラップランド長距離ハイキングの旅はいよいよ北極圏に向けて出発します。ワイルドキャンピングをし、ボートに乗り、ハイキングのスタート地点へ。午後に初めてラ…...続きを読む
前後1週間のラップランドの旅もいよいよ後半に突入します。次の宿泊場所に悩みながらも休息日を決め、周りの高原を気楽にハイキングします。そこで再び出会ったラップランドの絶…...続きを読む
フィンランド北部、北極圏近くのロヴァニエミまで来たら、主な目的は「オーロラ観測」と「サンタさんに会う」ことでしょう。その次に最も人気のある観光地「アルクティクム博物館…...続きを読む

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら