【フィンランド生活】白夜に近づいてきました

公開日:2020年5月8日  関連分類:

フィンランドの夜の景色

 

こんにちは、スタッフのチヨエです。

 

5月ともなるとフィンランドはすっかり春夏の季節です。

 

 

日の出は朝5時ごろ

そして夜21時30分ぐらいに日没。

 

 

これからフィンランドは夏至の日をピークに猛スピードで白夜に近づいて行きます。

 

 

 

 

フィンランド生活で必須のアイテム・夜は明るくて眠れないのでついに購入!

 

去年の冬に引っ越してから私のお家、

 

寝室のお部屋には大きな窓があります。

 

 

南向きの窓でブラインドもついているのですが、

 

いつも20〜21時が就寝時間の息子、

 

最近は外が明るいのか、なかなか寝ついてくれなくなりました。

 

 

フィンランド育児生活・公園にて

暖かい日中は半袖でも充分になってきました。近所の公園で砂遊びする息子。

 

これからもっと明るい時間が長くなる夜のためにも、

 

ついに購入しました!

 

フィンランド生活・遮光カーテン

これでフィンランドの夏、白夜もぐっすり眠れます。ホッ

 

なんてことないカーテンだと思いでしょう?

 

しかし、これこの時期になるとフィンランドでは売れに売れる遮光カーテンなんです。

 

 

この効果はハツグンで、

 

息子が起きるはずの時間もまだぐっすり眠ってくれるのがちょっとした問題ですが、、、汗

 

白夜が当たり前のフィンランドで生活するには必須アイテムです。

 

 

 

 

5月に入るとフィンランドでは体内時計が狂う時期

フィンランドの夜の景色5月

夜20:00ごろのフィンランド。まだまだ太陽が眩しいです。

 

ツアーガイドをしてると、よく聞かれるのが

 

「白夜で時間感覚がおかしくなったりしないんですか?」

 

という質問。

 

 

もちろん!おかしくなりますとも!!笑

 

 

十何年とフィンランドに住んでいますが、こればかりは慣れることがありません。

 

 

この地で生まれ育ったフィンランド人でも時間感覚はおかしくなるもの。

 

冬と全く違う生活サイクルになります。

 

 

太陽の光というのは、本当に人の生活サイクルから心のモチベーションまで変えてしまうものです。

 

 

白夜の続くフィンランドの夏は、21時でも幼い子供を連れて公園で遊んでいるご家庭の光景もよく目にします。

 

真夏だと22時ごろでも景色の良いところで黄昏ている人や海辺や森でウォーキングしている人だっているんですよ。

 

 

かくゆう私も、この間お天気が良いので相方さんと

 

「お天気が良いから近くの海の景色を見に行こう!」

 

と言い始めたのが19時をすぎてからだったらしく、

 

 

外が明るいので時計は見ずに、家に帰ってからびっくり!

 

21時を優に過ぎていました。

 

フィンランドの橋の上からの景色

ここは湖ではなく海。散歩コースに良い場所です。釣り人もチラホラ。

 

フィンランドの古いスモークサウナ

実はこれスモークサウナ。屋根に草がモサモサ生えていて周りの景色になじんでいます。サウナ入り口の扉は屈まないと入れないほどの大きさ。

 

ちなみに、後から知ったのですが

 

キートスショップ の店長もこの辺りをサイクリングしていたことが発覚!笑

 

参考:【動画】一人になりたいときに行く場所@ヘルシンキ

 

 

 

 

ヘルシンキの桜の時期は5月です。

フィンランドにも桜、あるんですよ。

 

一番有名な桜を見れる場所はロイフブオリ(Roihuvuori)という場所。

 

 

ヘルシンキ中央駅からだと約30分。

地下鉄で中央駅からヘルットニエミ(Herttoniemi)駅下車後、徒歩で行けます。

 

 

実はここ「日本の桜並木がある公園」とも言われていて、大きな給水塔が目印。

 

2007年に日本からわざわざ桜の木を持ってきて植えた場所で150本の桜の木があります。

 

 

新聞でも「ロイフブロリの桜が今満開!」と載るほど有名な場所で

 

満開になると、ここでピクニックする人が増えるのがちょうど今の時期です。

 

 

去年のことを思い出しながら今年の夏の楽しみを探してます。

フィンランド・クーシヤルヴィのスモークサウナ周辺

クーシヤルヴィ(Kuusijärvi)のスモークサウナ。去年はよくサウナツアーのお客様と一緒にたくさん楽しませていただきました。プライベートでも行くほどここは最高のサウナなんですよ。本当におすすめ!!

 

今年はコロナでイベントや大勢のお友達との集まりはできない時期。

 

でも冬がとても長いフィンランドで、やっとこさ太陽の出る暖かい時期になると何か楽しいことがしたくてウズウズします。

 

 

お散歩などはできますが、何かそれ以外でできることといえば、、、

 

ベリーのなる頃にはベリー摘みに出かけること?

 

 

あとは、サマーコテージに行ってサウナするとか

 

海に泳ぎに行くことぐらい??

 

 

何かもっともっと楽しい発見がもしかしたらあるかもしれない、と

 

去年のことをふと思い出しながら淡々と計画を練っている今日この頃です。

 

関連記事

凍結した湖が雪に覆われ、太陽の日差しによって輝く絶景
なかなか行かないフィンランドの冬森ハイキングですが、ヘルシンキ近郊の森に行ってみると意外と絶景がこんな身近にあります。防寒が充実していれば是非チャレンジしてみてくださ…...続きを読む
フィンランドの夏至祭って実際どんなことをしてるのか気になる方が多いようです。一例ですがベタな夏至祭の過ごし方の流れをご紹介します。さぁ今年はどんな夏至祭を過ごそうかなぁ。
半袖になる時期がやっときたフィンランド。散歩中の写真やこの時期に購入した物、無性に食べたくなる朝食。何気ないフィンランド生活の日常をゆるくお送りします。
今回はウェブショップ店長が普段どのような1日を送っているかを紹介します。その時のその時によって1日の流れは結構変わってくるのですが、変わらないのはお客様に使いやすく楽し…...続きを読む
  筆者はフィンランド在住ちょうど満5年ですが、フィンランドの気候に関して本当に下記の一言で表現できます。     「パラダイスの夏と心身を鍛える冬」   …...続きを読む
フィンランド2020年5月の雪
ゆるいフィンランド生活の私的出来事を綴るブログ。5月にまさかの雪が降った今週の様子と、お天気のいい日にアングリーバードの公園へ行ってから色々思い出したことを書いていま…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら