ヘルシンキの美容室に行ってみた! フィンランドの驚き生活体験

公開日:2018年4月2日  関連分類:   

フィンランドで美容院に行かれたことありますか?

まあ、なかなかないでしょうね。。。

 

フィンランドに3年間在住ですが、フィンランドの美容院に実に4回しか行ったことがないです。

大体日本に戻るときについでに髪を切るし、髪切るのは3ヶ月ごとですので、それほど頻繁的ではなかったが、フィンランドの美容室体験を参考に見て頂ければ幸いです。

 

ちなみに、筆者は男性ですので、フィンランド美容院の経験はあまり女性にとって参考にならないかもしれません。ご了承くださいm(_ _)m

 

 

ユヴァスキュラでフィンランド初めての散髪経験は……?

筆者が初めてフィンランドに住み着いた町は中南部中央の小さいな町「ユヴァスキュラ」です。

意外にも知り合いが美容室に行く人が少なかったです。

 

ルームメイトのトゥルク人は10年間もバリカン1本で自分で髪を切って(剃って)きたそうで、日本人友人の夫婦は日本から持ってきた髪カット専用ハサミセットでお互いに髪を切り合ってきたそうです。

 

フィンランドの美容院を少なくとも一度経験してみたいし、それほど仲良くて腕がいい知り合いもいなかったので、家の近くのショッピングモールにある小さい美容室に行ってきました。

 

まずフィンランド語の良く読めないメニューを見て……おお……男の髪切りは30ユーロくらいね……ん……4千円くらいか。

まあ、日本とあまり変わらないかな

学生割引を確認し、学生は22ユーロ(3千円くらい)とのことで、それで予約。

 

 

予約当日に行く前にジャニーズっぽい写真をネットから見つけ、携帯画面でスタイリストに私の欲しい髪形を見せることに。

担当のスタイリストは30代の女性で、英語も通じて、ありがたく思いました。

 

写真を見せてOKOKと言われ、ほしい髪の長さは簡単に伝え、大丈夫かなと思って、まあまあ大丈夫な結果になりました。

 

びっくりしたのはやはりサービスは日本ほど全然ありませんでした。

髪を切る前に髪についているワックスを水で流して落とすこともなければ、カットの後のシャンプーもありませんでした。

カットを注文したら、本当にカットしかありませんでした。

 

 

ヘルシンキの格安学生トレーニング美容院で髪を切ってみたら、あれ?

ヘルシンキに引っ越したら、ヘルシンキの格安美容院を探していました。

家の近くにある美容院を見てみると、信じられない高価で、30分間のカットで40ユーロ(5500円くらい)を要します!

 

カットだけのサービスとしては高すぎるので、ヘルシンキの友人に安いところがないかを聞いてみたら、「学生美容院」というのがありました。

 

ヘルシンキ市中心のカンッピエリアにあるその美容院の1階は普通の美容院ですが、地下1階は学生スタイリストを教える且つ実習する場所です。

学生スタイリストを予約すると格安の20ユーロ(2600円)になります。

その美容院はUnikaと言い、オンライン予約も可能です。

 

筆者は男だし、大失敗はないだろうと信じて予約して行ってみました。

 

地下に降りると、驚きです。

 

わお~何この広い空間と大勢な人!

たぶん30人のお客さんが同時に座れるスペースに15人くらいもスタイリストがいました。

 

 

中の一人の学生スタイリストに切ってもらうことになり、切り始めました。

うん。。。普通じゃない? 特に問題なさそうだな。。。

 

15分経って。。。うん、順調っぽいね。。。

 

30分経って。。。学生スタイリストに「ちょっと先生呼んでくるんでちょっと待ってね」と英語で言われ、先生と髪切りについてディスカッションを始められました。

 

5分くらい経つと再び切り始め。。。。

 

1時間経って。。。もうちょっと待ってねと言われ、また先生と話す。。。

 

2時間経って。。。あれ?長くね? 短髪の男のカットだろう? あれ?

 

携帯を取り出して仕事を始めました(笑)

 

3時間。。。完成しました!!

わい~~!!ようやく~~!!

 

結果は普通に出来上がりました。

 

実にこの学生美容院には2回行きました。

2回目は普通に1時間ほどで終わりましたね。(しかし、値上げされました)

担当学生スタイリストの腕によって必要時間がだいぶ違うようですね。

 

 

ヘルシンキの美容院オンライン価格比較、予約サービスTIMMA

ある日、ヘルシンキをぷらぷらしていると、ある看板が目に入りました。

 

「髪カット18ユーロ」!!!

 

この値段の髪カットを今まで知らなかったとは!!

家に戻ったら早速ごくわずかに使えるフィンランド単語を駆使してグーグル検索。

 

そうしたら、見つけました!

こんな素晴らしいサービスがあるんじゃないか!?(ちょっとフィンランド語力が必要ですが。もしくはグーグル翻訳をうまく使って)

 

Timma」という美容院のサービスを地図に表記し、価格を簡単に比較できるウェブサービスです。

イメージはAirbnbとほぼ同じです。

 

予約も支払いもTimmaのウェブサイトでオンラインでできますので、非常に便利です。

 

Timmaのウェブサイトでその日ぶらぶらしていた時に見た美容院を見つけました。

しかも、看板に書かれてあった値段と同じく18ユーロ(約2500円)!

ちなみに、その美容院は「Café Salon Kamppi」という場所です。

 

写真引用:Timma

 

早速予約して行ってみました。

 

お店はヘルシンキ市中心街の外れた場所にあり、静かなエリアです。

お店は小さくてかわいく、二人の30才前後の女性スタイリストがいて椅子も4脚ほどしかありませんでした。

 

※写真はスタイリストのイメージです。

 

通常のちゃんとした美容院で技術が熟練した美容師に18ユーロの値段で髪カットしてもらうことができました!

もちろん、30分きっちりで、シャンプーも当然ありませんでした(笑)

 

 

女性でしたらもう少し(だいぶ)予算が必要でしょうね。

宜しければぜひご参考ください!

 

関連記事

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら