【フィンランド生活】コロナで今年のメーデーは静かです。

公開日:2020年5月1日  関連分類:

フィンランド・ヴァップの風船

 

こんにちは、キートスショップ ・スタッフのチヨエです。

 

2020年、コロナでまだまだ大変な時期ですね。

 

 

フィンランドではレストランやバーは今もなお閉店中。

イベントもないのでヴァップ(Vappu)の前日だというのに静かです。

 

 

*ヴァップとは学生が主にドンちゃん騒ぎをするフィンランドのメーデー

参考:町中が陽気に酔っぱらう日「ヴァップ」(Vappu) 春を祝うフィンランドの祝日

 

 

フィンランドのヴァップを祝う人たち

フィンランドでこんなに人が集まるのはとても珍しいこと。

 

 

フィンランドでは大体が祝日の前日に大きく祝います。

本来なら、写真のように町中、帽子を被った人たちで溢れかえってとっても賑やかなのですよ。

 

 

特にすごいのが、ヘルシンキ市内にあるエスプラナディ公園は毎年すっごい人です。

 

フィンランドのヴァップ・エスプラナディ公園

ヴァップのエスプラナディ公園。中央右側には小さいですがアマンダの銅像があります。

 

その公園には噴水の真ん中にアマンダ(Amanda、女性)の銅像があるのですが、

 

彼女に帽子を被せ、噴水で泳ぐ学生たちや周りを空中で囲んじゃったり。

 

フィンランドのヴァップ・銅像アマンダ

アマンダの銅像の上でクレーンで吊るされる学生たちの円陣。

 

これを一目見ようとたくさんの人が押し寄せます。

 

 

でも今年のヴァップはまったりと過ごすことにします。

 

 

 

 

もう5月に入るとフィンランドは本格的に冬も終わり

 

「え?冬ってもっと前に終わってない?!」

 

と思われるかもしれませんが、

 

今年はまさかの4月下旬には雪が降り積もることもあったんですよ。

 

 

冬が終わったのにまた雪が降って「冬みたい」な事は毎年あるのですが、

 

4月の下旬ってのはちょっと珍しいです。

 

フィンランド・4月下旬の雪景色

4月の下旬に降り積もった雪景色です。

 

この今更感のある冬のような現象をフィンランド語でタカタルビ(Takatalvi)と言います。

 

直訳すると「後の冬」。

 

 

イースターが過ぎてヴァップがくると、いよいよフィンランドは夏に向けて本格始動します。

 

 

やっとだー!夏ー!!待ってました!!!!

 

 

しかし、忘れてはならない必需品アイテム。

 

晴れた日には日焼け止めとサングラスが欠かせません。

 

オゾン層が薄い北極圏の近郊は、想像以上に日焼け&乾燥が激しいのです。

 

 

でも、太陽の日差しとは本当に大切!

気分が全く違いますからね。

 

 

フィンランドに移り住んでから太陽がどれだけ大切なのか、心底気づかされました。

 

 

 

 

外出でも散歩は良いとされてるフィンランド

ヘルシンキ散歩の海景色

この日はちょっと寒かったですが、数ある私の好きな場所のうちの一つです。

 

自転車を借りれるシステムが町中にあるので、

 

普通ならバスでいくような場所も

 

サイクリングして出かけることがフィンランドでは気軽にできます。

 

 

*この自転車を一時利用しました。

参考:北欧フィンランド観光・旅行:ヘルシンキの観光スポットをシティバイク(チャリ)で回る!

 

 

週末はこのレンタル・サイクリングで景色の良いところまで海を見に行きました。

 

 

 

 

家にこもりっきりじゃなく気分転換も大切

フィンランド生活・トラム博物館にて

コロナが流行る前は息子と週末お出かけすることが多かったです。

 

息子の保育所はあいてますが、コロナのためにほとんどの子供が来ていません。

 

私は仕事があるので保育所で預かってもらっていますが、

 

メーデーの祝日は当然、おやすみ。

 

 

*学校に通う子供はフィンランドでも家で遠隔授業です。

参考:新型コロナウイルス・フィンランドの新しい大規模な政策とは?!

 

 

さて、保育所がないヴァップは息子と何をしようか??

 

 

何か一緒に簡単なお料理でも作ってみようかな、と思っています。

 

天気が良ければ散歩も。

 

 

日本にお住まいの皆さんも、思うように外出できなかったりとストレスが溜まってらっしゃることと思います。

 

そんな時は美味しい食べ物を楽しく作って、お腹を満たしてはいかがですか?

 

お腹が満たされたら幸せな気分が増します。

 

私が単に食いしん坊なだけかもしれませんがね。笑

 

 

しかし、小さな楽しみを大きく膨らますって難しいようで、

意外とシンプルで簡単なことかもしれません。

 

とか、ちょっぴりきれいごとのように言った私ですが、、、

 

本当のこというと、、、

サウナに行きたいよーーーーー泣。

(コロナのせいでアパートのサウナも今は閉まってるんです。)

 

いや、でも間違いではないはず!!

 

楽しみだった毎週のサウナはいつかの楽しみにとっておくとしましょうか。とほほ。苦笑

関連記事

フィンランドの夜の景色
ゆるくフィンランドで育児生活。最近はだんだんと夜も明るくなってきました。そんな明るい夜のフィンランド写真、そしてフィンランドではか欠かせない生活アイテムをやっとこさ購…...続きを読む
筆者は仕事中ほとんどパソコンの前にかじりついている状態なので、合間には気分転換に公園に散歩に行きます。筆者はパシラというエリアに住んでいますが、生活と環境について少し…...続きを読む
筆者はフィンランドに住んでいるのですが、仕事柄日本とフィンランドを数ヶ月単位でよく行き来しています。今回はフィンランドから日本へ引っ越す時と、日本からフィンランドへ引…...続きを読む
今回はウェブショップ店長が普段どのような1日を送っているかを紹介します。その時のその時によって1日の流れは結構変わってくるのですが、変わらないのはお客様に使いやすく楽し…...続きを読む
半袖になる時期がやっときたフィンランド。散歩中の写真やこの時期に購入した物、無性に食べたくなる朝食。何気ないフィンランド生活の日常をゆるくお送りします。
フィンランド2020年5月の雪
ゆるいフィンランド生活の私的出来事を綴るブログ。5月にまさかの雪が降った今週の様子と、お天気のいい日にアングリーバードの公園へ行ってから色々思い出したことを書いていま…...続きを読む

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら